「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。

では、唇が歯にくっつくことはありますか?

「くっつくことがある場合は、乾いています。女性は口が乾きがちなんですよ」と語るのは、かしのき歯科医院の山嵜先生。ちょっと待って、口の中が乾くとはどういうことなのでしょうか?

 

女性はとにかく口の中が乾いている

かしのき歯科医院はごく一般的な住宅地の歯科。来院する患者のうち、男性よりも女性により口の中の乾きが見られるそうです。

 

「女性でも20代はそれほど乾いていませんが、30代を境に乾いた人が増え、更年期世代になると3人に1人ほどが乾いています。ただし、老眼のように年を取るとみんな悪くなるというわけでもありません。もともと乾きやすい体質を持っている人に、ストレスや生活習慣、加齢などの要因が加わり、結果的に症状として現れてくるのだと考えています」。

 

興味深いのは「自覚」の点。乾いている人に「あなたは口が乾いています」と指摘すると、たいていの人は「ああ、やっぱり」と納得するそうです。対照的なのが、歯のかみしめ・歯ぎしり。こちらは男女に偏りがなく起きますが、本人に自覚がない場合が多く、指摘しても「いえ先生、私はかみしめていませんよ?」と認めない場合が多いのだそう。

 

「歯ぎしりや口臭がある人はだいたい口も乾いている傾向ですが、私はこれらの原因は主にストレスだと思っています。唾液の分泌は自律神経と密接に関わりますが、女性は男性に比べていろいろなことに気づくからでしょうか、どうやら常時漠然としたストレスを感じやすいようです。ストレス下では唾液が分泌されませんので、結果的に口が乾くのではないかと思います」。

 

水を飲むのはNG、舌をまわして「さらさら唾液」を

口の中の唾液腺から分泌される唾液。さらさらの漿液性唾液と、ねばりけのある粘液性唾液の2種類があります。このうち、口臭や口腔トラブル防止のためによく分泌しておきたいのが「さらさら唾液」です。

 

リラックスしたときにさらさら唾液、ストレスがかかるときねばねば唾液が出ます。さらさら唾液を出す方法はとても簡単、口の中で舌を大きく回すことです。

 

1・唇を閉じ、舌先で上の歯の表面をゆっくり左端から右端へなぞる。

 

2・そのまま舌先で頬、下の歯となぞり、口の中をぐるりと1周する。

 

3・逆回しにもなぞる。左、右と3セットくりかえす。

 

いかがでしょうか、やってみたらじんわりと口の中に唾液ががたまってきませんか?

 

「逆に、たとえばいまストレスがかかっているなと自分でわかるシーンでは、敢えて口の中で舌を回し、唾液を出すとストレスにアプローチできるかもしれません。また、さらさら唾液はリラックスして副交感神経が働くとき出るので、イライラするときは脳内で『おいしいものを食べるところ』や『家でペットを撫でているところ』を思い浮かべてみてください」。

 

なお、すでに口の乾きを自覚している人は、水をちびちび補給して対策していることがありますが、むしろ唾液を洗い流してしまうので効果は低いのだそう。唾液を出すのがいちばんです。

 

口のニオイが気になる人は、まずこちらのケアから→

スポンサーリンク

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

汗や足のニオイ、頭皮の悪臭、そして口臭。身体のイヤ~なニオイの対策方法は?

内科医師でありながら“におい専門家”としても活動している桐村里紗先生に、更年期世代が気をつけるべきニオイの話しを教えてもらいました。前編は「更年期世代に変化するニ…

あさイチで話題!おりもののニオイや量など、アソコのお悩みQ&A

おりもののニオイや量など陰部の悩みを抱えている女性は少なくありません。NHK『あさイチ』女のホケン室での取り上げられたおりものや陰部の悩みについて、番組でもコメン…

足汗で「足、臭いっ!」って言われるその前に カンタンに出来る対処法

ここ数日、フローリングを素足で歩くとペタペタと音がしませんか? なぜって? それもこれも、足汗のせい。多汗症の私にとって、足汗は季節を問わず放出されるもの。なので…

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

子宮筋腫があります。40代から閉経にかけて、何に気をつければ?【医師に聞く】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

自覚すれば救われる?40代の「なんとなく不調」は更年期かも

Sponsored By 小林製薬オトナサローネでは「100人の更年期」というインタビュー連載を通じ、ごく普通の日々を送る40代、50代女性のリアルな体調と気持ちの変化を取材しています。中でも目立つのは、特に40代の「……最…

[PR]

45歳、私は【プレ更年期】?39歳から診断されないままで今も不安です | 100人の更年期#12

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事