ハイヒールが痛い人!靴選びと歩き方を変えましょう。プロが教える簡単な2つの対策

魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。

履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。

スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。

かかとが高くなるとふくらはぎのラインも引き締まり、色っぽくなります。

その代償とも言えるデメリットは?

 

でも、メリットの分だけデメリットがあります。

まずは、痛みや疲労感ですよね。

つま先や指の付け根の痛み、ふくらはぎや足首の披露。辛い経験は誰しもが経験していると思います。

 

おまけに早く歩けず、長時間も辛く行動に制限も出ます。

 

しかし、女性は敢えて履くのです!

 

冒頭で書いたように「いいオンナ・できるオンナ」度をアップするために。

 

せっかく辛い思いをして履くのなら、そのメリットを確実に手に入れて、

デメリットをできるだけ軽減して笑顔でエレガントに履きこなしましょう!

 

ヒール高の分だけ身長が伸びるわけではない

多くの方はハイヒールを履くことを考えた時に、

暗算で「これを履いたら私の身長は○○センチになるっ!」と考えますが…

 

しかし!

必ずしもハイヒールの高さ分だけ伸びた身長にはなりません。

 

皆さんご自分の身長はご存知だと思いますが、

健康診断などで身長を測る時は、少しでも高い身長を記録したいという思いからシャキッと立ちますね!

この時だけは猫背が治ってしまうくらいに(笑)。

 

また、頭の向きなど、計測してくれる人のアシストもあることでしょう。

 

とても大事なのは、

ハイヒールを履いた状態でもそのようにまっすぐ立つことができるか?

そして歩き続けられるか?

この2点なのです。

 

試着のとき鏡で見た「理想の姿」を保つのが難しい

 

7センチのヒールでしたら、自分の身長が7センチアップすると思って、購入すると思います。

 

163センチの身長ならばプラス7センチで、

170センチになると多くの方が思っているはずです。

 

でもこれが大きな間違いなのです……。

 

ショップで出会った素敵なハイヒールを試着して、

一瞬だけ集中してポーズを決めて鏡に写った自分の姿はそう見えても、

いざ歩くとそうは見えなくなってしまいます。

 

実質170センチのはずがそう見えないよう邪魔をしてくるのはやはり「姿勢」です。

日本人に多い猫背ですが、真っ直ぐに立つのと猫背では、どのくらい身長が低く見えるのか?

 

私が実際に猫背になってみて、生徒のみなさんにお聞きしてみたら、

3センチから10センチも低く見えると言われました。

10センチならまだしも、背中が腰から曲がる事も考えられます。

 

猫背を放っておくと、将来的には、数十センチくらい低く見えてしまう場合もあります。

私達の親世代によく見られる姿勢です。

人間の体はそれほど癖が染み付きます。

 

猫背だけではなく、首が前に出ている女性も多く、その場合も2センチから3センチくらい背が低く見えてしまいます。

姿勢良く携帯を見る時とうつむいて見る時では、頭の位置が大きく変わる事は、

なかなか自分でも気がつかないものです。

 

更にヒザを曲げてしまうと3センチは低く見えます。

これら全てが合わさってしまいますと、最低でも8センチは低く見えてしまうなんて!

 

7センチのハイヒールを履いても猫背で首を前に出してヒザを曲げると、

163cm-8cm

と、差し引くとマイナス1センチです!

 

背が高く見えないどころか、逆に残念な姿になってしまいます。

 

では、どうすれば痛くない靴を選べるの?次ページ

スポンサーリンク

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

植松晃士 やっちゃダメ!40代カジュアルの「痛い3点セット」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。「花とみつばち」の続編。どういう自己投資をするべきか、どういう大人の女性になるべきかを指南させていただきたいと思います。旬の…

植松晃士 脱・無難おばさん! この春40代が取り入れるべき「3つの流行キーワード」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月ともなると春ファッションの特集を組んでいたりしますが、実際問題としてはまだ寒いですよね?春物は「靴とバッグ」から取り入れ…

私に似合う色は? パーソナルカラー診断の「カラーチャート」見本帳

自分に似合う色を知りたい、そんな方にオススメなのが「パーソナルカラー診断」です。似合う色=パーソナルカラーを身につけると、肌がキレイに見えたり、イキイキして見え…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパン…

植松晃士 40代からの「秋トレンド」取り入れかた2018 ─昭和なオバタリアンにならないために─

みなさん、こんにちは。植松晃士です。過酷な夏も過ぎ、朝晩は秋の気配を少しずつ感じますね。今回は“レディーを高める秋”と題して、40アップの女性たちにファッションアド…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女…

植松晃士 40代がセールで「買っていいもの、ダメなもの」2018

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に半年が過ぎました。6月後半あたりから、セールが始まってますよね。毎年9月10月くらいまで「もしかして、まだ夏?!」と…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に…

植松晃士 コレで解決!「品がいい」ファッションに大切な3つのこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。年末行事のひとつとして、前回は「ベストコスメ」をお送りしました。今回はファッション編で、“品”というものを考えてみたいと思いま…

【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?答えは「体重」です(笑)。誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて2~3kg太っても、1週間程…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

女性に多い「冷え性」。暖房機器メーカーのリンナイの調査によれば、実に女性の約80%が冷え性を自覚しているそうです。意外なことに男性も約40%が冷えを自覚しているそうですが、ともあれ女性は「倍くらい冷えてい…

肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。何よりも、老けて見えてしまうのがネックです………

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事