目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選

本格的な春を前にして、メイクも衣替えしたくなるシーズンの到来です。秋冬よりも、軽やかで明るい仕上がりを狙いたくなる気候なだけに、大幅なコスメチェンジを図っている女性も多いのではないでしょうか。

毎シーズンごとにメイクトレンドは変化するので、流行に敏感な方ほど、メイクでも“旬”を意識していらっしゃるもの。しかし旬顔を狙ったメイクなのに、周囲からはギョッとされていた……!なんてことになれば、少々残念です。

「この春トレンドのピンクメイクをしたいけれど、残念な仕上げにだけはしたくない!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、春のトレンドを意識したつもりが、目下も目上もギョッとさせてしまう「だいぶヤバい」ピンクメイクにまつわるお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:目もとだけが浮いているフューシャ系の「ピンクなアイシャドウ」

 

この春は、ピンクな目もとが本格的にリアルトレンド入り。各メーカーからもさまざまな色合いのピンクアイシャドウが出てきているので、自分の肌に合うピンクを見つけるお楽しみも、この春ならではの醍醐味です。

ところが、フューシャピンク系の鮮やかなピンクを40代の目もとに加えてしまうと、くすみも気になり始めている大人な肌とは馴染みが悪く、浮いてしまったような仕上がりに見えがち。オンの日だと、さらにミーハー感も強すぎてしまい、周囲にギョッとされる「だいぶヤバい」仕上がりにもなりやすいです。

スモークがかったピンクやスパイシーな発色のピンクなら、大人世代がデイリーメイクに取り入れやすい色みですので、ぜひ積極的に手にとってみてください。

 

2:淡い発色を意識しすぎた「白浮きヌード寄りのリップ」

 

秋冬のダークなリップトレンドから一変、この春は明るくピュアなピンクリップがトレンド入り。ヌードな見た目の白っぽいピンクや、唇が自ら発光しているかのようなツヤっぽいピンク、クリアな発色のピンクは春らしさを盛り上げてくれる存在でもあります。

ところが、淡い発色を意識しすぎて白っぽく見える色を選んでしまうと、血色に欠け病的な顔に見えるリスクも大なので、気をつけて。他のパーツのメイクとのバランスにもよるものの、くすみの出始めている40代の肌に白っぽいピンクを加える場合、口元だけがニュッと悪目立ちする可能性も大きいのです。

特に、目もとや肌はこれまでと同じメイクなのに、口紅だけをアップデートして鮮やかな白っぽいピンク系に変えてしまうのがデンジャラス。その悪目立ち感から「だいぶヤバい」メイクにも見えやすいのでご注意を。

 

3:薄づきチークを意識しすぎた「血色の悪い不健康メイク」

 

この春からは、さりげないチークがトレンドに。いかにも「チークを塗っています」という手法よりも、さりげなく仕込んだ自然な発色で健康的な表情を演出するのが旬なメイクです。

そして「さりげなさ」を心がけると、ぱっと見ではチークを塗っているのかわからないくらいの薄づきを目指したくなります。しかし若い頃より肌の血色が悪くなっていたり色ムラが出ていたりする40代の肌には、薄づきすぎるチークは「だいぶヤバい」な印象を招きがち。

チークが入っていないように見えてしまうと、顔色が悪く見えたり病的なイメージを与えたりしがちなので「あの人、不健康そう!」なイメージも加速させます。

周囲の人から「具合が悪そう」と思われれば、仕事にも影響が出かねないだけに、薄づきを意識するときには色のトーンを控えたりファンデーションの下に塗る工夫を取り入れたりして「主張しすぎないけれどちゃんと塗っている」のレベル死守が、40代肌には鉄則です。

 

せっかくのトレンドメイクなのに「あの人、だいぶヤバい」なんて思われていたら、悔しいもの。春らしいピンクメイクにアップデートなさる際には、全体のバランスやイメージにも気をつけつつ楽しんでみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事