流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。

3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共に、自分のブログにアップしておりますのでよろしければ……。

【取材で巡りあった今ときめいているコスメby中尾慧里#5】

眉メイク、上手にできていますか?

 

さて。今回は、眉アイテムのご紹介です。眉は顔の額縁、と言われますが、まじで眉を描くのって大変じゃないですか???? 最近は太ナチュ眉が定着していますが、80年代、90年代を謳歌した私としては、細眉状態で生えません…。いかにして、生えているように太く演出するかというのが個人的眉メイクのキモです。

一応、銀座にある「mime」にて眉を整えたりしてもらったりはするんですが、美しく仕上がった眉をキープするテクがない…。毎回コツを教えてもらっているのに、ずぼらな性格なので生えてきた余分な毛をきちんと処理することすらできなくなってしまい…。

ということで、毎回パウダーアイブロウとペンシルアイブロウの2アイテムを使い、お手入れできてないのをごまかしつつ太眉風に装っていました。そう。「リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ」にめぐり会うまでは。

まさか、パウダーとペンシルのいいとこ取りができるとは!

「リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ」は、その製法が独特。粉と油脂を固めて芯を作るところを、パウダーそのままを特殊なフィルムでまいて芯状態にしてあるというもの。パウダーそのものが肌にのる感覚。つまり、パウダーで眉を描くのと同じ感覚なんですね。肌に当たる硬さがない。

しかも、そのパウダーは肌の水分や油分を感知して定着するという優れもの。顔料をたっぷり含んでいるから、クリアな発色。ふわふわと軽いタッチで描いても、ちゃんと眉色になります。そして、ぼかす必要がないくらい、仕上がりがナチュラル!

10時間のロングラスティング機能も備えていて、水分と油分のバランスがとれたしっとりした肌に使うと、さらに発色と持ちがよくなるそう。ペンシルタイプなので眉尻もきちっと描けて、気になる夕方の眉尻の消滅も回避できます。

 

 

眉の雰囲気が変わると顔の印象もアップ! 優しいニュアンスをプラス

 

眉を描こうとしなくても、「リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ」をちょっと寝かせて肌に当ててスッスッと動かすだけでできあがり。細めの眉なので、足りない部分はちょっと毛を足す感じで。やや太くなった眉は、顔の印象を柔らかくしますね~。

ちなみに、削ることで、常にフレッシュなパウダー状態をキープできます。「リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ」は2色しかないんですが、どちらかの色に当てはまるのだそう。長い間、日本人の眉を見つめてきた開発者だからこそ、の視点なんでしょうね。

ササッと軽いタッチで描きやすい!! リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ  全2色 2,800円+税

「リューヴィ アイブロウペンシル パウダーフレッシュ」を使い始めてから、「今日は元気そう」とか「いいことあった?」と聞かれることが。眉以外はメイクを変えていないのだけれど、全体のバランスが何か変わったように見えるんだろうなぁ。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではな…

50代の気になる吹き出物。美容のプロが長年使っている2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

10年試してたどり着いた!このコンシーラーを40代のシミ肌や色ムラに

コンシーラー暦10年。試しに試してたどり着いた感激の1本!はじめまして、こんにちは。美容ライター&エディターの中尾慧里です。これから皆さまに、自分でくまなく試して、これはすばらしいと確信した美容の情報を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事