【九星フラワー占い】九紫火星の2018年下半期の運勢、ラッキー月は?

2018年は火のエネルギーを司る星が、この世の中への影響力を強めている年です。火は明るさ、華やかさ、知性や発見とともに、イライラや争い、もちろん暑さというキーワードも含んでいます。あらゆることがエネルギッシュ、あるいはエネルギッシュに過ごすことが求められている年とも言えるでしょう。2018年も後半戦に入りました。その過ごし方のポイントを占います。

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

暗い日もパッと世の中を明るくする光の存在

そろそろシーズンが終わってしまいますが、ここ最近は紫陽花にも色々な色や形のものが、道や人のお家の花壇に植えてあって、とても楽しませていただきました。血の色のように紅い紫陽花にハッとし、白いレースのような紫陽花にはそのあまりの繊細さからどれくらい咲き続けてくれるのかと勝手に心配したり、感情を揺さぶられたりしました。

雨の日、暗く重苦しい雰囲気の日も、「そんなの関係ないし!」と言わんばかりの華やかさと美しさ。やはり光を意味する星・九紫火星にふさわしい花です。

身動きが取れにくかった前半戦は終了!

2018年、世の中への影響力を高めている九紫火星。このように書くと世界の中心で自分の才能を思う存分発揮できるように聞こえるかもしれませんが、上半期は、なんとなく体が重いような感じがしたり、うまくスケジュールが調整できず、思い通りに動けなかったと感じている人は多いのではないでしょうか。

世界の中心を支えるという役割を与えられると、どの星もそうなってしまうものです。

孤独を忘れる温かい時間に身をおく時でも、このまま終わらないのが九紫火星。2018年の流れを自分なりに研究していて、そろそろ正しい動き方がわかり始めている人が多いと思います。やるべきこと、それをやるために誰の協力を得たらいいのか、必要なものをコツコツとそろえる大切さ(本当はコツコツがあまり得意ではないのですが)。これが行動に結び付くと、驚くほど人の関心があつまり、人がよってきて、物事が形になっていきます。遠くない将来これがお金にも結びつくはずです。

 

孤独を忘れる温かさに身を置く時

いつも魅力的で、人の視線を集めやすい九紫火星ですが、今年の下半期の❝惹きつけ力❞はいつもと雰囲気がちがいます。見ているだけでなく、実際に何かを一緒にやりましょうと近づいてきます。視線は感じても実態はない、という状況は時にあなたを孤独にしてきましたが、今年はしばし孤独を忘れて誰かのためにがんばり、誰かがあなたのためにがんばる、そんな温かい時間を過ごすのではないでしょうか。

2018年のラッキーアイテムと幸運月は?

ラッキーカラーはイエローやブラウン。あまり重々しくも派手にもならないように注意してください。軽快さが「楽しいことを誘ったら、のってくれそう」という印象を与え、世界が広がります。

ラッキーパーソンは、リサイクルショップに勤める人。大片づけをした際は、いらなくなった物を売りに行ってみては?

ラッキーフードですが、トマト納豆は美容にも効果的なのでおすすめ。切ったトマトと納豆にしょうゆを少々加えて混ぜるだけですが、納豆の口当たりが軽くなりサラダ感覚楽しめます。美しさは九紫火星の武器。体の中からきれいになろうと努力することは、下半期の開運アクョンです。

下半期、最強の幸運月は8月

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク