今の肌、本当に大丈夫? 40代の「うっかりオバ見え」 を招くナチュラル系ベースメイクの罠

この夏に向けても「ナチュラルメイク」の人気は、健在です。

それだけに、40代女性の大人デイリーメイクでも、自分史上稀に見る“ナチュラル仕上げ”にこだわって、ベースメイクを仕上げている女性だって少なくないはず。

ところが「ナチュラル」にこだわったつもりが、うっかりオバ見えを招いていることもあるから、40代の肌メイクはただ「塗るだけでいい」と言い切れないのが怖いところです。

「私のベースは、大丈夫よね……?」が気になった40代女性のみなさま、毎日少しずつ暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

ご好評をいただいている『オバサン見えするナチュラルメイクのワナシリーズ』から、今回はベースメイクをピックアップしていきます。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

うっかりオバサン見え1:シミや吹き出物の痕が隠しきれていない

どこまでもナチュラルメイクを意識して、ここ数年は、薄づきのファンデーションやBBクリームを愛用中の女性は多いはず。

ですが、ナチュラル仕上げを追求するアイテムには、カバー力よりも見た目にも薄い仕上がりをウリにしているものも多く、40代の肌にサッと塗ったくらいでは、悪い意味で“すっぴん感”が拭えないアイテムも結構あります。

そして、シミや吹き出物の痕が隠しきれていないと、それだけで肌がボロボロなイメージを加速させやすく、せっかくの薄づき仕上げがオバ見え……な罠にも、ハマりがちです。

ナチュラル仕上げを狙っていたとしても、隠すべき箇所はコンシーラーでしっかりフォローを。そのあとにベースメイクにとりかかるのが、40代の美肌見えには不可欠に。

またカバー力が低めかつ薄い仕上がりに徹してしまうアイテムは、プチプラコスメに多い傾向もあるので、購入前にはその仕上がり具合を丁寧にチェックしたほうが安心です。

 

うっかりオバサン見え2:全体に薄すぎて色ムラが激しい

昨今のBBクリームやCCクリームには、ナチュラルメイクブームを受けて、カバー力が低めなものも多くなっています。

なので、40代女性がファンデーションの要領でこれらのアイテムを使ってしまうと、ベースとなっている肌の“アラ”が隠しきれず、他人から見て色ムラが激しく映ってしまうことが。

やや雑な言い方をすると、自他共に認めるつるんと輝く美肌の持ち主でない限り「きちんとメイクしました感」にも欠ける色ムラ肌は、年齢を感じさせる“オバ肌イメージ”のほうが強くなってしまうというわけです。

年齢による肌の色ムラを自認している方は、下地だけでなくコントロールカラーも使うなど、“ナチュラル美肌に見える仕込み”の手間がオバ見え回避には欠かせません。

 

そしてもうひとつは、「それは確かに」なコレ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事