痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いはずです。

ところが、“軽さ”ばかりを求めてしまい、ちょっとしたポイントを怠ってしまうと周囲からは「うわ~。清潔感がなさすぎ!」と思われることも。こうなってしまえば「痛い」どころか「だいぶヤバすぎ」というお話に……。

「40代になってから、痛くないメイクを心がけるようになりました」な40代女性のみなさま、春も本格的になってきた昨今、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は「痛いどころじゃなく、だいぶヤバすぎ!」と思われやすい、清潔感がなさすぎる40代の春メイクに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:まぶたにベッタリ塗られたグリーンのアイシャドウ

 

この春は、ピンクなどの暖色系アイシャドウのほか、ブルーやグリーンなどの寒色系もじわじわとブームに。

寒色系のアイシャドウは、甘すぎる印象が苦手な40代でも手に取りやすい色みでですし、これまでブラウン一辺倒だった女性が使うと、一気に春っぽいイメチェンにもなりやすいです。

しかし、ブルーやグリーンを幅広にべったりと塗ってしまうと、ちょっと“宇宙人”のような不思議なメイクに見えやすいのも確か。「痛々しい」というよりも、不気味な目もとに映りやすく、清潔感も薄まります。

くすみが出てしまっている肌にグリーンを重ねると、悲しいかな、かなり独特の“異様な雰囲気”が出やすいので、気をつけなくてはなりません。

寒色系のアイシャドウは、幅を控えめにしてあくまでも自然に仕上げるのが「だいぶヤバい」を回避するコツです。

 

2:フューシャピンクの口もと

 

今年は、久しぶりにビビッドなピンクが当たり年に。口もとに「フューシャピンク」の口紅をまとえば、一気に春らしくトレンドな顔に仕上げるメイクを狙えます。

……のはずが、肌に“くすみ”や“色ムラ”が出始めている40代女性がフューシャピンクの口紅をつけてしまうと、どこかバブルな雰囲気を醸し出し、清潔感に欠けるメイクになりやすいのも傾向です。

はつらつとしたピンクの口紅は、顔色を明るく見せてくれるのは確かなものの、唇だけがニュッと浮き出た印象にもなりやすく、他パーツのバランスとも難しい色。

特に、目元も甘めに仕上げて口もとも真っピンクとなってしまえば、もはや「痛々しい」を通り越して「だいぶヤバいピンクおばさん?」にも見えがちです。

フューシャピンクのリップでトレンドを意識するならば、やや深みのある色みを選ぶのが鉄則に。

 

3:たくさんの色を使っているカラフルすぎるメイク

 

この春は、メイクアップアイテムのカラーバリエーションも例年より豊富な印象です。ピンク、イエロー、ブルー、グリーンなどの春らしい色のアイテムが、リップからアイシャドウ、チークまで幅広く揃っています。

そして春になると、これまでよりメイクを明るく仕上げたくなる気分から、ついいろいろな色を使ったカラフルなメイクに挑戦したくなってしまうことも。

しかし色とりどりのアイテムを使った“カラフルなメイク”は、まとまりのない印象に見えやすく、特に大人世代でもある40代がしてしまうと、滑稽に映りがちなのも事実です。

ピンクのアイシャドウにブルーのライン、イエロー×ピンクのチーク……など、色を使いすぎているメイクは「痛い」どころか清潔感のカケラも感じ難く「だいぶヤバいよね」ということに。

春っぽく仕上げたい日のメイクであっても、使う色の系統は揃えたほうが、大人にふさわしい落ち着いた仕上がりになります。

 

大人の春メイクは、軽やかでみずみずしい仕上がりを目指したいところ。暖かくなってくると気分も高揚しますが、その気分をそのままメイクに託してしまい「だいぶヤバいよね」なんて思われないよう、ちょっとした“さじ加減”は、常に意識して春メイクを楽しんで。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感…

知らぬ間に…「メイク下手」がついつい買いがちなダメアイテム10

「私、もしかしてメイク下手かも」なんて一抹の不安を抱いていらっしゃるなら、手元にあるグッズを見直すタイミングでもあるのかも。本当はいらないものや不便なものを手元…

うっかりオバ見えのワナはここ!「40代のまつ毛メイク」ポイント3つ

ナチュラルな仕上がりのメイクを目指す私たち40代。ですが、意外とみんなを悩ませがちなパーツのひとつが、“まつ毛”です。豊かなまつ毛はメリハリのある表情を演出してくれ…

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

おばさんくささを一瞬で撃退!? 「エイジングをフォローする」時短アイメイク

時短でメイクを完成させたくても、どこかおばさんっぽい仕上がりになってしまう……と、お嘆きな女性も増える40代。年齢に伴って、悲しいことに「メイクした顔のほうが劣化が…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事