独身40代オンナのモテ天国はここにアリ?私が巡り合った新聖地とは

以前「たまたま地方取材中にひとりで飲んだら、東京とは比べものにならないほどモテた。結婚したい女性は地方で遊んだほうが絶対に効率がいい」という個人的なネタを書きました。これがまさかまさかの大好評と編集部から連絡が。ならばということで、地方モテ飲みポイントをまとめていこうと思います。最近何かと「あれ、なんだっけ?」「それ、それさあ」と”あれあれそれそれ”を連呼するようになってしまったお年頃。頑張れ、私の海馬!!

 

【一人飲みの40代独女が「天国のようにモテた場所」それは#2】

 

ザ・BARはあかん、カジュアルなBARを二軒目に選んでおけ

 

世界各国、どこで飲もうとたった一軒で帰宅するのは酒飲みのプライドにかけて許されず。一軒目の居酒屋をひとりで出てサッカー部のマネジャー気分を味わった(詳しくはこちらまで)私が目指すのは二軒目の飲み屋。空腹は満たされたし、もう少し飲めればいいやと繁華街をフラフラしているとカウンター席のみの路面店を発見。店内の明るい様子がひと目で分かる。どうやら店主は女性のようだ。

 

思い切って入ってみることにした。

 

10席もない店内には5名の客。全員男性、そして若い。アルコールも平均単価が1000円前後と良心的ではないか。店主の女性はひとりで入ってきた私にも

 

「お一人なんですか? どうぞどうぞ、ショウスケくんそこ席空けてあげて!」

 

と、常連客を移動させて私を座らせてくれた。なんだろうこの安堵感。私より絶対若いはずなのにもうママと呼びたくなるのはカウンターマジックと呼ぶべきか否か。「すみません、失礼します」と座った私にも積極的に話しかけてくれて、あっという間に店内は放課後のホームルームと化した。先生は店主、生徒は常連客、そして私は少女マンガの定番キャラクター、転校生。地方飲み、第二ラウンドの幕が開いた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事