【男の本音】このニオイがしたらオバサン…?気になるワースト3は

3月。春が間近なこの時期は、冬服を片付けて衣替えをする人も出てきますね。

「去年は着る機会がなかったけど、今年はどうかな?」とタンスに入れ放しにしていた服などそのまま着ていませんか? 服に付いているニオイ、自分では大丈夫と思っても意外と気になる男性は多いものです。

この季節、アラフォー女性のどんなニオイが気になるか、実際の声を集めてみました。

何年タンスに入っていたの!?

 

 

・「同僚の送別会でアラフォーの女性がワンピースを着てきたんだけど、離れていても防虫剤の匂いが流れてきて困った。ツッコミを入れたら『2年くらいタンスに入れっぱなしで……』って、1回洗おうとか思わなかったの!?」(37歳/サービス)

・「『これ、どう?』ってアラフォーの女友達が飲み会のときにニットのセーターを着てきた。似合うかどうかより、明らかに古臭いタンスの匂いがしてついオバサンくさいと思ってしまった」(40歳/看護師)

 

★ 一番多く声が挙がったのが『防虫剤のニオイ』

今は良い香りのする市販のものも多いですが、それでも独特のニオイはありますよね。何ヶ月もしまっておいたものなら、どうしても普段着るものとは違ってきます。

実際に男性が気になるのは、防虫剤のニオイより女性に対して「古臭い」と感じてしまうこと。『オカンを思い出す』『生活感が出る』など、イメージダウンにつながるので気をつけたいところです。

せっかく似合う服があっても、ニオイで「オバサンくさい」と思われたらもったいないですよね。

着る前に一度洗う、日光に当てるなど、防虫剤のニオイはしっかり取り除いてから着るように心がけましょう。

 

柔軟剤はほどほどに・・・

 

 

 

・「俺も洗濯するときは柔軟剤を入れるけど、女性ですごく匂う人がいると気になる。『汗をかくと気になるから』って、柔軟剤の甘~い香りのほうがツラいんですけど!」(42歳/人事)

・「アラフォーの同僚、一緒に営業に行くときに車に乗ると、柔軟剤の匂いが充満して気分が悪くなるときがある。ビーズタイプのものって言ってたけど、加減して欲しい……」(36歳/営業)

 

★ お洗濯のときに柔軟剤を入れる女性は多いと思いますが、きちんと量って入れていますか?

スーパーでは「24時間効く」など高い効果をうたうものが並んでいますが、入れすぎると香りがキツくなって悪目立ちします。本人は鼻が慣れてしまっていても、周りの人にとっては「香害」となることも。

また、柔軟剤の入れすぎは洗剤がしっかり洗い流せなかったり生地のハリがなくなったりと、服にとっても良くありません。

あくまでもふんわり香るのが柔軟剤の良いところ。防臭効果は適量を守ってこそ発揮できるので、くれぐれも入れすぎには気をつけましょう。

 

香水がきついのは萎える!

 

・「アラフォーの彼女が桜の香りのする香水をデートでつけてきたんだけど、むせ返るような匂いでランチが美味しくなかった。衣替えしたばかりで服の匂いが気になったらしいけど、香水も気をつけて欲しい……」(35歳/配送)

・「冬の間は気にならなかったのに、薄着になると途端に香水がキツくなる女性っているよね? たまに柔軟剤の匂いと混ざってすごい体臭になるときがあるけど、本人は気がつかないの?」(39歳/教員)

 

★ 服についた防虫剤のニオイを消したくて香水をつける女性、いませんか?

また、軽やかな春の服へ衣替えすると体の露出が増えるので、手首などに香水をつける女性もいるかもしれません。

お気に入りの香りでも、やはり気をつけたいのは一緒に過ごす人への影響。鼻をさすほどのキツい香りは男性の恋心を萎えさせます。

柔軟剤の匂いだけでもしんどいのに、香水も混ざってダブルパンチに……なんてことがないように、自分がまとう香りはしっかりコントロールしましょう。

体温が上がりやすい春は、控えめにつけるのがベターです。

 

 

 

今回、話を聞いていて衝撃だったのは「防虫剤のニオイって母親を思い出す」という声が複数あったことでした。

だから「古臭い」「オバサンくさい」というイメージを持ってしまうのですね。

それだけで恋心が遠ざかることもあるのが香り。薄着になる今からの季節は、男性のハートをポジティブに刺激することを心がけたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク