スキンケア下手な40代・50代女性がやりがち!「3大ダメお手入れ」

春になり、鏡を見たら「なんだか私、ちょっと老けたみたい?」なんて思っていませんか? 私は、この春自分を見て「グッと老けたな」と感じ、思い切ったスキンケアの見直しをしているところです。

湿度が下がる冬の間には丁寧なスキンケアをしていても、年齢の波とともに多少の劣化を感じてしまうのは、ある程度は致し方のないお話。しかしそこで諦めてしまうのは、もったいない!

他方で実際のところ、スキンケアが下手な人ほど、やってしまいやすいNGなお手入れもあります。

「私のお手入れは、実はいつも適当で……」などとギクッとした40代・50代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、スキンケアが下手な女性ほど、春にやりがちなダメなお手入れのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

ダメ1:いきなりライトな使い心地のシリーズに変える

 

春がくると、これまでよりもウキウキとした、前向きな気分になる女性は多いはず。そんな気分を反映するかのように、スキンケアでも秋冬よりも軽めな使い心地を求めたくなります。

ところが、春のはじまりは、まだまだ天候が不安定です。気温も湿度もまだまだ安定しないだけに、いきなり“春夏仕様”にガラッと変えてしまうのは、あまりおすすめではありません。せめて梅雨が明けるまでは「さっぱり」だけを追求するお手入れは待って。

40代が感じやすい春の不調のひとつに、“混合肌のような部分的なベタつき”も挙げられます。ベタつきは、保湿不足によっても引き起こされるだけに、いきなり夏バージョンのスキンケアでは「まだ早すぎる」ということも多々です。

 

ダメ2:化粧水をつけるだけで「基本、終わり」

 

この時期「お肌の調子が安定しない」「浅黒い肌になっている気がする」などとおっしゃる40代女性のご相談を受けお話を伺うと「なるべく時短で済ませたいし、ベタつくのが嫌。なので暖かくなってきたら、基本は化粧水を付けて終わりです」と口にする女性も珍しくありません。

……しかし、どんなにたっぷりの化粧水を使ったとしても、それだけではうるおいをフォローしきれなくなっている人も多いのが40代&50代。

適したスキンケアは人それぞれなので、お肌の不調を感じなければ問題はありませんが「お肌が不安定で、老けてきた気がする」と思っているならば、“基本、化粧水だけ”のスキンケアからは、完全に卒業するタイミングでもあります。

若い頃からの“スキンケアの癖”は引きずってしまいがちですが、40代・50代ではシンプルな引き算ケアよりも、暖かくなってきてからも、必要に応じて美容液や乳液で補うケアを心がけたほうが、お肌が安定する方は多いです。

 

ダメ3:日焼け止めが落ちきっていないクレンジング

 

春からはグッと紫外線の量が増えるので、“老け見え”を防ぐためにも、日焼け止めを使い始めるべき時期に入ります。

と、そこまではきちんと意識していらっしゃる方でも、“下手なスキンケア”に陥っているときにやりがちなNGに、日焼け止めが落ちるだけのクレンジング剤を使っていない点も挙げられます。

UVケア成分がしっかり入っているコスメは、どんなに低刺激でも落とすべきときに落としておかないままだと、皮脂などと混ざり合って不調を招く原因にもなりかねません。

ベースメイクに使うアイテムを見直した時点で、これまで使っていたクレンジングや洗顔料も併せて見直しておくのが、40代・50代の老け見え肌を防ぐには欠かせません。

 

「毎年、春になると老けて見えるのよね」が口グセになっていらっしゃる方でも、スキンケアを見直すだけで、オバ見えな不調を感じにくくなることもあります。鏡を見て「うーん、どうしたものか」と密かに悩んでいたみなさま、ちょっとした手順を再吟味して、軽やかな春美容をお楽しみください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

ウッカリで男性ドン引き! 40代が「育ちが悪い女性だな」と思われる夏のお誘いLINE3選

ちょっとしたLINEのせいで「この女性は、なんだか育ちが悪そうだ」と男性に思わせてしまえば、その後の展開にもなにかと響きがちです。いい大人になっていれば、相手の“育ち”は気にせずに恋愛に発展する男女も少なく…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事