松居一代が見誤った、船越栄一郎「静かなるオトコ」の復讐心とは

タレントの松居一代(以下、カズヨ)が、元夫である俳優・船越英一郎に名誉棄損で訴えられ、書類送検されました。

 

船越に離婚調停を起こされたカズヨが「彼のウラの顔を暴く」と言い出し、「彼はカツラ」「バイアグラを飲んでいる」といった具合に、動画で暴露するカズヨは本当に怖かった。しかしながら、トータルで見ると、船越のほうが断然怖い、もっと言うと、オトコならではの復讐だと思うのです。

 

怖いオトコというと、みなさんはどんな人を想像するでしょうか。腕っぷしが強そうだったり、威圧感を出してくる男性を連想する人もいるでしょうが、私にっての怖いオトコは、「癒し系」もしくは「なんでもはいはい聞いてくれるオトコ」、つまり船越タイプなのであります。

 

なんでも言うことを聞いてくれるオトコの復讐ほど、すさまじい

美人と非イケメン。大手企業勤務の女性と、学歴も収入も女性より下の男性。世の中にはこういう「女性上位」なカップルがいます。女性たちはパートナーを選んだ理由を「癒される」「優しい気持ちになる」と説明します。もっと上の男性とつきあえるのに、あえて自分を選んでくれたわけですから、男性はますます優しくなり、彼女の言いなり彼氏化するパターンも見られます。

 

しかし、こういうカップルが結婚を考えた時、女性側の腰がひけてしまうのです。学歴も収入も下な男性を親に紹介してがっかりされたらどうしよう。友達に笑われると、女性たちは逡巡します。当然、結婚の話を避けるようになるわけですが、私の周囲に限って言うと、こういうカップルは女性側がフラれて終わるのです。ある日、突然男性に別れを切り出され、「実は結婚する」と言われてしまう。自分は愛されていた自信があるだけに、女性は激しく狼狽しますが、時すでに遅し。

 

自分一筋だと思っていた癒し系の彼氏が、こっそり二股をかけて、いつのまにか結婚の約束までとりつける手際の良さと行動力に驚くばかりですが、私はこれがオトコの復讐の典型であり、怖さだと思うのです。男性側に直接話を聞いたわけではないので推測にすぎませんが、おそらく男性は女性側が自分と結婚したいと思っていないこと、自分を下に見ていることに気づき傷つき、こっそりと準備を始めていたのだと思うのです。

 

結婚願望のある女性が、彼氏に結婚をせっつく時、彼氏を責めたり、他の男性の存在をちらつかせたりすることがありますが、癒し系の男性はすべてを無言のうちに準備します。オトコの復讐は、まるで天災のように何の前触れもなく、ある日どかーんとやってきて、すべてをなぎたおしていくのです。

 

カズヨの刑事告訴は、偶然なのか?

船越も私には復讐する「怖いオトコ」に見えます。

 

カズヨは嫉妬深く、各バラエティー番組で、女性の連絡先が入った携帯を折ったり、熱湯で煮たり、船越が映画を見ていて、自分と会話をしてくれないと、テレビの線をはさみで切ったなどといったエキセントリックエピソードを披露しています(ちなみに、テレビの線を切った時、カズヨは感電してぶっ倒れたそうです)。

 

フツウの男性だったら、こんなことをされたら怒りそうなものですが、船越は特に怒っている様子はなく、「家庭では奥さんの言うことを聞いたほうがいいと思う」と言いなり夫に徹していました。

 

カズヨが錯乱しても、船越は一切反論することなく、沈黙を守りました。あんな奥さんじゃ、別れたくなるのも無理はないと世間は船越に同情的だったように感じています。

 

しかし、この離婚劇の本当のヤマはここではないと私は思うのです。カズヨの動画による暴露を受けて、船越は2017年の夏にカズヨを民事と刑事で告訴しています。しかし、離婚が成立する際、プライバシーの暴露をこれ以上しないことを条件に民事での訴訟は取り下げたものの、刑事はそのままにしておいたそうなのです。だからこそ、今、警察が取り調べて書類送検になったわけですが、船越が刑事告訴を取り下げなかったのは「たまたま」なのでしょうか?

 

民事裁判とは、個人と個人のもめ事を解決するために、裁判所に判断をゆだねるものです。私のようにフリーランスで活動していると、ある程度はよくある話ですが、刑事事件は違います。国家権力に取り調べられ、場合によっては犯罪者となってしまうのです。有名人にして、高額納税者であるカズヨが、お縄を頂戴するかもしれない。カズヨにとってこれ以上の屈辱はないと思います。船越は自分の手を汚さずに、カズヨに復讐したと見ることもできるのではないでしょうか。

 

この離婚を条件面で考えると、船越は望み通り離婚できました。財産分与もありません(正確には、船越が持つカズヨ御殿の権利1/5をカズヨが買い取る形で決着)。NHKはスキャンダルを嫌いますが、レギュラー番組「ごごナマ」を降板することもありません。仕事もカネも船越は失っていないのです。晴れて独身となり、「ごごナマ」で「そろそろ恋がしたい」と話すほど、絶好調です。

 

自分の言うことをなんでも聞いてくれるオトコ、癒し系で逆らわないオトコは、夢のような存在ですが、そういう優しい人ほど怒らせると怖い。そう思えてならないのです。

 

仁科友里が斬る#オンナの生きざま

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。“勝つ不倫”ができるオンナとは……“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つ…

高嶋ちさ子、「オンナに性格の良さはいらない」新バラエティ女王の結論

外見の美しさが女性の人生に与える影響を否定する人は、いないでしょう。暗黙の了解として美貌を持たない人が就けない職業はありますし、「言ってはいけない残酷すぎる真実」(新潮新書)によると、美人はブスより生…

亜希、清原ブランドを捨てた女がそれでも「幸せ」と言えるワケ

モデルの亜希の新刊「亜希のことば 私を笑顔にしてくれるヒト・コト・モノ」(講談社)の売れ行きが好調で、重版が決定したそうです。タイトルどおり、亜希の好きなものについて綴られたエッセイですが、その中に「…

IKKO、自筆の手紙と手みやげにみる「オンナの気配り」の盲点

昔話で恐縮ですが、今から20年くらい前、私が社会に出たころの「女性のための社会人マナーブック」的なものを読むと、やっぱり時代が全然違うと感じるのです。内容を一言で表すと「気をつかえ」。お金をもらっている…

中山美穂、黄昏80年代アイドルがイメージ挽回してオンナを上げる方法

新しいドラマが始まると、視聴率や視聴者の意見が織り込まれた記事が出ます。あるネットニュースで、女優・中山美穂が出演する「黄昏流星群」(フジテレビ系)についての記事を読んでいたところ、「(中山は)不倫を…

梅宮アンナ「離婚はいいことだらけ」発言から考えるオトナになれないオンナ

タレントの梅宮アンナが自身のインスタグラムに「離婚はいいことだらけ」と書いて、ネット上でバッシングを受けています。アラフォーにはおなじみ、梅宮アンナですが、ご存知ない方もいるかもしれないので、アンナの…

鈴木保奈美、第二次ブームで思い出される「90年代自傷型ヒロイン」の呪い

芸能人は芸能人であることを、決してやめられない生き物だと私は思っています。90年代、若手トップ女優だった鈴木保奈美(以下、ホナミ)が、ことあるごとに「女優がむいていない」「私はスーパーと家の往復で幸せに…

石田ゆり子、「愛されるアラフォー独身」で生き残り続けられるワケ

たくさんの人がデビューして、そして消えて行く芸能界。若い時に名前を売り、数字を稼ぎ、年をとってからペースダウンするのが標準です。しかし、不思議なことに、若い時そうでもなかった人が、中年以降に頭角を表す…

国生さゆり「ちょうどイイだめんず」を引き続ける唯一無二の才能

人生100年とも言われる時代、アラフォーは折り返し地点を迎えたと言えるでしょう。前半戦を振り返って、人によってはああすればよかった、こうすればよかったと思うことがあるかもしれません。それは華やかに見える…

安室奈美恵、永遠の歌姫がいまあのチェックのスカートをはいたワケ

平成のディーヴァ、安室奈美恵が9月16日に引退しました。女性芸能人が無名のまま終わるか、それともスターとして大成するかどうかは、才能はもちろんのこと、時代性や応援してくれる力の強さ(事務所など)があるで…

叶姉妹、ネットでの再ブレイクは偶然ではない。その裏にあるワケとは

美尻のための筋トレ、肉食、膣トレ、VIO脱毛、ポリアモリー(複数愛)。最近の女性誌でよく見る言葉を、20年前にこれらを当然のこととしていた人がいることをご存知でしょうか。叶姉妹です。鮮烈なデビューを飾った…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事