「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

 

「ここは、休憩所としてご利用できます」
「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」
「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」

 

そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にします。
しかし、この言葉は、完全に間違っているのです。

 

他にも

「ここでは、携帯電話をご使用できます」
「この部屋で、誰でもご休憩できます」
「ご乗車できませんので、ご注意ください」
「こちらは、お持ち帰りできます」
「どなたでもお気軽にご参加できますよ」

なども同じです。もう耳慣れている人も多いのではありませんか?

 

「みんな使っているよ。既に市民権を得ているので、もう良いんじゃない?」という声が聞こえてきそうですが、そうもいきません。耳慣れているとしたら要注意です。

この使い方はとんでもなくめちゃくちゃで、この使い方を認めてしまうと、敬語の根本がずずーっと崩れてしまうレベルのものなのです。

 

今日は、なぜこのような間違った日本語が多いのかということと、どう書き換えたらいいのかについてお話しします。

 

1・休憩所としてご利用できます……これを正しく!

  • 誤用例 ここは、休憩所としてご利用できます。

まず、名詞に「お」や「ご」つけ、文末を「です」や「ます」にすれば、丁寧な言葉になります。
これは丁寧語ですね。

  • これはお茶碗です。
    ご迷惑をお掛けします。

尊敬語でも謙譲語でもありません。丁寧語です

 

例えば「私は利用する」を丁寧に言うと、「私は利用します」です。
この場合「ご」は付けません。「私はご利用します」とは言いませんよね。
これは自分の場合です。

では、弊社が用意した、または、弊社の場所を「休憩所として利用してもらう」という場合、つまり相手が「利用」する場合はどうでしょう?

 

「あなたは利用します」なのですが、それが「可能」の意味を持つ、つまり、利用できるんだよーということを示す時は、
あなたは利用できます」となります。

 

はい。実は、これで十分なのです。シンプルが一番です。

  • シンプルな正解 ここは、休憩所として利用できます。

さあ、ここで、欲張って、もっと丁寧に!と思った瞬間から誤用が発生します。
この「利用できます」全体に「ご」をつけてしまうのですね。

 

  • 誤 ここは、休憩所としてご利用できます。

 

純粋に名詞の「利用」にだけ「ご」を付けたい場合は、「ご利用」としても良いのですが、「利用できる」全体に「ご」はつかないのです。

 

名詞の「利用」にだけ「ご」を付ける場合は、その「利用」と「できる」は別に考えなくてはいけません。

 

名詞「利用」の丁寧語は「ご利用」です。これはOKですね。
さて「できる」の敬語はわかりますか? そうですね「なれる」です。
つまりこうなります。

  • 尊敬語をきちんと利用したの正解 ここは、休憩所としてご利用になれます。

このようにシンプルな正解と、尊敬語をきちんと利用した正解があります。

同じように他の誤用も見てみましょう。すっきりしますよ!

 

2・いつでもご利用できます……これを正しく!

誤用

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます。

シンプルな正解

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでも利用できます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでも利用できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用になれます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用になれます。

美しいですよね。しかも簡単です。
では続いて、他の「聞き慣れてしまった誤用」についても変換してみましょう。

 

3・ここでは、携帯電話をご使用できます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • ここでは、携帯電話を使用できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • ここでは、携帯電話をご使用になれます。

 

4・この部屋で、誰でもご休憩できます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • この部屋で、誰でも休憩できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • この部屋で、誰でもご休憩になれます。

 

5・ご乗車できませんので、ご注意ください。……これを正しく!

シンプルな正解

  • 乗車できませんので、ご注意ください。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • ご乗車になれませんので、ご注意ください。

 

6・こちらは、お持ち帰りできます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • こちらは、持ち帰りできます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • こちらは、お持ち帰りになれます。

 

7・どなたでもお気軽にご参加できますよ。……これを正しく!

シンプルな正解

  • どなたでもお気軽に参加できますよ。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • どなたでもお気軽にご参加になれますよ。

 

なお、自分の謙譲表現「いただく」を使う方法もあるのですが、こちらの方法ですと「させていただく」のような言葉を付けてしまう人が多く、ますます誤用になってしまう可能性も高くなるので、今回は解説しません。

 

どうでしょう?

いっそのこと「お」や「ご」を省いてシンプルな掲示物にするか、
「できる」の正しい尊敬語「なれる」をきちんと使って丁寧な掲示物にするか、それはあなたの判断です。

少なくとも「ご〇〇なれる」という謝った言葉にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のような話もありました。「平生(へいぜい)」…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました。こういう言葉の訂正って、人間関係に響く…

「ちょっと」を○○に言い換えるだけで…劇的上品な言葉づかいベスト10

特に敬語をふんだんに使っているわけでもないのに、なぜか言葉が美しいと感じる人がいます。雑な感じがしない、ある種、格のある雰囲気の言葉を使う人です。そういう人たちの言葉の特徴に「あらたまった」感じがする…

「おざなり」と「なおざり」どっちが正解?わかりにくい日本語の意味

ぼくたち、ずっとこのことを「おざなり」にしてきたよね。なんとなく意味は分かりそうですよね。では次の言葉はどうでしょう?ぼくたち、ずっとこのことを「なおざり」にしてきたよね。このカップル、どっちの状態が…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こっそりチェックしてみてくださいね。1 代…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろうなと思いました。今日はそんな言葉の中から…

「いらっしゃる」「参る」「伺う」日本語の使い分けの正解は?

もうすぐ春。敬語のミスも、新人さんならご愛敬。でもまあ、間違えないに超したことはありませんし、間違いがなぜ起きるのか、先輩の立場なら説明して直してあげた方がいいですよね。今日は敬語の中でも言葉が変化す…

実は正解日本語「ご質問があります」。こう言い換えると違和感がない!

「先生、ご質問があります」この言い回しに関しては、私も違和感を覚えるクチです。敬語に関する本でも、マナーの本でも、この言い回しはNGとされることが多いです。しかし実は、文法的には間違いではないのです。「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事