男性に「もしかして知性ゼロ…?」と思われる40代女性のNGすぎるメイク

周囲から「この女性は、知性がないんじゃないか」などと思われるのは、40代女性にとって、名誉なイメージでないのは確か。

いかにも意図的に知性を主張しまくっている女性には引いてしまう男性もいるけれど、恋のお相手には秘めたる知性を求めている男性も多い実態にあります。

他方、メイクの仕上がりによって、その女性の性格を第一印象である程度ジャッジされてしまうこともあるから「知性がなさそう」なんて思われるメイクだけは、絶対に避けたいところ。

「知性がないと思われるのは、私も避けたいです」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、男性から見て知性が感じられないことが多い40代女性のNGすぎるメイクに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:10年以上昔のトレンド臭がするメイク

 

まるでカマキリのような細眉、マットな唇、グロスを塗りたくったぷっくりリップ……など、10年以上前に流行したメイクのままアップデートを怠っているように見えるメイクは、知性に欠ける印象を与えやすいもののひとつ。

メイクのことはそこまで詳しくない人にしても「野暮ったい」「なんだか古臭い」くらいは気づくことも多く、「情報のアップデートを怠っているから、知性が感じられない」まで具体的な話ではなくとも、どことなくぼやけた印象を与えるメイクになりやすい面は否めません。

自分流の“定番”として、過去のトレンドメイクをそのまま取り入れている場合でも、全体ではなくポイントメイク程度にとどめておくほうが無難だったりもします。

 

2:美や若さへの執着を感じさせる盛りすぎメイク

 

不自然に長いマツエク(あるいはマスカラ)、ヒアルロン酸を注入しているかのような不自然な凹凸感など、“美への執着”を強く感じるメイクも“知性”という視点からは、やや不評な傾向にあります。

40代ともなると“盛る”だけではなく引き算も取り入れつつ、自分のよさを引き出すメイクが上品に見える反面、若さに執着しているかのような盛りすぎメイクをしている女性には、知性どころかミーハーな印象を抱く人も多いです。

盛ったほうが年齢なりのアラが目立ちにくくなるのは確かだけれど、不自然なまでに作り込んでいると、周りからはポジティブな感想よりもネガティブな感想を抱かれやすいのも確か。

作り込んでいるメイクがお気に入りの場合でも「そうは見せない」が成功してこそ、知性を感じさせる仕上がりを狙えます。

 

3:1箇所だけ“何か”が悪目立ちしているメイク

 

肌は何も塗っていないように見えるのにやたら目元が黒い、全体的に薄いメイクをしているように感じるのに口もとだけがニュッと浮き出ている……など、ポイントメイクの一部だけが悪目立ちしているメイクも、そのアンバランス加減のせいで知性を感じさせない要素になりえます。

バランス感覚は知性とも直結する部分だけに、パッと見でバランスが悪いメイクをしていると、どことなく妙な雰囲気を醸し出しがちなだけに、全体の統一感も、知的を演出する日のメイクには不可欠です。

ポイントメイクだけでトレンドを取り入れようとするとアンバランスにも見えがちなだけに、メイクをアップデートする際には、常に全体のバランスを意識したほうが賢明です。

 

デイリーメイクのせいで「あの女性は、知性がなさそう」などとイメージされるのは、40代女性にとって名誉なお話ではないどころか、恋愛チャンスを逃す引き金にもなりかねません。

知的なイメージをメイクで演出していきたい女性のみなさまには、よろしければ参考にしていただければ幸いです。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量…

えっハンカチも…!? 婚活40代女性が「持っているだけで結婚を逃す」7アイテム

「この女性は、僕とはちょっと合わないな」と思われてしまえば、40代の婚活道は厳しいものにもなりがちなのは否めません。ところで、まだ相手のことをよく知らないうちは、お互いが相手の身なりや持ち物からの情報で…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事