大橋未歩、10歳年下夫との円満再婚に見る「男断捨離力」の重要性

元テレビ東京アナウンサー・大橋未歩がフリーに転向し、多くのバラエティー番組に出演しています。

 

大橋と言えばテレ東を代表する人気アナウンサーですが、「ワールドビジネスサテライト」を担当する大江麻理子アナが報道路線を走るのに対し、大橋はバラエティーで人気を博します。

 

「やりすぎコージー」では深夜番組ということもあるのでしょうか、ともかく薄着で、胸の谷間が見えていることもしょっちゅうでしたし、体操服姿で亀甲縛りされるなど、本人の意志か上の指示かは不明ですが、お色気ウリをしていたイメージがあります。

 

会社員であるアナウンサーがフリーになるということは、プライベートを開示することが必要となりますが、大橋は「10歳年下夫との結婚生活」をウリにすることを選んだようです。

 

「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では、テレ東時代の後輩ディレクターで、綾野剛似の夫に「母ちゃん、おばさん」と失礼な呼び方をされているものの、「手のかかる男性が好き」な大橋は母親のように世話を焼くことが楽しいようです。

 

夫は同番組に手紙を寄せ、大橋のことを「尊敬している」と述べ、プロポーズはサプライズでするなど、アラフォー女性の憧れをかきたてる要素も存分に持っているでしょう。

 

離婚した夫に感謝できるのはなぜか?

が、ここで見逃せないことが一つ。

 

大橋は再婚で、そこに至るプロセスが物議をかもしたことがありました。

 

大橋の初婚時の結婚相手は、元プロ野球選手の城石憲之選手。

 

女子アナと結婚するプロ野球選手と言うと、メジャーリーガーを思い浮かべますが、城石選手はそこまで活躍していたわけではないので、ネット民は「金で男を選ばなかった」と好意的な反応を見せます。

 

大橋は結婚六年目に、軽度の若年性脳梗塞に見舞われます。夜に自宅で大橋が倒れた時、夫が救急車を呼んで病院に搬送。脳梗塞は時間との闘いとも言われますから、夫は大橋にとって恩人と言えるのではないでしょうか。

 

「スポーツニッポン」の取材に、大橋は「夫が午前4時起きでスムージーを作ってくれる」と話していましたが、無事に仕事にも復帰します。

 

しかし2016年、大橋は城石選手と前年の春に離婚をしていたこと、すでに現在の夫を再婚していたことを発表します。離婚から再婚までの距離があまりに短いことから、不倫疑惑や「看病してくれた夫をポイ捨てした」と見る人もいたようです。

 

4月22日放送の「誰だって波乱爆笑」(日本テレビ系)で大橋の来し方を振り返った際は、城石選手との結婚は「なかったこと」にされていました。

オフィシャルブログに、このことについて質問が寄せられると、大橋は「最初の結婚についてはお相手の方も新たな人生を歩んでいらっしゃるかもしれないのに、ご迷惑をおかけすると心苦しいので、この先も触れることはありません」と説明し、「お互いに感謝して、別々の道を歩くことを選択した事実を二人がわかっていれば十分かなと思っています」と結んでいました。

 

おそらく、多くの人がこの返しをオトナだ聡明だと感動するのでしょう。けれど、ひねくれ者の私は、別な意味ですごいと思ったのです。

 

二人の間に何があったのかなど誰にもわからないわけですし、離婚が悪いだなんて言うつもりはありませんが、「お互いに感謝して」いる離婚って言えてしまうのがすごい。

 

経験者に聞くと、離婚は大変だったと言いますが、離婚を言い出すほうと、言い出されるほうでは、気持ちは違うと思います。「離婚したい」と切り出すのは自分が悪者になる覚悟がいりますが、言ってしまえば、どんどん自分の望む方向に物事が進むという意味で、希望があります。

 

しかし、切り出されるほうに離婚したい気持ちがなかったり、離婚が認められる有責行為がなかった場合、その言葉に深く傷つき、自分を責めたりするでしょう。離婚届けを出した後、2人は他人になれますが、離婚を切り出された側がすぐに立ち直って「感謝してる」という次元に到達できるかは疑問です。

 

おそらく、大橋は元夫に感謝しているのでしょう。それは、彼女が今、幸せだから。自分が幸せで感謝しているから、きっと夫も同じだと思えるあたり、このあたりの鈍さ、精神力の強さはさすがと言わざるをえません。幸せになるのに、鈍感力は絶対に必要です。

 

思いやりがある女性が陥りがちな、負のループ

しかし、大橋の男捨離力を婚活中の女性はぜひ見習ってほしいと思うのです。

 

時代の刷り込みか、本人の資質か、人より自分を優先することがクセになっている人がいます。

 

婚活をする理由に
「おばあちゃんに花嫁姿を見せてあげたい」
「親を安心させたい」
「自分より大事な存在が欲しい」
をあげる女性は多く、このように、自分より他人を尊重する姿勢は「思いやりがある」と言われます。

 

しかし、この発想には二つの欠点があります。

 

ひとつめは、主語が自分でないので、相手の言いなりになってしまうこと。婚活のポイントはメリットがあるかだと何度も書いていますが、思いやりのある人は、メリットのある人ではなく、単なる下請けの人になる可能性が高くなってしまいます。

 

二つめは、思いやりは自分の自信のなさの裏返しである可能性があること。

 

自分を高く評価できないと、他人の役に立つことで自分の存在意義を見いだすことがあります。その結果、相手にお断りすることや、NOを言うことに罪悪感を覚え、誰でも受け入れてしまうことになりかねません。それでうまくいけばいいのですが、そうでなかった場合、さらに自己評価が低くなることにつながっていきます。

 

婚活では、思いやりはさして武器になりませんが、結婚生活は思いやりがないと円滑にいきません。婚活中の女性は、いったん思いやりを冷凍して、婚活に臨んでいただきたいと思います。

 

 

仁科友里が斬る#オンナの生きざま

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人

 

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事