結んでもこんなにキマる!40代のふわ揺れミディアムヘア3選

うねりやちりちり毛、やせてきた髪に悩みはじめるアラフォー世代。白髪も目立ちはじめて、ヘアスタイルを変える楽しみも減ってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。

ロングは扱いにくくなり、ミディアムやボブにカットする人も多いですよね。

髪を切っても品があって女性らしいスタイルはキープしたいし、できればまだモテたいし……。もっと欲を言えば、ささっと髪をまとめてもサマになるヘアスタイルにしたい。

欲張りに思えますが、実はそう難しくはないんです。

40代に人気の鎖骨レングスのスタイルを簡単アレンジとともにご紹介します。

 

1・ひとつ結びがサマになる!上品レイヤーミディ

 

前髪長めのミディアムスタイル。品のよさはもちろんですが、信頼できる感じがありますよね。

ポイントは顔まわりの動きと、毛先の揺らぎ。レイヤーを入れることで髪に段差ができますから、自然なボリュームと動きが出るんです。

ミディアム~ロングは顔まわりにレイヤーを入れておくと、結んだときにおくれ毛を出しやすくなります。ひとつ結びやシニョンにすることが多いアラフォーにとっては、カットでおくれ毛を出しやすくしてくれていると助かりますよね。

毛先はパーマかヘアアイロンで丸み(ワンカールくらい)をつけると、まとまりがよくなり、女らしさもアップします。

 

ひとつ結びをしてみると…

顔まわりにほどよくおくれ毛が出て、オバサンひとつ結びにはならないですよね。毛先にパーマをかけておけば、巻く必要もなく、ふんわりと決まります。

 

おしゃれひとつ結びのポイントは

1.結んだら耳まわりの毛束をつまんでゆるめる。

さらに、髪表面を手のひらでワイパーのようにさささ~っとなでると短い毛がパラパラと落ちてきて、ラフなおくれ毛ができます。これもレイヤーを入れているおかげです。

2.ねじった毛束でゴムを隠す。

結んだ毛束から1/3ほど毛束を分け、ねじってゴムに巻きつけます。毛先はえり足側の目立たない場所にピンで留めて。ヘアアクセがなくても、ちょっとしたアクセントになります。

担当/和田しょういちさん(ZACC vie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事