南果歩、離婚説浮上から考える「不倫されるのは妻が悪いのか?」問題

みなさんは『家庭画報』(世界文化社)という女性誌をご存知でしょうか。おハイソなご家庭な奥様がお読みになるのでしょう、掲載されているジュエリーの金額は桁が違います。茶道など伝統芸能関連の記事も多く、カネだけでなく年季の入った教養も求められるセレブ誌に、女優・南果歩が頻繁に登場し、ファッションアイテムの着こなしを指南しています。高級女性誌でほほ笑む南を見るたびに、俳優・渡辺謙と離婚はしたくないだろうなぁと思ってしまうのです。

 

離婚をすると、南が損をする?

今からちょうど一年前、「週刊文春」(文藝春秋社)が、俳優・渡辺謙の不倫を報じました。相手の女性は元・北新地の高級クラブ、ナンバー1ホステス。夫妻は芸能界有数のおしどり夫婦として名高いカップルでしたし、また南が乳がんを患っていたことから、よりによって妻の闘病中に不倫とはあまりにひどいのではないかと非難が続出しました。

 

「女性自身」(光文社)の取材に対し、渡辺の所属事務所の会長は「離婚はない」と断言しましたが、事態はシンプルではなさそうです。夫妻は別居を続けていますし、「ピンクリボンデー」に招かれた南は、「春から精神的な疾患が出て、別の闘病がはじまりました」とあてつけとも取れる発言をしています。現在、ケン・ワタナベは大河ドラマに出演していますが、スキャンダルを嫌うNHKに配慮して、離婚を先延ばしにしていると予想する週刊誌もあるようです。

 

もしこの夫婦が離婚したら、ダメージがより大きいのは、南のほうではないでしょうか。冒頭で書いたように、高級女性誌に南が起用される理由に、夫が国際派俳優、ケン・ワタナベだからというのは、少なからずあると思うのです。南や公の場で夫を「ケンは」とファーストネーム呼び捨てにしていますが、日本の芸能界でそれができるのは、妻である南だけ。離婚するということは、単に戸籍や財産の問題ではなく、渡辺特権を手放すことを意味するので、大きな痛手になるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事