気づけば男が引いていた!? 「育ちが悪い40代女」と思われるダメファッション3例

40代になったとしても、男性たちからは「育ちが悪そう」と思われるよりも「育ちが良さそうな女性だ」と思われたほうが嬉しいのが、私たち女性の本音。

他方で、巷の男性たちが第一印象で抱く感想って意外と辛辣でもあるだけに、出会いの場面では女性が思っている以上に、自己ブランディングって大事なのかもしれません。

そんな第一印象でのイメージを大きく左右するもののひとつには、“服装”も挙げられます。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが女性がなにげなく手にしがちだけれど、男性から見ると「育ちが悪そうな人だな~」と感じがちな40代女性のファッションに迫ります。

 

気づけば育ちの悪い40代女に…1:胸もとのあいているトップス

 

今年の夏は、まさに「酷暑」という言葉がふさわしいほど、連日凄まじい暑さに見舞われています。

そこでファッションでも「少しでも“涼”を求めよう」とばかりに、普段より通気性のいいトップスを手に取りたくなる女性だって少なくない実情も。

ところが胸もとがあいている洋服は、女性が思う以上に男性の視線を集める典型でもあり、さらにはポジティブな評価ばかりが下されるとは限らないデンジャラスの極みなのです。

男性にヒアリングしてみると、女性に“奥ゆかしさ”を求めたがる性格の男性ほど「あんなに胸もとを見せるなんて、下品な女だなぁ」などと、相当に辛辣な本音を抱いている傾向にもあります。

「男性は、胸もとがあいている服を着ている女性を歓迎する」というのは、女性にありがちなちょっとした誤解でもあり、むしろ真剣交際の相手を探している大人な男性ほど、“露出”を感じさせるファッションに嫌悪感を抱く傾向のほうが強いと言っても過言ではありません。

どんなに美しいデコルテの持ち主でも同様で、自慢のバストであったとしても“積極的に披露している感”が出てしまった時点で「アウト!」になりやすい実態にあります。

 

気づけば育ちの悪い40代女に…2 :ロゴもののTシャツやスウェット

 

このところのアスレジャーブームとともに、ちょっとしたロゴやメッセージが描いてあるTシャツやスウェットなども、40代女性としては手に取りやすくなりました。

まさに「ブーム再来」といった感じで、若い頃の流行を再び楽しめるキッカケにもなっている女性も少なくないのではないでしょうか。

ところが、ロゴもの系のTシャツやスウェットには実際の値段に関係なく「安っぽさ」や「幼稚」といったネガティブな感想を抱く男性も少なくなく、女性が思っているほどにはオシャレ認定してもらえない実態も否めないのです。

実際、私の周囲の男性にヒアリングしてみたところ「ハイブランドのロゴTシャツを着ているおばちゃんって、例外なく下品じゃない? あえて誇示しているあたりに、育ちの悪さも垣間見えるね」なんて声や「“Hello”とか“Hey!  summer!”とか描いてあるTシャツを着られても、『???』ってなっちゃうね~。英語がよくわかってないのかもしれないけど、無地を着ているほうが断然に上品だよ」などのシビアな声が届きました。

露骨に下品なメッセージが描いてあるトップスを着る読者の方は少ないとは思いますが、同性から見るとなんてことないトップスのデザインも、男性には「育ちが悪そう」な感想につながっている引き金になっている典型例でもあるかもしれません。

 

あっ、それ私も買ってた……なNGファッションは?次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事