「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよね。

ところで、みなさん「二日酔い」の朝は「味噌汁を飲む」「水を飲む」などいろいろ対策をしていると思いますが、それらには「効いているもの」と「そうでもないもの」があるのです。

 

二日酔い!その仕組みと解消に必要な成分

 

二日酔いのつらい症状は

 

●アルコールの飲み過ぎで起こった脱水状態。

●体内で過剰に発生したアセトアルデヒドの作用。

●胃の炎症。

 

が主な原因です。アルコールには利尿作用がありますし、おつまみの塩分も多め。つまりアルコールの作用だけではなく、体内で過剰になった塩分を排出させるためにも水分が排出されてしまいます。だから脱水状態に陥ってしまうのです。

 

ですから二日酔いの症状から回復させるには

 

●水分補給。

●胃に刺激を与えないための微量の塩分。

●排出されて減ってしまった糖分の補給。

●アミノ酸とビタミンB(特にB1)、ビタミンCの摂取。

 

毒性が強いアセトアルデヒトの産生防止に肝臓の働きを高める必要があり、そのためにはアミノ酸とビタミンBが必要となります。またアセトアルデヒトの働きを抑えるビタミンCも効果的です。今、挙げていったことを踏まえると、二日酔い対策のためのドリンクは10つ。一気にスッキリできなくても、かなり回復しますよ。

 

でも不調が深刻なら、薬や医療機関に頼ることも大事です。また二日酔いの日はアルコールを控えることも忘れてはいけません。「迎え酒」などは愚の骨頂。そしてドリンクは常温で飲むこと!これは内臓に負荷をかけないためのポイントです。

二日酔いのメカニズム(厚生労働省 e-ヘルスネット)

1・とにかく水分を補給!まずはミネラルウォーター

普段から用意している方も多いミネラルウォーターは二日酔いの朝の必須ドリンクです。まず水分補給が前提ですから、すぐ飲めるように用意しましょう。他のドリンクに添えておくこともおすすめです。枕元にペットボトルを置いておくといいですね。

 

2・一気に水分と糖質を補給して回復させるスポドリ

スポーツドリンクは二日酔いから回復するために必要なすべてが入っています。また体内に水分が吸収されるスピードが速いこともおすすめできるポイントです。しかし糖分が多いことを考えると、飲みすぎは禁物。薄めて飲むほうが飲みやすいときもあります。

 

3・二日酔いからの回復に必要な成分たっぷりのトマトジュース

 

トマトに含まれるリコピンには二日酔いの原因になるアセトアルデヒトの働きを押さえる効果があります。またトマトに含まれるグルタチオンには解毒作用、カリウムには利尿作用があるので、二日酔いを効率よく解消してくれるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事