花粉で絶不調中の人、4500年続くこのシンプルな呼吸を試してみて?

爽やかな風に乗って届く花々の香り、柔らかい太陽の光を感じながら春到来の喜びを感じます。ここ逗子ではウグイスも鳴き始めましたよ。

しかし、気持ち良い風に乗って花粉も一緒に飛んできますね……やる気ダウンや身体が重いなど心身の不調サインが出ていませんか?

思わずスキップしたくなるような心身の軽い春を迎えるために、花粉症軽減の簡単な呼吸法です。

 

ヨガでは「自律神経のバランス」で花粉症対策します

目が痒く、鼻は詰まりっぱなし、頭がボーッとして偏頭痛など、春の不調を抱えている方って意外と多いですよね。

 

ヨガの世界では、花粉症だけでなく、季節の変わり目にどこか不調を感じるのは、寒暖の差が大きくなり発汗や体温の調節を司る自律神経の働きが大忙しで、バランスが崩れるからと考えます。

 

交感神経が優位の寒い冬から、副交感神経が優位になる夏への橋渡しの季節は、自律神経のバランスが最も崩れやすい季節です。春になると便秘や下痢を繰り返していませんか? 胃腸の働きにも自律神経は影響しています。

 

花粉症の症状に対するヨガの考え方は、自律神経のバランスの乱れ。副交感神経と交感神経の過剰反応が花粉症を悪化させると考えられています。

 

交感神経の働きが過剰になると胃腸の働きが低下し、胃の中に残った未消化物、毒素(アーマ)が心身の不調の原因に……。

 

なんだかやる気が出ずに体がだるいのは、副交感神経が優位の状態。副交感神経が過剰に反応しすぎると鼻孔の粘膜の分泌物が過剰になり、鼻水や涙が止まらないなどの症状が出やすいと考えられています。

とは言っても、自律神経は私たちの司令からは自律した働きをしているため、意志でコントロールすることは皆無に等しいですよね。そこで、呼吸を“意識的”に行うことによって、自律神経の働きを司ることができるという考え方のヨガの呼吸法があります。

 

吸う息は交感神経が優位。

吐く息は副交感神経が優位。

 

意識的に吸う息と吐く息をゆっくり繰り返すことで、自律神経のバランスを取るというのがヨガの考え方です。

 

さらに、左右の鼻呼吸のバランスをよくすることも、自律神経の働きをよくします。

 

右鼻呼吸は交感神経が優位、ヨガではピンガラ(太陽の気道)

左鼻呼吸は副交感神経が優位、ヨガではイダー(月の気道)

 

普段、無意識に行なっている呼吸を意識的に行う、とても簡単なヨガの呼吸法をご紹介します。

 

ヨガの呼吸法で最も簡単な「スカ・アヌローマ・ヴィロマ」

 

 

サンスクリット語で、スカ(簡易的な)、アヌローマ(吸息)、ヴィロマ(呼気)です。

できれば、朝食前、昼食前、夕食前、就寝前。毎日規則的に行います。

 

花粉症対策!呼吸法テクニック

①最も座りやすい方法で。

座位がベストですが、立位、寝たまま、仕事中でも。ただし背筋は真っ直ぐの状態で。

 

②全身をリラックス、顔は微笑みます。

 

③両鼻からゆっくり吐ききります。

 

④両鼻からゆっくり吸います。

息が入っていくのと同時に身体が軽くなり、エネルギーに満たされるのを意識します。

 

⑤吸息と吐気の間の呼吸が切り替わる瞬間、クンバカ(止息)を。

この、境目のクンバカを味わうのがコツです。

 

⑥両鼻からゆっくり吐きます。自然呼吸。

 

⑦吐ききった後に訪れる、吸う息の直線のクンバカを感じ、身体がリラックスしているのを意識します。1回につき9~27セット行うと効果的です。

 

効果:ストレスや緊張感の解消、自律神経のバランス整える、気管支炎、高血圧、慢性的な風邪引き、花粉症軽減、記憶力、集中力が高まる。生活の質、生命力、活動力の向上。

 

いかがでしたでしょうか?

ゆっくり呼吸するとリラックスとリフレッシュ、心身が軽快になっていくのが感じられますね。是非、取り入れてみてくださいね。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

3月31日(土/満月) 10:00-11:30 (新クラス)

「シャンティヨガと呼吸法実践」
 神奈川県 葉山

詳細は、http://kokucheese.com/event/index/512732

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか、タバコやコーヒー、ネギなどニオイの強い…

睡眠、風邪、ストレス対策…「ヨガを始めて私の人生こう変わった」

飽き性……継続って意外と難しい……何をやっても長続きしないけど「ヨガだけは続けている」とよく耳にします。日に日に歳を重ねていくにつれ変化(老いとも言う)を目の当たりにする40代ですが、ヨガを長く続けているこ…

「身体固いけどヨガできますか?」実際始めてみた人たちのリアルな感想は

もはやヨガブームから数十年が経ち、市民権を得たように思われるヨガですが、私は17年前スノーボード選手時代のメンタルトレーニングとしてヨガに出会いました。ダイエットで痩せたい!冷え性を克服したい!などヨガ…

汗を吸ったマットもこれでOK!梅雨時のニオイ対策はナチュラルに

入梅の候、しっとり雨の降り続く生活で気になるのがニオイとカビ。私が暮らすここ逗子は、海沿いの町なので湿度が多く、洗濯物は生乾き、お手入れをサボった靴にはカビが発生。ちょっと緊張感のある暮らしです。そも…

夏までにお尻2cmヒップアップ!梅雨のだるさを吹き飛ばす朝イチのストレッチ

梅雨入りすると一気に「あ〜なんかダルい……」身体や心にカビが生えそうなほど湿気が溜り、冷えと血行不良による足のむくみや偏頭痛など梅雨特有のモヤモヤ不調を感じていませんか?夏までに追い込みダイエットも兼ね…

「ヘナの白髪染め」実際の使用感はどう?オススメは?【特集オトナの髪悩み】

白髪があって当然の年齢だけど、できればツヤのある髪のまま歳を重ねたいもの。白髪があると実年齢より上に見える、接客で疲れた印象を与えるなど、白髪を隠したい理由は人それぞれです。イタリア人がオリーブオイル…

夏までに至急ダイエット、たった1ポーズでウエストと二の腕を同時に筋トレ!

毎年この時期になると気になる体の露出パーツ。おばさんっぽい体を感じるのは二の腕のたるみとウエストのモッタリ感ではないでしょうか。40代で何もしなければ重力に逆らえずたるむ一方。夏まで追い込みダイエットで…

これも更年期?「睡眠の質が落ちた」人の身体タイプ判定とオススメ呼吸法

もうすぐ50代を迎える私たちにとって、「更年期」という言葉はすでに現実のもの。ですが、更年期じたくそのものはさまざまです。すでに対策をしている人、ホルモン補充など治療をしている人、この不調の原因は何だろ…

イライラ、ほてり…更年期症状を乗り越えるヨガの簡単ポーズ

なんか体調が優れない……これって更年期?40代から気になる心身の不調と、来るべき更年期本番へ向けて少しずつできることから身体をケアしていきたいですよね。イライラや喪失感など心の変化も大きい時期だからこそ、…

この不調、更年期かな?と思ったら始めどき。自律神経を整える呼吸法

ほてり、肩こり、のぼせ、憂鬱など40〜50代を迎えると誰にでも訪れる更年期。めまいやイライラなど心が不安定になったら悩む前にヨガの呼吸法でリラックス。いざという時のために使える呼吸法はデスクに座ったままで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事