ハイヒールが痛い人!靴選びと歩き方を変えましょう。プロが教える簡単な2つの対策

魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。

履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。

スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。

かかとが高くなるとふくらはぎのラインも引き締まり、色っぽくなります。

その代償とも言えるデメリットは?

 

でも、メリットの分だけデメリットがあります。

まずは、痛みや疲労感ですよね。

つま先や指の付け根の痛み、ふくらはぎや足首の披露。辛い経験は誰しもが経験していると思います。

 

おまけに早く歩けず、長時間も辛く行動に制限も出ます。

 

しかし、女性は敢えて履くのです!

 

冒頭で書いたように「いいオンナ・できるオンナ」度をアップするために。

 

せっかく辛い思いをして履くのなら、そのメリットを確実に手に入れて、

デメリットをできるだけ軽減して笑顔でエレガントに履きこなしましょう!

 

ヒール高の分だけ身長が伸びるわけではない

多くの方はハイヒールを履くことを考えた時に、

暗算で「これを履いたら私の身長は○○センチになるっ!」と考えますが…

 

しかし!

必ずしもハイヒールの高さ分だけ伸びた身長にはなりません。

 

皆さんご自分の身長はご存知だと思いますが、

健康診断などで身長を測る時は、少しでも高い身長を記録したいという思いからシャキッと立ちますね!

この時だけは猫背が治ってしまうくらいに(笑)。

 

また、頭の向きなど、計測してくれる人のアシストもあることでしょう。

 

とても大事なのは、

ハイヒールを履いた状態でもそのようにまっすぐ立つことができるか?

そして歩き続けられるか?

この2点なのです。

 

試着のとき鏡で見た「理想の姿」を保つのが難しい

 

7センチのヒールでしたら、自分の身長が7センチアップすると思って、購入すると思います。

 

163センチの身長ならばプラス7センチで、

170センチになると多くの方が思っているはずです。

 

でもこれが大きな間違いなのです……。

 

ショップで出会った素敵なハイヒールを試着して、

一瞬だけ集中してポーズを決めて鏡に写った自分の姿はそう見えても、

いざ歩くとそうは見えなくなってしまいます。

 

実質170センチのはずがそう見えないよう邪魔をしてくるのはやはり「姿勢」です。

日本人に多い猫背ですが、真っ直ぐに立つのと猫背では、どのくらい身長が低く見えるのか?

 

私が実際に猫背になってみて、生徒のみなさんにお聞きしてみたら、

3センチから10センチも低く見えると言われました。

10センチならまだしも、背中が腰から曲がる事も考えられます。

 

猫背を放っておくと、将来的には、数十センチくらい低く見えてしまう場合もあります。

私達の親世代によく見られる姿勢です。

人間の体はそれほど癖が染み付きます。

 

猫背だけではなく、首が前に出ている女性も多く、その場合も2センチから3センチくらい背が低く見えてしまいます。

姿勢良く携帯を見る時とうつむいて見る時では、頭の位置が大きく変わる事は、

なかなか自分でも気がつかないものです。

 

更にヒザを曲げてしまうと3センチは低く見えます。

これら全てが合わさってしまいますと、最低でも8センチは低く見えてしまうなんて!

 

7センチのハイヒールを履いても猫背で首を前に出してヒザを曲げると、

163cm-8cm

と、差し引くとマイナス1センチです!

 

背が高く見えないどころか、逆に残念な姿になってしまいます。

 

では、どうすれば痛くない靴を選べるの?次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事