50代目前の私たちが「ダイエットを成功させるカギ」とは?

ダイエット成功のカギは何でしょう? また、成功とはどういう状態のことを指すのでしょうか? この年になってわかったことがあります。目的は「細く・軽くなる」ことではなく「あくまでも健康第一、その上である程度ぜい肉を減らす」、そして「その健康状態が保てる」ことなのでは。

 

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.24 はじまります。

 

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。今から2年ほど前の第1回では63.8㎏をマーク、その後、迷走しつつ連載は続き、前回の第23回では58.0キロ。あれこれ失敗した結果でやせているという…。

 

失敗続きでわかった『効くダイエット』のポイント2つ

 

今生で行うダイエットはこれが最後だと思っていますが、こういう目に会うと思いませんでした。体重は減った、しかし健康と若さも減った!まさしく「こういう目」の最悪パターンです。一気にあたしゃ老けこんだ!しかも短期間で、だ!

 

その反省点をきっちり整理してみると、本当に『効くダイエット』の基本は

 

●無理なく食べて、無駄なく動く

 

という気がしています。つまり、食べる(=摂取)と動く(=消費)のバランスを整えるっていうのが、一番きれいなやせ方を実現させるんではないか、と。私のダイエットらしい行動を思い出すと、はっきりいって崩れています。バランスが滅茶苦茶悪いです。

 

それと重要なポイントがもう1つあります。

 

●自分の体質に合うダイエットをする

 

これも重要なポイントです。身体とのバランスっていうことになるのかな?

 

【無理なく食べて、無駄なく動く】とは?

 

私がダイエットをはじめるよーと周りに宣言したとき、健康診断でひっかかりダイエットを先に開始していた友人が「過剰にならんようにな」と警告していました。過剰に太ったから、過剰に対処でしょ?と思ってましたが、今なら彼がしみじみと警告していたことがわかります。

 

ダイエットが体感としてでも結果が出てくると、つい過剰になる!

 

食事内容のバランスより、どうカロリーを下げていくか。身体の変化をもっと見たくて、運動量を本人の許容量無視で増やすとか。その両方を一気に進めていけば、正直無駄な消費が起こるのです。すると健康維持より生命維持を優先させようと、見た目の維持のためにまで栄養が回りません。

 

その結果が今の一気に老けこんだワタシですよ。

 

摂取と消費のバランスとダイエットする本人のバランスが整っていないと、目的にするキレイなやせ方は実現しないのです。

 

ボクサーなどのアスリートが実行するダイエットは本人たちが若いですし、さらに言えば体力が普通の人間とは比べ物にならないレベルの超人だからできること。お手本にしちゃダメです。太らないことも仕事といえるダンサーも同じです。エッセンスは拝借しても、お手本とかはNGです。いや、気が付くのが50手前でよかった…。

 

【自分の体質に合うダイエットをする】とは

 

人類は個体差が大きいイキモノである。これは私の10代からの持論です。顔立ち、体型、肌タイプ、髪質…と思いつくだけで、山のように違う仕上がりのアナタとワタシ。相似形に近い存在はいても、まったく同じ形態と質感の人類は見つからないでしょう。身体の質、つまり体質もそうだといえます。

 

ダイエットを成功させるために、食事と運動、生活習慣改善は重要な課題ですが、特にどこに重きを置くのかが把握できないと、確実に私のような失敗をするのではないでしょうか。たとえ生活習慣の乱れが大きな原因であっても、体質を無視しないで行うことが健康なままやせるために重要なのです。バランスが悪いようですが、本人とのバランスが整えば問題なし!

 

私個人で言うなら、食事は減らさず(カロリーは正義の名のもとに栄養素はまんべんなく摂取)、運動量を増やすほうが向いています。屈強と言われる体型の私にはこの方法が合ってました。アラフィフでも屈強という言葉が似合う人類はこっちのほうが結果出やすいですし、身体も壊さないんじゃないでしょうか。

 

食生活の見直しや食事量の制限でキレイに、そして健康的にやせる体質の方もいるでしょう。私はそうじゃなかったわけです。自分の体質を無視するのは、アラフィフに近づけば近づくほど危険。どうして太ったの?っていう原因も、案外この体質の部分が大きいかもしんないっす!体質と合わないダイエットもバランスを崩していく原因だからです。

 

今後の課題

 

体重が戻ってまた60キロ台に戻ろうが、今は肌と髪を回復させたいです。毎朝発見する皮むけだの切れ毛、もう嫌だ…。シワもシミも白髪もイイ感じなら私をカッコよく見せてくれると思ってますけど、ボロボロの状態ではどうにもなりません。

 

とりあえず食事をしたら、ビタミンCのとビタミンB群のサプリメント、飲みます。食事で補いきれない事態になると、サプリメントって便利だね♪…はぁ…明るく言ってはみたけれど、本音は「へるぷ・みー…」です。

 

ちなみに我が相棒は

 

「オリーブオイルとプロテインも飲めば?あとバターも食えよ!食事制限とか、キミ、ぜーんぜんに似合わないのにさあ。ところで今週ウチの近所のイタリアンにラムのグリル食べに行こーよー!うまいぞー!ポルチーニのパスタもうまいぞー!」

 

と飽きれながら、大笑いしています。安易な同情も心配もしないキミがそばにいて本当に良かったよ…。そんな理由でイタリアンに行ってきましたが、実にうまい!ラムのグリル、最高すぎます。うん、私は食べることを我慢するのがいけない体質だ。まずは好き勝手食べるとこから修正だな!

 

今回の体重:57.5キロ(スタートから-6.3㎏)。チョー老けこんだから嬉しくない。早く健康に戻りたい…。もうリバウンドしてもいい。

 

追伸

風邪が悪化しかけたので近所の病院に行きましたところ、レントゲン写真を撮影しました。

我ながら見事な骨(肋骨、鎖骨、背骨、上腕骨の入り方)でした。

主治医A’も「骨もいいけど、肺と心臓の大きさのバランスも最高!」と絶賛してくださり、

今自信を失っている方はレントゲン撮影もおすすめかも、と思いました。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

「その更年期症状、何歳から始まりましたか?」40代に聞くリアルな経過

一般に閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45歳から55歳は更年期に当たる人が多い時期。ただし、誰にでも必ず訪れるこの「更年期」という時期がきたからと言って、全員に「更年…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用している通勤バッグを調査してみました。さす…

ああ、やってしまった…!40代の「ズボラ暮らし」エピソード4選

違います、根っからズボラなわけじゃないんです。毎日忙しすぎてどうしても時短せざるを得ないんです!……いえ、わかってます、わかってます、本当はズボラなんです。でも、そこで開き直っちゃうと歯止めが効かないん…

デキるオンナのはずが、オフィスの面倒係に?40代が職場で「やってもうた」エピソード4選

毎日毎日ドラマみたいにステキなお仕事が進むわけではなく、誰でも「やらかす」ことってありますよね。「失敗した!」という内容に限らず、「やらなければよかった…」ことも多々あります。「やりすぎた」「やらかし…

40代女性は何で飯テロられてる?「深夜の禁断レシピ」選手権5選

21時以降は要注意! なんとなく眺めていたツイッターに流れてきたレシピを、はっと気づいたら作ってた……これ何キロカロリー?? なんてことありませんか? 40代女性が「テロられた」エピソードです!じんわりした…

OLは見た!弊社でまかり通る「ダメ節約」4つの事例

コスト削減!と会社で号令をかけられ、理不尽な思いをしたことはありませんか? たとえば、「お昼休みの消灯」は社員に強制的に休憩を取らせる点で労務管理として理にかなっているかもしれません。が、節電ムードは…

効果が出たダイエットは食事?運動?40代が「3kgやせたいとき」のダイエット

食事制限をすればすぐやせる、でも続かない。運動はコツコツとやせていける、でも続かない。結局ダイエットは根気と努力の問題だ、とは痛いほどわかっているのですが、失敗するとダメージが大きすぎるのが40代。食べ…

「病院に行くほどでもない体調不良」みんな正直どう治してる?【40代アンケート】

気になるけれど大丈夫な気もする曖昧な軽い体調不良ってありますよね。そんなときのセルフケアの方法を40代のみなさんに聞いてみました。するとつらくなる前に回復するための基本的な3つの回答が返ってきました。季…

40代半ばのみんなが始めた「更年期対策」は?食事、サプリ、漢方そして…

40代同士で雑談していると、30代の頃には出なかった話題が出てきませんか?代表的な言葉がまず「老眼」、たまに出るのが「老後」、そしてもう一つが「更年期」!一般的には多くの人が「更年期障害」の状態に差し掛か…

健康診断でやっちゃった!40代の恥ずかしドッキリ4選

見た目のキレイさだけじゃなく、内側の健康さも気になるのが40代。ずっと若々しくいたいし、健康もキープしたい。だから健康診断も重要になってきてしまうものです。とはいえ健康診断で「やっちゃった!」ということ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事