「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

 

「ここは、休憩所としてご利用できます」
「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」
「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」

 

そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にします。
しかし、この言葉は、完全に間違っているのです。

 

他にも

「ここでは、携帯電話をご使用できます」
「この部屋で、誰でもご休憩できます」
「ご乗車できませんので、ご注意ください」
「こちらは、お持ち帰りできます」
「どなたでもお気軽にご参加できますよ」

なども同じです。もう耳慣れている人も多いのではありませんか?

 

「みんな使っているよ。既に市民権を得ているので、もう良いんじゃない?」という声が聞こえてきそうですが、そうもいきません。耳慣れているとしたら要注意です。

この使い方はとんでもなくめちゃくちゃで、この使い方を認めてしまうと、敬語の根本がずずーっと崩れてしまうレベルのものなのです。

 

今日は、なぜこのような間違った日本語が多いのかということと、どう書き換えたらいいのかについてお話しします。

 

1・休憩所としてご利用できます……これを正しく!

  • 誤用例 ここは、休憩所としてご利用できます。

まず、名詞に「お」や「ご」つけ、文末を「です」や「ます」にすれば、丁寧な言葉になります。
これは丁寧語ですね。

  • これはお茶碗です。
    ご迷惑をお掛けします。

尊敬語でも謙譲語でもありません。丁寧語です

 

例えば「私は利用する」を丁寧に言うと、「私は利用します」です。
この場合「ご」は付けません。「私はご利用します」とは言いませんよね。
これは自分の場合です。

では、弊社が用意した、または、弊社の場所を「休憩所として利用してもらう」という場合、つまり相手が「利用」する場合はどうでしょう?

 

「あなたは利用します」なのですが、それが「可能」の意味を持つ、つまり、利用できるんだよーということを示す時は、
あなたは利用できます」となります。

 

はい。実は、これで十分なのです。シンプルが一番です。

  • シンプルな正解 ここは、休憩所として利用できます。

さあ、ここで、欲張って、もっと丁寧に!と思った瞬間から誤用が発生します。
この「利用できます」全体に「ご」をつけてしまうのですね。

 

  • 誤 ここは、休憩所としてご利用できます。

 

純粋に名詞の「利用」にだけ「ご」を付けたい場合は、「ご利用」としても良いのですが、「利用できる」全体に「ご」はつかないのです。

 

名詞の「利用」にだけ「ご」を付ける場合は、その「利用」と「できる」は別に考えなくてはいけません。

 

名詞「利用」の丁寧語は「ご利用」です。これはOKですね。
さて「できる」の敬語はわかりますか? そうですね「なれる」です。
つまりこうなります。

  • 尊敬語をきちんと利用したの正解 ここは、休憩所としてご利用になれます。

このようにシンプルな正解と、尊敬語をきちんと利用した正解があります。

同じように他の誤用も見てみましょう。すっきりしますよ!

 

2・いつでもご利用できます……これを正しく!

誤用

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます。

シンプルな正解

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでも利用できます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでも利用できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用になれます。
    この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用になれます。

美しいですよね。しかも簡単です。
では続いて、他の「聞き慣れてしまった誤用」についても変換してみましょう。

 

3・ここでは、携帯電話をご使用できます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • ここでは、携帯電話を使用できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • ここでは、携帯電話をご使用になれます。

 

4・この部屋で、誰でもご休憩できます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • この部屋で、誰でも休憩できます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • この部屋で、誰でもご休憩になれます。

 

5・ご乗車できませんので、ご注意ください。……これを正しく!

シンプルな正解

  • 乗車できませんので、ご注意ください。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • ご乗車になれませんので、ご注意ください。

 

6・こちらは、お持ち帰りできます。……これを正しく!

シンプルな正解

  • こちらは、持ち帰りできます。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • こちらは、お持ち帰りになれます。

 

7・どなたでもお気軽にご参加できますよ。……これを正しく!

シンプルな正解

  • どなたでもお気軽に参加できますよ。

尊敬語をきちんと利用したの正解

  • どなたでもお気軽にご参加になれますよ。

 

なお、自分の謙譲表現「いただく」を使う方法もあるのですが、こちらの方法ですと「させていただく」のような言葉を付けてしまう人が多く、ますます誤用になってしまう可能性も高くなるので、今回は解説しません。

 

どうでしょう?

いっそのこと「お」や「ご」を省いてシンプルな掲示物にするか、
「できる」の正しい尊敬語「なれる」をきちんと使って丁寧な掲示物にするか、それはあなたの判断です。

少なくとも「ご〇〇なれる」という謝った言葉にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こち…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「…

「こちら100円になります」はどうすれば撲滅できるの?

バイト敬語の代表として悪者扱いされた「~になります」ですが、実は「なります」そのものは正しい日本語です。では、どんな言葉に言い直せばいいのか、逆にどんな場面でど…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシー…

尊敬語のつもりで「やられた」って言ってない?それ猛烈に失礼です!

「先生、〇〇ってやられたこと、ありますか? 面白いらしいですよ」「この前、〇〇をやられたっておっしゃっていましたが、どうでしたか?」このように聞かれたことがある人、言ったことがある人は結構多いのではな…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事