アノ人怖そう…と思われがちな40代・50代はこんなメイクです

「あの人って、近寄りがたいお局って感じ」と、後輩や新入社員たちから密かに思われるのだけは、大人の女性としては避けたいところ。

「お局」という言葉には、どことなくネガティブなイメージもつきものですよね。

「そろそろ私も、お局だって陰口を言われていそうな年齢だわ……」と、人知れずため息をついてしまった40代・50代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、目下の人たちから「あの人って、お局様!」と思われやすい40代・50代女性にありがちな特徴に迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:いつも「ひっつめヘア」グセ。髪にツヤがない

 

“ひっつめスタイル”そのものは、働く女性が仕事のしやすさを追求するにあたり、お局感と直結するとは限らないヘアスタイル。筆者も執筆中は、“ひっつめヘア”が多いです。

しかしながら、それに加えて“ツヤのない髪”の要素が加わってしまうと、一気に“仕事の鬼”っぽく見えてしまう姿にも。

「あの人、ヘアケアも忘れちゃうほど、仕事に生きているのかな……」「もう女を捨てちゃったのかも」「いろんなことに疲れて、ストレス溜まっていそう」などの勝手なイメージから、言いようのない“お局感”を醸し出してしまうことがあります。

自分では“ひっつめヘア”ではなく、まとめ髪やポニーテールをしているつもりでも、後輩たちの視線はときにシビア。どんなスタイルにするにせよ、髪のツヤ感は意識しておくに越したことはありません。

植物性のオイルで表面にツヤを出したり、ヘアミルクでしっかり栄養を与えるケアを心がけたりと、大人だからこそ“痩せやすい髪”を丁寧に補ってみて。

 

2:お肌の不調が丸見えでメイクが極端に薄いグセ(またはスッピン)

 

年齢を重ねた肌は、ちょっとしたことで不調を感じてしまうことも多いけれど、そんな不調が周囲からバレバレになっている上に、メイクがやたらに薄い、またはスッピンだとお局感が加速することがあります。

良くも悪くも、大人の女性がナチュラルを貫いている外見からは、後輩目線からすると「仕事以外には、興味なさそう」「あまり人目を気にしてなさそう」などのイメージを抱きやすく、だからこそ「この会社のお局って感じ……」にも繋がりやすい傾向にもあります。

いい雰囲気の「ナチュラル」は、それなりの手をかけてこそ成り立つイメージなので、美容や外見に無頓着すぎる印象を醸し出してしまうと、なにせ目下世代にはまだまだ美容に関心が高い“女子”が多いだけに、違和感を与えやすかったりもするのです。

新入社員が入ってくるこの時期は、普段よりも少しだけ“きれいなお姉さん”を気取ったメイクやファッションを意識しておくと、安全かも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

WORKに関する最新記事