恋愛ベタの原因?男性が「面倒くさそうな女」と感じる40代の3大NGメイク

男性から見て「この女、面倒くさそう」と思われるのは、40代女性にとって不名誉すぎるイメージです。

特に、恋愛をしたかったり婚活を意識していたりする場で、男性たちの勝手なイメージから「面倒な女」のレッテルを貼られてしまえば、せっかくのチャンスを逃してしまうことにも。

実はメイクの仕上がりによっても、男性たちからのイメージを左右されることがあります。

「私も今、お相手を探しているので、“面倒な女”のイメージは絶対に避けたい」とお考えな40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、男性が「きっと、面倒な女に違いない」と感じやすい40代メイクにまつわるお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:つり上がった印象の「眉」

 

この春トレンドの眉デザインは、これまでよりもやや細めに仕上げたナチュラル仕様の眉に。

しかし眉の形って、もともとの骨格や毛の生え方によっても左右されるから、自分では「優しい印象」に仕上げているつもりでも、周りからすると「つり上がった眉」になってしまっているケースもあります。

そして、眉がつり上がっていると、それだけキツい性格の持ち主にも見えやすいため「付き合ったら、面倒な女かも……」なイメージを醸し出してしまうことも!

眉尻を高めの位置で描いている眉だけでなく、強いアーチを描いているデザインも“つり上がり眉”に見えやすいから、気をつけてみてください。

時折、客観的に自分の眉デザインを見返すのも、周囲からの「ギョッ」を防ぐためには必要な心がけです。

 

2:高慢に見えやすい「強いアイライン」

 

年齢を重ねると、目もとの印象が若い頃よりも、ぼやけてきたようにも感じがちです。かくいう私も、若い頃よりも勢いに欠ける目もとを痛感し、毎日のアイメイクでフォローをしているひとり。

ところで、目もとの印象がキツいと、男性から見て、途端に高慢なイメージになりやすいのも確かです。

目もとの印象がぼやけてくると、自分比でどんどんアイラインが強くなっていく女性は少なくないものの、あまりにもインパクトが強いアイラインを描いてしまうのはデンジャラス。「気が強そう」「キツそう」「ワガママそう」などの男性からのネガティブイメージを醸し出しやすく、女性らしく優しい雰囲気が失われてしまうことにもなりやすいです。

インパクトを出しつつ、キツさを回避するにはブラックよりも、ボルドーやカーキなどの“色”のあるアイライナーが重宝します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事