40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が資産どころかむしろお荷物になってしまいます。そこで、今回は「買ってはいけないマンション」についてお話しします。

 

価格が安い郊外の広いマンションはお得?

「都心にマンションを買いたいけど高くて買えないから、通勤に時間はかかるけど価格も安くて面積も広い郊外のマンションを買おう!」という人は少なくないことでしょう。

 

実際、ワンルームマンションの価格を見てみると、人気エリアでは3,000万円程度するのに、郊外であれば1,500万円程度で買えるというケースはよくあること。

 

この場合、購入する際の額は、3,000万円対1,500万円で、1,500万円も差がありますね。1,500万円も安くなる上に、面積も広いのですからとても魅力的に見えます。

 

ただ問題なのは、そのマンションの「資産価値」です。そのマンションの住宅ローンを払い続け、30年経ったとすると、それぞれの資産価値はどうなっているのでしょうか?

 

不動産はエリアによって値上り率と値下がり率が大きく異なります。東京と地方を比較した場合にはなんとなく感覚でわかる人も多いと思いますが、「東京マンション資産価値予測DATABOOK」(山崎隆著/ダイヤモンド社)という書籍によると、同じ東京都内であっても、そのエリアによって不動産の値上がり率と値下がり率は大きく異なるようです。

 

例えば、人気の高い城南地区(世田谷区、目黒区、渋谷区、品川区等)の不動産は、30年前の価格を100とすると、30年経った中古不動産の価値が75(30年間で25%の価格下落)となっています。一方で、それほど人気の高くない東京都下の不動産では、30年経った中古不動産の価値が37(30年で63%)の価格下落となっているのです。

 

つまり、郊外の1,500万円のマンションは、30年後は37%しか価値が残っておらず、そのマンションの価値は555万円になっているということ。一方で、少し高いけれども人気エリアの3,000万円で購入したマンションは、30年経っても75%の価値が残っているので、資産価値は2,250万円残っています。30年後の資産価値は1,695万円も違ってくるというわけです。

 

一般的な好みこそが要注意? 次ページ→

スポンサーリンク

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はし…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきた…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行く…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼ…

なぜ貯金が貯まらない?独身40代、A子さんの場合はリボ払いで買い物を……

職業柄、芸人以外のいろいろな職種の方と出会います。ほとんどが、33歳のぼくより年上の方が多いのですが、男性だけでなく女性もいて、ぼくがお金関係の執筆や講演をしてい…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。加えて英国のEU…

40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくあり…

会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。勤務先が倒産した場合、…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事