痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いはずです。

ところが、“軽さ”ばかりを求めてしまい、ちょっとしたポイントを怠ってしまうと周囲からは「うわ~。清潔感がなさすぎ!」と思われることも。こうなってしまえば「痛い」どころか「だいぶヤバすぎ」というお話に……。

「40代になってから、痛くないメイクを心がけるようになりました」な40代女性のみなさま、春も本格的になってきた昨今、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は「痛いどころじゃなく、だいぶヤバすぎ!」と思われやすい、清潔感がなさすぎる40代の春メイクに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:まぶたにベッタリ塗られたグリーンのアイシャドウ

 

この春は、ピンクなどの暖色系アイシャドウのほか、ブルーやグリーンなどの寒色系もじわじわとブームに。

寒色系のアイシャドウは、甘すぎる印象が苦手な40代でも手に取りやすい色みでですし、これまでブラウン一辺倒だった女性が使うと、一気に春っぽいイメチェンにもなりやすいです。

しかし、ブルーやグリーンを幅広にべったりと塗ってしまうと、ちょっと“宇宙人”のような不思議なメイクに見えやすいのも確か。「痛々しい」というよりも、不気味な目もとに映りやすく、清潔感も薄まります。

くすみが出てしまっている肌にグリーンを重ねると、悲しいかな、かなり独特の“異様な雰囲気”が出やすいので、気をつけなくてはなりません。

寒色系のアイシャドウは、幅を控えめにしてあくまでも自然に仕上げるのが「だいぶヤバい」を回避するコツです。

 

2:フューシャピンクの口もと

 

今年は、久しぶりにビビッドなピンクが当たり年に。口もとに「フューシャピンク」の口紅をまとえば、一気に春らしくトレンドな顔に仕上げるメイクを狙えます。

……のはずが、肌に“くすみ”や“色ムラ”が出始めている40代女性がフューシャピンクの口紅をつけてしまうと、どこかバブルな雰囲気を醸し出し、清潔感に欠けるメイクになりやすいのも傾向です。

はつらつとしたピンクの口紅は、顔色を明るく見せてくれるのは確かなものの、唇だけがニュッと浮き出た印象にもなりやすく、他パーツのバランスとも難しい色。

特に、目元も甘めに仕上げて口もとも真っピンクとなってしまえば、もはや「痛々しい」を通り越して「だいぶヤバいピンクおばさん?」にも見えがちです。

フューシャピンクのリップでトレンドを意識するならば、やや深みのある色みを選ぶのが鉄則に。

 

3:たくさんの色を使っているカラフルすぎるメイク

 

この春は、メイクアップアイテムのカラーバリエーションも例年より豊富な印象です。ピンク、イエロー、ブルー、グリーンなどの春らしい色のアイテムが、リップからアイシャドウ、チークまで幅広く揃っています。

そして春になると、これまでよりメイクを明るく仕上げたくなる気分から、ついいろいろな色を使ったカラフルなメイクに挑戦したくなってしまうことも。

しかし色とりどりのアイテムを使った“カラフルなメイク”は、まとまりのない印象に見えやすく、特に大人世代でもある40代がしてしまうと、滑稽に映りがちなのも事実です。

ピンクのアイシャドウにブルーのライン、イエロー×ピンクのチーク……など、色を使いすぎているメイクは「痛い」どころか清潔感のカケラも感じ難く「だいぶヤバいよね」ということに。

春っぽく仕上げたい日のメイクであっても、使う色の系統は揃えたほうが、大人にふさわしい落ち着いた仕上がりになります。

 

大人の春メイクは、軽やかでみずみずしい仕上がりを目指したいところ。暖かくなってくると気分も高揚しますが、その気分をそのままメイクに託してしまい「だいぶヤバいよね」なんて思われないよう、ちょっとした“さじ加減”は、常に意識して春メイクを楽しんで。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感…

知らぬ間に…「メイク下手」がついつい買いがちなダメアイテム10

「私、もしかしてメイク下手かも」なんて一抹の不安を抱いていらっしゃるなら、手元にあるグッズを見直すタイミングでもあるのかも。本当はいらないものや不便なものを手元…

おばさんくささを一瞬で撃退!? 「エイジングをフォローする」時短アイメイク

時短でメイクを完成させたくても、どこかおばさんっぽい仕上がりになってしまう……と、お嘆きな女性も増える40代。年齢に伴って、悲しいことに「メイクした顔のほうが劣化が…

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事