どれが正解?40代独女が気をつけたい「気になる男性とのLINEマナー」

手軽にやり取りができて、気になる人との距離が縮めやすいLINE。積極的に使いこなしている40代独女も多いと思います。

一方で、「IDは交換したけど、なんて送ればいいかわからない」「ちょうどよい頻度ってあるの?」など、相手にどう思われるかが気になって上手くやり取りができない、という女性もいるかもしれませんね。

手軽だからこそ気をつけたいのが、相手の負担にならないこと。好きな人と楽しくLINEを続けるために、忘れたくないマナーについてお話します。

 

マナー1・「既読スルー」をいちいち気にしない

・「いいなと思う人でも、返信が遅れると『何か気にさわるようなこと言った?』とかメッセージが来ると萎える。すぐ返事できないときもあるんだし、既読スルーにいちいち反応されると思うと気楽に話せない」(43歳/教員)

・「こっちが返事しないうちに新しい話題を出されると、一方的だなと思います。返信のペースは人それぞれだし、待てない人とはLINEを続ける気がしない」(38歳/サービス)

 

★ 文字だけのやり取りになるLINEで気になるのが、既読マークがついたのに返信がこない「既読スルー」。

「話す気がないのかな?」とどうしてもネガティブに捉えがちですが、相手の状況はこちらにはわかりません。「スルーされたんだ」と決めつけてしまうのは危険です。

既読をつけたことで「読んだよ」と知らせているつもりの男性もいれば、そもそも「LINEは読んだらすぐに返事するもの」と考えていない男性も多くいます。

男性の恋心が冷めるのは、「返事を急かされること」「一方的にメッセージを送られること」。プレッシャーをかけられるとやり取りを止めたくなるのが本音です。

既読スルーを気にするとストレスになります。返信はのんびり待つくらいの余裕を持つほうが、相手も居心地よくコミュニケーションを重ねる気になると思いたいですね。

 

マナー2・シリアスすぎる話をしない

・「先日のこと。仲良くなったばかりのアラフォー女性から、LINEで自分の離婚について長文が送られてきて引いた。読むのも大変だし、返事を考えるのも気が重い。そういう話はLINEじゃなくて会ったときにしてほしかった」(39歳/公務員)

・「軽い愚痴くらいなら返しやすいんだけど、真面目な話は返事に困るから正直やめてほしい。女の人ってすぐ真剣な話をLINEでしたがるけど、効率が悪くない?」(36歳/営業)

 

★ こちらもよく耳にする話。顔が見えないぶん、ゆっくり文章を考えて送ることができるのはLINEのメリットですが、受け取る側がそれを歓迎できるかどうかは、人によって違います。

LINEの返信に時間を割くのをストレスに感じる男性は多く、「電話のほうが早い」「会って話すほうがちゃんと答えられる」と思う場合も多々あります。

何より、真面目な話ならきちんと顔を見て話したいと思うのは、自分の言葉に責任を持っているから。LINEで打ち明けられることを嫌がるのは、「文字では自分の気持ちが正しく伝わらない」という不安があるのですね。

緊張感のある話は、LINEでは避けるのがベター。「会って話すと時間を取らせるから」とわざわざLINEを使う女性もいますが、逆に男性の負担になる可能性があることを忘れずにいましょう。

 

マナー3・きれいな言葉使いを意識する

・「LINEで話すとき、『りょ』とか『おk』とかやたら略語を使われるとうんざりするのって俺だけ? あと『w』みたいなネットで見る言葉をリアルで使う女性は引く。40代で『草生えたわ』とかムリ。まともな日本語を使ってほしい」(40歳/公務員)

・「仲がいいからタメ口は全然構わないんだけど、男が使うような乱暴な言葉で話されるとテンションが下がる。言葉使いって品性が出ると思います」(37歳/総務)

 

★ 文字でやり取りするLINEでこそ気をつけたいのが、言葉使い。耳に直接届く声と違い、目で見る文字は与えるインパクトが変わります。

「マジでムカつく」「しんどくて消えたい」のように、マイナスな言葉ほど受ける印象は悪くなるのが現実。距離感が近いとつい簡単に使ってしまいますが、読む側の気持ちが離れていく恐れもあると思いましょう。

また、ネットで流行っている言葉をLINEに持ち込むのも、男性がうんざりする原因に。筆者が最近訊かれたのは「『わかりみがすごい』ってどういう意味?」ですが、会話そのものが成立しないと思われたらそこでジ・エンドです。

自分に向けられる言葉には、「どう思われているか」が出ます。乱暴な言い回し、狭い世界でしか通用しない言い方を使われると、そのまま「自分はこんな扱いができると思われているんだな」と感じるのが男性です。

文字で目にするなら、きれいな言葉使いであるほうが受ける印象はずっと良くなります。あまり丁寧すぎると他人行儀になりますが、相手がどう感じるかを意識して言葉を選ぶことが、楽しくLINEを続ける一番のコツです。

 

 

 

相手の負担をきちんと考えてメッセージを送れるアラフォー女性は、それだけ男性からも尊重されます。お互いのペースを守れる余裕が見えると、男性はリラックスしてやり取りができるのですね。

顔が見えないならなおさら意識したいのが、受け取る側の気持ち。自分の感情だけで判断せず、相手の状況を思いやる姿勢を忘れずにいられる40代独女が、本当にLINEを使いこなせるといえます。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

ガッカリだよ!年下男子が体験した40代独女との「つまらない夏デート」3つ

お出かけデートが楽しくなる夏。年下男性とお付き合いしている女性も多いと思いますが、どんな時間を過ごしていますか?出かけやすいとはいえ、この暑さではテンションを保つのも一苦労ですね。デート中に疲れた姿を…

実録!40代独女が体験した「ひと夏の恋」は意外な場所と人だった?

8月になると、夏休みをとって旅行に行ったり、お盆に地元に帰省したりするアラフォー女性もいると思います。開放的な夏の雰囲気は、つい気を大きくさせるもの。意外な場所で意外な男性と「ひと夏の恋」を楽しんだな…

二度とムリ! 40代独女を「オバサンくさい」と思うドライブデート3選

気になる男性とのドライブデート。自分ではしっかり気合を入れてきたつもりだけど、何だかイマイチ盛り上がらない……。お出かけの機会が増える夏、男性の車で遠出するシチュエーションもあると思いますが、気をつけた…

どうしてこうなった!?40代独女の「男を見る目がなかった」エピソード3つ

「この人だ!」と恋心を自覚しても、実際に親密度が深くなってみるととんでもないヤツだった、なんて経験をしたことはありませんか?男を見る目がなかったと嘆いても、それだって立派に人を好きになった証。失敗はど…

トホホ…40代独女が経験した「こんなはずじゃなかった」お付き合いって?

好きな男性と晴れて結ばれたものの、実際にお付き合いしてみたら想像と違っていた……。こんな経験をした40代独女もいると思いますが、「こんなはずじゃなかったのに」と思うと恋心も萎えてしまいますね。どんな交際に…

理解不能!?真夏の40代独女「ドン引きデート」3つの伝説

愛する男性とのデート。いつだって楽しく過ごしたいと思うのは当然ですが、男性の言動に振り回されてしまうことってないですか?「え、これも『デート』なの?」と思わず疑いたくなるような時間、お付き合いが解消に…

【恋の修羅場】あるある…40代が「恋人の浮気を確信した瞬間」3つ

愛する男性とのお付き合い。順調なことがもちろん一番良いのですが、ときには「もしかして……?」と浮気を疑うような瞬間も訪れます。見ないようにしても目についてしまうのが、恋人のアヤシイ態度。浮気の証拠はある…

百年の恋も冷める・・・男性が「別れを決めた40代独女とのケンカ」って?

お付き合いしていると、どうしても避けられないのがケンカ。カッとなると、取り返しのつかない言葉を吐いたり悪態をついてしまったり、そのまま別れ話まで一直線、なんてことも。実際に男性が経験した「別れを決めた…

【男の本音】その路線、ムリかも…男性が40代独女に感じる「NGな色気」って?

薄着になる夏は、どうしても肌の露出が増えますよね。セクシーさを狙ってやっているそのファッション、本当に男性の視線を集めていますか?見られるといっても、悪目立ちするとマイナスなイメージを持たれてしまいま…

男性に「この人はずっとおひとりさまだろうな」と思われる40代独女って?

「おひとりさま」という言葉が流行って久しいですが、本当に独身を謳歌しているアラフォー女性は、堂々と生きる姿が周りからも支持されています。こんな女性はいつか良い男性が現れていつの間にか結婚、なんてことも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事