疲れているのに眠れない…40代からの「良眠できる夜の過ごし方」

寝つきが悪い、寝てもスッキリ起きられない。夜遅くに帰ってきてバタバタとベッドに入っていませんか? 寝る前のちょっとした心がけで眠りの質が高くなり、良眠できる習慣を3つご紹介します。

 

1日の終わりに。良眠できるハーブ活用法3つ

遅くに帰ってきてバタバタと寝る準備をしている人へ。
たまには早く帰宅して、寝る前の時間をゆったり過ごしてみませんか。
寝る前、自宅で過ごすときにハーブを活用してみてください。
心が落ち着いてリラックスできます。

疲れを癒す…ハーバルバス&アロママッサージ

1日の終わりには、リラックス作用のあるハーブのお風呂に入って心身の疲れを癒しましょう。入浴剤などの香りもいいですが、ハーブの精油成分はお湯に溶け出すと熱によって空中に発揮し、バスルーム全体に香りが広がります。この香りが、自律神経を調節する作用に働きかけるため、リラックス作用が高まるのです。入浴後はアロマの香りのするトリートメントオイルで肌をやさしくマッサージしたり、お風呂に入れないときにも肌をほぐすのはおすすめ!

<ハーバルバス>

・ドライハーブ…リンデンやラベンダーを使用

リンデンはハサミで細かく切っておく。布袋またはだしパックにラベンダーとリンデンを1:1の割合で入れて出来上がり。

<アロマトリートメント>

・キャリアオイル 15ml
・お好みの精油 2〜3滴

小瓶やビーカーにキャリアオイルを入れて、精油を入れてよくかき混ぜて出来上がり。

 

寝る前は…カモミールミルクティで癒されて

寝る前、リラックス効果を高めるには温かいハーブティーが最適です。香りを楽しみながらゆっくり飲むことを意識してみてください。

良眠におすすめのハーブブレンドは、カモミールミルクティー。牛乳が苦手な人は豆乳やアーモンドミルクなどで割ってみてください。

疲労を感じる日は、ハイビスカスやローズヒップ、レモンやペパーミントのブレンドがおすすめです。

枕元に…香りで癒されるサシェを(睡眠ピロー)

ベッドに入っても眠れない。気分が落ち着かない。寝つきが悪い時は、枕元にハーブのサシェが有効です。香りを感じながら呼吸することで心が落ち着いて、自然な眠りに入れますよ。睡眠ピローの役割と同じですね!

<サシェ>

・ドライハーブ ラベンダー、カモミール
・布袋、リボンやゴムなど

ラベンダーとカモミールは1:1の割合で良く混ぜ合わせて布袋に入れて、リボンやゴムで縛って完成。

準備が難しい人は、コットンにアロマ精油を垂らして枕元に置いておくだけでもほんのり香りがするので、サシェの代わりに試してみてください。コットンアロマピローは手軽なので、仕事中、リラックスしたいときなどにもデスクに置いておくだけでほのかに香る香りで頭がスッキリします。

 

眠りの質を高めるおすすめハーブたち

鎮静作用があり、不安や不眠、神経興奮などを抑えてくれるハーブをご紹介します。夜のリラックスタイムに活用してみてください。

カモミールティー、ラベンダー、バレリアン、レモンバーム、リンデン、パッションフラワー、ペパーミント

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

お家でカンタン花粉症対策。たった7mm「小指に〇〇」貼るだけで!

花粉症の皆様、対策、準備はできていますか?花粉症の原因は自律神経のバランスの乱れ。生活習慣の見直しを毎日欠かさず行うことで、症状を軽減できます。・・・・・・それ…

【3タイプ診断】毛穴にも「性格」がある!あなたの毛穴タイプとベストなケアは?

もう何やっても改善しない! 毛穴の黒ずみ、ボツボツが目立ち、メイクをしても皮脂が出るとメイクが崩れて余計老けて見えてしまう。ファンデーションで隠そうとすると黒ずみが余計目立つし、皮脂もたまる。お手入れ…

マッサージよりも変化あり!? 1日1回「顔ストレッチ」でたるみ改善

いつまでも若いつもりだったのに、ある日、自分のたるみに気づいてしまった…。そのたるみ、これまでの習慣が影響しているかもしれません。たるみをケアするためにマッサージをがんばっているあなた、顔のたるみを改…

過労やアレも「ニオイ」の元に!40代女性の体臭3悪要因とカンタン対策

40代になると体型だけでなく「体臭」も気になり始める年齢に。加齢臭は男性だけではなく、実は女性も気をつけなければいけないニオイ。特に女性ホルモンが減り始める35歳ころから注意が必要なのだそう。今回は女性の…

スッキリしない理由はコレ! 40代女性の「プチ不調」5つ、悩み別対処法をチェック!

毎日忙しく働く女性は「プチ不調」でお悩みの人も多いですよね。それが健康や美容面だったり、はたまた人間関係や恋愛事情だったり…。今回は女性に多い「プチ不調」と「お悩み解消のためのヒント」をご紹介します!…

頭ほぐしで頭皮のコリを解消!リフトアップが期待できるマッサージポイント4つ

頭がいつも重いという人、頭皮を触るとカチカチではありませんか?そんな人は「顔を引き上げる力」が落ちぎみです。頭のこりを解消すれば、顔も自然とリフトアップされるんです。今回は頭のこりの要因から自分ででき…

1分美容でツヤ肌に! 夏のテカリ顔を解消するお手入れ法3つ

若さの象徴とも言える肌の“ツヤ”。でも30代すぎた肌は“ツヤ”なのか、“テカリ”なのか。“テカリ”は朝のスキンケアから時間が経つと肌水分が不足するため、肌表面がテカテカしてきます。一方で、テカリすらなくなり肌が…

気になる「口臭」を予防! 手軽にスッキリできる3つの対策

アーユルヴェーダで有名なオーラルケアの方法にココナッツオイルを使用したオイルプリングがあります。そのほか、自然食材を活用して口臭を予防する方法など、ナチュラルな方法で口内をキレイに保つコツをピックアッ…

夏の【ワキ・頭・足】のくっさーいニオイをナチュラル素材でラクに撃退

たくさん汗をかく夏の悩みのひとつが匂い。人の匂いに敏感だったりするけれど、自分が発する匂いになると慣れてしまって気づかない…ということありますよね。そこで今回は植物のハーブやアロマを活用して、夏に多い…

手持ちのコットン+化粧水でOK、夏肌にはこまめな「フェイスパック」が効く

夏、外遊びで日焼けをした肌は水分が奪われているため、肌はカラッカラ状態。この時期、普通にしていても肌の水分は失われているため、いつもと変わらないスキンケアでは、肌水分は足りません。また夏のスキンケア次…

40代なら1日1杯!「飲むアンチエイジング」糖化をケアする飲み物3つ

薄着シーズン本番前に、体を絞る運動やダイエットのために食事を工夫する人が多い時期。今回は、インナービューティケアとして体と肌にたくさんのメリットがある食べ物を紹介いたします。40代、50代以降の老化対策や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事