改めて申したい、向井理がいい男すぎる『きみが心に棲みついた』

昔、合コンでも「S?M?」と聞かれるのが流行りました。そういうときに答えるのが非常に困っていた記憶があります。どちらの素質もある自覚があったからです。ではこのふたつの言葉の意味がどんなものかと調べると

サディズム 【sadism】

〔フランスの作家サドの名にちなむ〕

相手に肉体的・精神的苦痛を与えることで,性的満足を得る異常性欲。サド。

マゾヒズム 【masochism】

〔作家ザッヘル=マゾッホの名にちなむ〕

肉体的・精神的苦痛を受けることにより性的満足を得る異常性欲。マゾ。

(出典・weblio辞書

と、なるわけです。でも私たちが使っている言葉の意味合いとしてはここまでハードではないと思うので

S=きつめの性格で基本的に自分主義。いじめるのが好き。
M=基本的には人に従う性格で、尽くすことに快感を感じる。いじめられるのが好き。

と、一般的には解釈しますよね。うーむ、やはり6対4くらいの割合で私はMかもしれない…。その人間関係において永遠のテーマになりそうなSとMをそのまんま表現したようなドラマ『きみが心に棲みついた」が最終回を迎えます。

『きみが心に棲みついた』公式サイトより

 

改めて申したい、向井理はいい男すぎる

下着メーカーに勤務するOL。ひどく自分に自信がなく、家族にも愛されずに社会人となった小川今日子(吉岡里帆)。勤務先の下着メーカーには、大学生時代に出会い挙動不審な今日子の心を支配している星名漣(向井理)が上司として存在する。星名の呪縛から逃れようと四苦八苦する今日子。そしてついに吉崎幸次郎(桐谷健太)という人生初の恋人ができて幸せに生活ができると思いきや、星名の影が離れない……。

桐谷健太とムロツヨシが出演するラブストーリーと最初に聞いたときは「なんと楽しいドラマが始まった!!」とウキウキしていたのですが、第1話から様子がおかしい……なんだか火サスの香りさえしてくると視聴。その怖さを増長させているのが、向井理の怪演だ。ええ、最近のドラマ界において欠かせないものとなった怪演です。

星名はキョドコ(小川今日子の愛称)を大学生時代から強烈に精神支配している。第8話では星名自身こそが家族愛に恵まれず、幼少期には母親から整形を受けさせられたうえに捨てられてるという過去が放送された。その経験からキョドコもまた自分と同じ穴のムジナであることを察知して、近づいた。

優しい手を差し伸べられ、星名に夢中になるキョドコ。支配されているのは心だけ、あくまでも体には触れてこない星名のやり方がまた怖い。そして優しいふりをしながら学生の前で今日子を裸にさせたり、下着姿でショーに出ろと強要する。そして従う今日子。口癖は

 

「……キョドコのくせに」

 

支配しているのは今日子だけではない。学生時代からの人間関係すべてだ。

 

「仕事も人間関係もヒマつぶし。誰が傷つこうが泣こうが、自分が楽しければどうでもいいんだ」

 

いつもは穏やかそうにしているのに、スイッチが入ると態度は豹変。確実にこいつは人をひとりくらい殺してるんだろうな、と思わせる狂気の表情で相手を追い詰めていく、それが星名だ。この演技の向井さんが最高。今までいろいろと彼の出演作をドラマで見てきたけれど、こういう素養を秘めていたのかと思うとうっかり私もキョドコ並みに反応してしまう。

 

怪演こそハイレベルな容姿が求められる演技だと思うのだけど、彼はそれにハマった。いい男の度合いが増量している。見ていてゾクゾクする。ああ、やっぱり私はMの要素が大きい人間だ。

 

あざと可愛い、これもドラマで定番化するのだろうか

 

今回が初主演の吉岡里帆も改めて可愛いと思った。自虐的な役柄を考慮しているのか、もともと本人の性格なのか番宣のバラエティ番組でも「私なんて」を連発して控えめだった。そんなことを言いながら今作では下着姿ですばらしいボディを披露と、そこにM大好物のギャップを感じてしまうじゃないか。

 

これはあくまでも私の仮説なのですけど、できれば吉岡さんは自分の中で女優としてのブランディングがガッチリとできていてほしい。そして控えめさの演出もその一環、あざとさの利用として着々と大物女優になってほしい。これはけしてディスっているわけではなくて、吉岡さんからはものすごい強さを脈々と感じてしまうので。

 

そのスタートとして、とりあえずは最近のドラマでも定番化の役柄になりつつある”あざと可愛い”メンバーのスタメン入りを希望。里帆ならできる。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引…

火9『シグナル』まさかの第1話で真犯人判明?坂口健太郎の制服姿が尊い

ここ数年”カンテレ、火曜21時放送”のキーワードがにワクワクしています。小栗旬、西島秀俊主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2016年)など、放送倫理ギリギリのラインで視聴者の元に飛び込んできてくれるよう…

一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは♯1

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験した…

「わろてんか」が最終回へ。笑うのか、泣くのかはたまた……

桜満開のなか、原稿を書いております。この時期、年度末の訪れを実感するのがNHK朝ドラ作品の切り替わり。6ヶ月の放送期間で年度2回のペースで作品が変わっていきます。夏休みになると小学生の頃から祖父母と一緒…

松本潤主演『99.9』明日で深山ワールドが最終回!2時間スペシャルに期待

最近、いかにしてストレスを軽減するかがテーマになっています。そのひとつに取り入れているのが『闇風呂』。単にバスルームの電気を落として、You Tubeの”ヒーリング”で引っかかってくる音楽を流して入浴するだけな…

カー娘「愛される魔法」は葛西紀明・石田ゆり子と同じコレだと思う

季節も変わり、地獄の花粉症の季節へ突入したせいでしょうか。独身ですから朝5時に起きているわけでもなく、24時間すべて自由に使えるという身分なのにどうにも疲れています。寝ても寝ても根幹にある疲労が抜け切ら…

『バイプレイヤーズ 』を見ながら不思議な気持ちで涙ぐんでいる、私も

2018年2月21日『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(以下、略)に出演していた大杉漣さんが急逝されました。ここから『バイプレーヤーズ』について記事を進めるわけですが、こ…

『もみ消して冬』で山田涼介が顔芸名優に進化したと思う

テレビドラマは楽しい。私なんてハマって視聴をするようになったのが小学生だからすでに四半世紀は虜になって、ついにはこうしてコラムを書く仕事にまで発展してしまった。でも時代の変遷とともに内容もずいぶん変わ…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う子供が走り過ぎ、ベビーカー乗車中の赤ちゃ…

放送禁止ギリギリの下世話ワードが爽快な女4人の友情『ラブラブエイリアン2』

「女の友情は儚い」と聞くけれど、そんなことを望んだ女性はどれだけいるのだろうか。1日は24時間しかないのに、そのうち日々8時間を仕事に占拠されている。残りわずかな余暇は好きな男性にだって会いたい。ついで…

「女子的生活」志尊淳の美しすぎる女装とトランスジェンダーの本音【金10】

OTONA SALONEの読者のみなさま、ライターのスナイパー小林と申します。好きが高じてドラマ評を各所で書かせてもらっている私から、気になったドラマを紹介するコラム『ライター・スナイパー小林の”日々連れズレ”』。…

CULTUREに関する最新記事