松居一代が見誤った、船越栄一郎「静かなるオトコ」の復讐心とは

タレントの松居一代(以下、カズヨ)が、元夫である俳優・船越英一郎に名誉棄損で訴えられ、書類送検されました。

 

船越に離婚調停を起こされたカズヨが「彼のウラの顔を暴く」と言い出し、「彼はカツラ」「バイアグラを飲んでいる」といった具合に、動画で暴露するカズヨは本当に怖かった。しかしながら、トータルで見ると、船越のほうが断然怖い、もっと言うと、オトコならではの復讐だと思うのです。

 

怖いオトコというと、みなさんはどんな人を想像するでしょうか。腕っぷしが強そうだったり、威圧感を出してくる男性を連想する人もいるでしょうが、私にっての怖いオトコは、「癒し系」もしくは「なんでもはいはい聞いてくれるオトコ」、つまり船越タイプなのであります。

 

なんでも言うことを聞いてくれるオトコの復讐ほど、すさまじい

美人と非イケメン。大手企業勤務の女性と、学歴も収入も女性より下の男性。世の中にはこういう「女性上位」なカップルがいます。女性たちはパートナーを選んだ理由を「癒される」「優しい気持ちになる」と説明します。もっと上の男性とつきあえるのに、あえて自分を選んでくれたわけですから、男性はますます優しくなり、彼女の言いなり彼氏化するパターンも見られます。

 

しかし、こういうカップルが結婚を考えた時、女性側の腰がひけてしまうのです。学歴も収入も下な男性を親に紹介してがっかりされたらどうしよう。友達に笑われると、女性たちは逡巡します。当然、結婚の話を避けるようになるわけですが、私の周囲に限って言うと、こういうカップルは女性側がフラれて終わるのです。ある日、突然男性に別れを切り出され、「実は結婚する」と言われてしまう。自分は愛されていた自信があるだけに、女性は激しく狼狽しますが、時すでに遅し。

 

自分一筋だと思っていた癒し系の彼氏が、こっそり二股をかけて、いつのまにか結婚の約束までとりつける手際の良さと行動力に驚くばかりですが、私はこれがオトコの復讐の典型であり、怖さだと思うのです。男性側に直接話を聞いたわけではないので推測にすぎませんが、おそらく男性は女性側が自分と結婚したいと思っていないこと、自分を下に見ていることに気づき傷つき、こっそりと準備を始めていたのだと思うのです。

 

結婚願望のある女性が、彼氏に結婚をせっつく時、彼氏を責めたり、他の男性の存在をちらつかせたりすることがありますが、癒し系の男性はすべてを無言のうちに準備します。オトコの復讐は、まるで天災のように何の前触れもなく、ある日どかーんとやってきて、すべてをなぎたおしていくのです。

 

カズヨの刑事告訴は、偶然なのか?

船越も私には復讐する「怖いオトコ」に見えます。

 

カズヨは嫉妬深く、各バラエティー番組で、女性の連絡先が入った携帯を折ったり、熱湯で煮たり、船越が映画を見ていて、自分と会話をしてくれないと、テレビの線をはさみで切ったなどといったエキセントリックエピソードを披露しています(ちなみに、テレビの線を切った時、カズヨは感電してぶっ倒れたそうです)。

 

フツウの男性だったら、こんなことをされたら怒りそうなものですが、船越は特に怒っている様子はなく、「家庭では奥さんの言うことを聞いたほうがいいと思う」と言いなり夫に徹していました。

 

カズヨが錯乱しても、船越は一切反論することなく、沈黙を守りました。あんな奥さんじゃ、別れたくなるのも無理はないと世間は船越に同情的だったように感じています。

 

しかし、この離婚劇の本当のヤマはここではないと私は思うのです。カズヨの動画による暴露を受けて、船越は2017年の夏にカズヨを民事と刑事で告訴しています。しかし、離婚が成立する際、プライバシーの暴露をこれ以上しないことを条件に民事での訴訟は取り下げたものの、刑事はそのままにしておいたそうなのです。だからこそ、今、警察が取り調べて書類送検になったわけですが、船越が刑事告訴を取り下げなかったのは「たまたま」なのでしょうか?

 

民事裁判とは、個人と個人のもめ事を解決するために、裁判所に判断をゆだねるものです。私のようにフリーランスで活動していると、ある程度はよくある話ですが、刑事事件は違います。国家権力に取り調べられ、場合によっては犯罪者となってしまうのです。有名人にして、高額納税者であるカズヨが、お縄を頂戴するかもしれない。カズヨにとってこれ以上の屈辱はないと思います。船越は自分の手を汚さずに、カズヨに復讐したと見ることもできるのではないでしょうか。

 

この離婚を条件面で考えると、船越は望み通り離婚できました。財産分与もありません(正確には、船越が持つカズヨ御殿の権利1/5をカズヨが買い取る形で決着)。NHKはスキャンダルを嫌いますが、レギュラー番組「ごごナマ」を降板することもありません。仕事もカネも船越は失っていないのです。晴れて独身となり、「ごごナマ」で「そろそろ恋がしたい」と話すほど、絶好調です。

 

自分の言うことをなんでも聞いてくれるオトコ、癒し系で逆らわないオトコは、夢のような存在ですが、そういう優しい人ほど怒らせると怖い。そう思えてならないのです。

 

仁科友里が斬る#オンナの生きざま

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプライズのプレゼントとして高級ブランドのバ…

市川海老蔵、スターが抱える宿命。彼を取り巻く三人のオンナたち

前世がどうとか、守護霊が誰とか言われると、へぇとかほおと言いながら鼻をほじってしまう私ですが、それでは科学で解明できないことは信じないかというと、そういうわけでもなく、むしろ縁やめぐりあわせを強く信じ…

小池百合子、学歴疑惑の再燃に見る「オンナ同士のケンカのお作法」

社会人として生活していると、大なり小なり不正を目にすることはあるのではないでしょうか。私が会社員をしていたころ、家族との食事代を平気で接待費で落としている上司がいましたし、ライターになってからはある売…

長谷川理恵、結婚記念日のあの豪華インスタに見る「愛される女の極意」

芸能人の経済力を物語る企画に、仕掛けが施されていると感じることがあります。たとえば、美容家のIKKOは軽井沢の豪華な別荘を公開して、どんだけ稼いでるんだと経済力のすごさを見せつけますが、「みなさんのおかげ…

仁香、42歳シングルマザーが26歳カメラマンとうまく行くと思うワケ

モデルの仁香が16歳年下のカメラマン・柴田翔平氏との交際を明らかにし、話題を呼んでいます。仁香が42歳、彼が26歳とだいぶ年の差があることに加え、仁香がシングルマザーであることから、ネットではお決まりの「ど…

RIKACO、元祖サバサバタレントから考える オンナがサバサバ化するワケ

バラエティー番組では、正反対の性質をぶつけて比較することが多くあります。オトコvsオンナ、モテvs非モテというのが代表的なケースですが、このパターンだと展開がありきたりで、マンネリを迎えるのが早くなるとい…

メーガン・マークル、米バツイチ女優がプリンセス向きだと思うワケ

世界中の注目を集める中、イギリス王室のヘンリー王子と、アメリカ人女優・メーガン・マークルのロイヤルウェディングが先週行われました。プリンスと女優の交際は珍しいものではありませんが、結婚となると話は別で…

高橋由美子、チープ不倫をもたらしたバラエティーの呪い

週刊文春(文藝春秋社)が今年の三月に女優・高橋由美子の不倫を報じました。同誌によると、高橋は実業家男性と渋谷で痛飲し、歌舞伎町のラブホテルに入っていく姿をスクープされていましたが、私にとってあまり意外…

大橋未歩、10歳年下夫との円満再婚に見る「男断捨離力」の重要性

元テレビ東京アナウンサー・大橋未歩がフリーに転向し、多くのバラエティー番組に出演しています。大橋と言えばテレ東を代表する人気アナウンサーですが、「ワールドビジネスサテライト」を担当する大江麻理子アナが…

伊藤綾子、匂わせ戦法に見る「ムリめなオトコ」の賢い落とし方

恋愛よりも婚活のほうがずっと簡単だと私は思います。なぜなら、婚活(結婚)はパターンだから。ですから、交際する段階で、だいたいの結末が予想できます。これはちょっとムリめだな、でも、どうしてもあきらめたく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事