親が元気なうちにこれだけは確認して!兄弟姉妹間の相続対策

『姉妹(兄弟)は仲がいいから大丈夫!』

 

そんなことを思っていても、いざ親が他界し相続がはじまった際、特にお金をめぐってのトラブルはよく起こります。

 

そんなトラブルを避けるために、親が元気のうちにやっておくべきことには、いったいどんなことがあるのでしょうか?

 

早めに準備しておくべき姉妹(兄弟)間の相続対策について、紹介していきます。

 

やっておくべき姉妹(兄弟)間の相続対策

Q.親はまだ元気ですが、いずれ起きる相続で姉妹(兄弟)ともめないためにしておいたほうがいいことを教えてください。姉が1人いて結婚して子供がいます。私は独身です。

このようなケースにおいて、親が元気なうちからやっておくべきことを考えてみましょう。

 

特別受益を確認しておく

例えば、姉が持家の購入費用を親から支援してもらっているような場合や多額の金銭的補助を受けているような場合は、その分ご自身が多めに相続財産を受け取れるよう交渉することができます。

 

民法ではこのような相続の前渡しと評価し得る多額の贈与を受け取った場合、それを『特別受益』と評価して、遺産分割の際に考慮することになっています。

 

共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。

引用元:民法903条

 

例えば、姉が援助金として600万円を受け取っており、親の相続財産が3,000万円だった場合、分割する財産総額は、2つを足した3,600万円として計算します。

 

この場合の遺産分割は、それぞれ以下のようになります。

 

姉:3,600万円(相続財産総額)×2分の1(兄弟姉妹の人数)-600万円(特別受益)=1,200万円

 

あなた:3,600万円(相続財産総額)×2分の1(兄弟姉妹の人数)=1,800万円

 

あらかじめ、特別受益があったかは確認しておきましょう。

 

遺言の作成を親に依頼しておく

遺言書がない場合、相続割合は法律に従って決まります。もし、親の意思を相続に反映させたいのであれば、遺言を作成する必要があります。

 

姉妹(兄弟)間でトラブルとなるのは遺言がない場合がほとんどです。このような事態を未然に防ぐためにも、きちんとした遺言書を作成すべきでしょう。

 

遺言書の作成を生前に依頼するのは気が向かないかもしれませんが、生きている間に親の意思を聞いておくことはとても大切です。

 

寄与分を考慮する

親の介護など、『どれだけ親に貢献(寄与)していたか』ということも大切です。

 

民法では寄与分ついて、このように記載されています。

 

共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、第九百条から第九百二条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする。

引用元:民法904条の2

 

また、寄与分を受け取るためには、特別の寄与であると認められる必要があり、親族間の不要の範囲を超えない場合は、寄与分とはなりません。

 

寄与分についての詳しい内容については、こちらの記事をご参照ください。

参考:寄与分を獲得したい人が知るべき8つの知識|認められるケースと事例

 

 

財産隠しがないか確認しておく

姉が両親と同居していて、あなたは長らく疎遠だった場合。そういったケースでは、親の財産がどれだけあるのかはわかりませんし、もしかしたら姉が親の財産を隠しているかもしれません。

 

相続がはじまってから、親の財産があまりにも少ないということに気づく可能性もありますので、姉と疎遠になっているのであれば、財産を隠されていることもあり得るということは、頭に入れておいた方がよいでしょう。

 

『姉のことを疑う』ということではなく、『財産隠しは起こり得る』ということです。

 

ご自身で財産隠しを突き止めることは難しいですが、税務署の資料から見つかることもあります。なお、このような事態を回避するために、親の生前に、何がどのくらいあるのかを書面等で整理しておくのが大切かもしれません。

 

まとめ

いざ相続が開始されると、それまで仲の良かった姉妹(兄弟)が、トラブルによって絶縁してしまうという可能性もあり得ます。

 

そんなことが起こらないように、必ず発生する相続に関しては、親が元気なうちからしっかりと話し合っておくことが大切ですね!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていること…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

お財布も身体も激やせ⁉「断金ファスティング」の簡単な方法 

半日から数日間食事をとらずに我慢し、体内環境をリセットする、という断食「ファスティング」が話題となっています。これと同様に、「お金を使うことを断つ」という断食な…

15年間ほったらかし積立で500万円!手取り22万ずぼら女性が成功した理由

世の中NISAだiDeCoだ騒いでいるけれど、そもそも何?面倒だしよくわからないからまあいいやと思うなかれ。ほったらかし積み立てでかなり増やした「ずぼら女子」のサクセス…

退職したいけど認めてもらえない!どうしたらいい?

「辞めたい」と会社に伝えても、なかなか辞めさせてくれない場合、どうすればよいのでしょうか?会社側から、「辞められたらみんなに迷惑がかかる」「損害賠償を請求するぞ」などと言われたら、なかなか行動に移すこ…

それ、私のお金…!!元婚約者との共同預金は誰のもの?

今年で同棲1年を迎え、付き合って2年の記念日である9月に結婚の約束をしました。7月に約束し、両親への挨拶、式場の下見まで済ませた彼なのに、急にうまくいかなくなって、別れてしまいました…。それ自体、すごく…

知っておきたい「ノルマ達成」合法・違法の分かれ道って?

土日はしっかりと休むことができ、安定した給料をもらえるというイメージの強い郵便局。しかしその実態は、ブラック企業ともいえるほど、劣悪な面もあわせ持っているようです。実は、日本郵便株式会社は、2016年のブ…

そんなのアリ⁉ セックスレスを理由に離婚を迫られた夫婦

結婚したいけど、年齢や体力的にセックスしたくない人も少なくないと思います。しかし、セックスレスが不倫や離婚の原因になってしまうことも少なくありません。たとえ、結婚前に「セックスなしでいいよ」と約束して…

掛け持ち仕事の給与を払ってもらえない。どう交渉すればいい?

「社会福祉法人に勤めています。そこの理事長が株式会社も経営していて、そこの仕事もしています。社会福祉法人からは給与が出ていますが、株式会社の方から給与は出ていません。掛け持ち仕事をしているせいで毎日の…

結婚の予定をはぐらかされる…私から婚約破棄して慰謝料請求できる?

結婚を何度も延期されれば、早く結婚したい人は、婚約破棄も考えるかもしれません。相手が何度も結婚を先延ばしにするのに対し、婚約を解消せざるを得なくなった場合、婚約破棄できるのでしょうか? また、慰謝料の…

女同士でもセクハラになる!こんな言葉にご注意

『セクハラ』というと、一般的には男性が女性に対してやってしまうことという印象があるでしょう。ですが実際には、かなり限定的なケースではありますが、同性間でもセクハラは起こり得るということをご存知でしょう…

「副業禁止」の副業の範囲って、どこからどこまで?

一般的には、副業はよくないものとして認識されているかもしれません。しかし、一言で『副業』といっても、いったいどこからどこまでが副業で、どこからがアウトなのでしょうか?最近では、副業が解禁される流れにも…

元カレが合鍵を返してくれない…強制的に取り戻す唯一の方法

別れたカレがいつまでも合鍵を持っていたら、安心して外出できませんよね。また、「こっそり家に入られてたら…」と思うと、怖くて家に帰るのも怖くなるのではないでしょうか。実際に、外出中に元カレが家に侵入して…

コンビニバイトに「買い取りノルマ」が!これって違法じゃないの?

「明日までに全員で30個売りましょう!」チームを鼓舞するような店長の言葉は、時に人を追い込むプレッシャーの言葉へと変貌します。目標が達成できなかった場合、気持ちの優しい人は特に、『自分で買い取ろう』と思…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事