一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは♯1

東京からそう遠くない地方へ取材に出かけて、約2週間のホテル生活をしておりました。地方の楽しみといえば食。ひとりで宿泊していたので夜は駅前の繁華街へひとりででかけることに。そこでアラフォーの私が体験したのは出会いの連打と、そして10歳くらい若返ったんじゃねえかと勘違いするほどのモテぶりだったのです。

 

 

ここはサッカー部の部室か、私は憧れのマネジャーか

 

東京では日々、一人(独り)飲み上等。不規則な仕事をしていますし、誰かと時間を合わせて待っているよりも独りで飲んだほうが手っ取り早い。そこで新しいコミュニティーも確立されて、行きつけの店もだいぶ増えました。でも慣れ親しみすぎてだんだん新鮮味も薄れてきていたわけです。酒場は格好の出会いの場なのに。

 

そんな調子の私ですから、日本国内であれば平気で飲み屋へ突入。地方出身者として事前に伝えておきますが、地方で女性が独り飲みをしている姿は稀有です。一店舗のスペースも広く、都内の飲み屋のような密着度も少ないので独りで飲むのは勇気がいるのだと思います。それに地方は車社会ですから、市街地まで出かける文化が減ってきているのは確か。

 

そして今回の地方取材先で選んだのは、キャッシュオンの立ち飲み屋でした。

 

店内に足を踏み入れるとまあ、男性客だらけ。スーツ姿のサラリーマンから年金で飲みに来ているだろう爺さんまで、年代はバラバラです。なんだか普通の立ち飲み屋がいきなり高校のサッカー部に感じる錯覚。好みのタイプは置いておくとしてプチハーレムと呼んでもいいのかもしれません。

 

「ビールくださーい」

 

いつも通り飲み始めると、ひとりのおじさまが

 

「こんな美女がいるなんて!」

 

と声をかけてきたのです。え、美女って……。そしてその一声でカウンターにいた7人くらいの男性客がこちらに注目、端を発したかのように

 

「……お一人なんですか?」

 

と酔っ払いながら話しかけてきたのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事