この女、面倒につき…!? 男性が「めんどくさい女」の疑惑を向ける40代女性のLINE3選

男性からの「この女、面倒くさい系……?」の疑惑は、できる限り払拭しておいて間違いないイメージ。

以前こちらで公開の記事「恋愛ベタの原因?男性が“面倒くさそうな女”だと感じる40代の3大NGメイク」では、パッと見の印象で「面倒なタイプかも?」の疑惑を抱かれやすい女性のメイクにまつわる特徴をご紹介していますが、メイクだけでなく、“LINE”のちょっとしたクセによって「うわ。面倒そうな女」のレッテルを貼られることもあります。

そこで今回は、ご好評をいただいている“LINEのアレコレ”から、男性に「面倒くさい女かも?」な疑惑を抱かれやすい40代女性ほど送りがちなLINEのお話です。

 

1:年齢にまつわる自虐フレーズがちょこちょこ入っている

 

「私なんて、もうオバサンだし」「今年43にもなるのに、いいのかしら?」など、“年齢”にまつわる自虐フレーズがちょこちょこ差し込まれているメッセージを送ってくる女性に対し「面倒そうだな」と感じる男性は少なくないです。

女性にしてみると自身の年齢をちょっとした引け目に感じ、なにかと謙虚になりたいだけだったとしても、相手の女性の“年齢”にはそこまでフォーカスしていない男性も多い傾向にあり、自虐的な年齢ネタはあまり好まれないのも実態です。

なので、少しならば気にならない人が多くとも、自ら気にしているような口ぶりを多用してしまうと、どう返していいのかのバリエーションも尽き果てた頃に「めんどい!」ということにもなりやすいです。

 

2:男性から見て「リア充アピール」が多い

 

女子会や週末のひとり旅、ストレス発散と称したフォトジェニックなランチなど、40代女性からするとそこまで「贅沢」とは感じないような日々のアレコレを伝えるLINEも、男性からすると「この女は、やけにリア充アピールしてくるなぁ」となることがあります。

この手の報告LINEに対しては、直接的に「お金がかかりそう」と感じる男性もいれば、お金のことは気にならなくともミーハー感の強さからの嫌悪感を抱く男性もいるので、いずれにせよ「面倒そうな女だな」という誤解を招くLINEにもなりやすい傾向にも。

好きな人には自分“今”を伝えたくなるものだけれど、リア充感のハードルは、一般的に女性より男性のほうが低いのも実情だったりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事