【九星フラワー占い】三碧木星の2018年下半期の運勢、ラッキー月は?

2018年は火のエネルギーを司る星が、この世の中への影響力を強めている年です。火は明るさ、華やかさ、知性や発見とともに、イライラや争い、もちろん暑さというキーワードも含んでいます。あらゆることがエネルギッシュ、あるいはエネルギッシュに過ごすことが求められている年とも言えるでしょう。2018年も後半戦に入りました。その過ごし方のポイントを占います。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

成果をを急がないほうがうまくいく

朝日とともに花開き、夕方には花弁をかたく閉じてしまう朝顔。いっせいに花開く姿は明るくにぎにぎしく、そして華やかでもあります。そんな姿は三碧木星のイメージとよく似ています。新しいものが好きで、フレッシュな印象もあって、ちょっと生き急いでいるような感じも。成果や形にすることに大きな関心をよせつつも、熟成させるまでの時間を待てない、そんな三碧木星は多いと思いますが、残念ながら、今年は成果を焦るといいことはありません。

というか、上半期を過ぎて「焦って失敗したな」と思いたることがあるのではないでしょうか。

運命の足腰を強くすること!

今、三碧木星は変革の時期にきています。ステージを変えるための準備の期間です。だから、完成を目指すということは天のエネルギーの流れにのっていないということ。もちろん、ここで卒業を迎えるべきことがらは、努力をしなくても自然に実を結び、修了していきます。そして、新しいミッションが与えられはじめていないでしょうか。

ここで大切なのは、すぐにそのミッションに飛びつくのではなく、自分にそれをやり遂げるだけの、しっかりとした力があるかということ、あるいはサポーターはいるかということを考える必要があります。つまり、足元を見る、足腰をきたえるということです。

 

年下を味方につけることがラッキーを招く

また、手放すべきことを後輩や若い世代に託す必要がでてきそうです。彼らには丁寧に教えてあげてください。せっかちに「すぐに覚えて」なんて態度はNG。彼らを味方につけることが、まさにあなたの足腰を強くし、サポーターを増やすことにつながるのです。

 

2018年下半期のラッキーアイテムとラッキー月は?

ラッキーカラーは、アイボリーやブラウン系の落ち着いた土系色合いが、あなたの❝根っこ❞を強くしてくれます。

ラッキーパーソンは、年下の男性。年下なのに生意気で、教師や塾講師、人に何かを教える仕事をしている人を周囲に見つけたら、自分は運気が上がっているんだなと思ってください。実生活では、耳が痛いようなアドバイスをしてくるかもしれませんが、ありがたく聞いておきましょう。もしかしたら、恋人候補なんてこともありえます。

ラッキーフードは、とろろ芋。今年は残暑も厳しくなると思われるので、夏バテしたなと思ったら、ぜひ! 元気がみなぎってくることでしょう。

下半期もっともラッキーな月は11月!

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク