ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

外で会うデートを経て、“お泊まりデート”にまで進展する関係になれば、意中の彼との間柄も「順調に進んでいる」と思えるもの。

こんなシチュエーションに臨むとき、20代の頃よりはドキドキしなくなっている40代女性だって少なくないとはいえ、やっぱり気になってしまうのが“彼からの印象”でもあるのではないでしょうか。

特に、ふたりにとって“初めてのお泊まりデート”となると、それなりに好印象を狙っておきたい女心だって、あって“しかり”です。

そんな“初お泊まりデート”では「どんなファッションに身を包むかによっても、彼からの印象が変わる」と言っても過言ではなく、40代女性が絶対に着るべきではない“寝間着”も!

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちからヒアリングした結果をもとに、男性たちが初お泊まりで幻滅する40代女性のナイトウェアに迫ります。

 

初お泊まりで幻滅1:モコモコキュート系ナイトウェア

 

ふわっとした肌触りが心地いいモコモコ系のナイトウェアは、「ここぞ!」という日に着たくなるかわいいデザインのものもたくさん。

寝心地もよく、お泊まりデートにふさわしい女らしさが出せそうな気もするから、積極的に持参したい40代女性も少なくないかもしれません。

ところが。

今回ヒアリングしてみると「『ジェラート ピケ』みたいなモコモコ系のパジャマを着ている40代って、痛すぎる」(40歳男性)だの「モコモコしたウェアって夏場は特に暑苦しいし、近寄りたくないなってためらってしまう。ちなみに、40代の女性でこの手のウェアが派手めなピンクだと、ぶりっ子っぽくてかなり萎える」(45歳男性)と、辛辣な意見がポンポン飛び出しました。

モコモコ系がすべてダメというわけではなさそうなのですが、キャラに合わない場合には辛辣な感想を抱かれやすい面は否めずです。

他にふさわしいナイトウェアが手元にあるなら、あえて選ぶ必要はないのかも。

 

初お泊まりで幻滅2:シルクのネグリジェorパジャマ

 

着るだけで女っぷりを上げてくれるシルクのナイトウェアは、大人の女性にふさわしい夜の装いなのは間違いありません。

……であるはずなのですが、一般的な“お泊まり”でシルクのネグリジェや優雅なパジャマを着ている女性には「ちょっと引く」とネガティブな意見も、男性たちからチラホラ。

「高嶺の花感っていうか、普段からそういうものを着る生活が好きなのか…と思うと、ちょっと別世界の人って感じがする」(42歳男性)、「自意識過剰な感じがして苦手。映画なんかで見る分にはセクシーだとは思うけど、日本人だと似合う人少ない気がするんですけど」(44歳男性)などの本音が出てきました。

シルク素材特有の上質な光沢感が、かえって不自然なやる気を感じさせてしまう面も否めないのかも……!?

インポートのシルクウェアだと、セクシー路線に走っているカラーのものも多いため、妖艶な雰囲気になりすぎる傾向もあるのかもしれません。

 

初お泊まりで幻滅3:生活感ありありの綿パジャマ

40代ともなると、初お泊まりデートだからって、浮き足立つ人ばかりではありません。

むしろ、宿泊先でホテル備え付けのガウンを着るくらいなら、着慣れたパジャマのほうが安眠できるのも本音という女性だって少なくないのではないでしょうか。

しかしそんな“着慣れたいつものパジャマ”は「寝間着」でしかなく、男性から見て、やっぱり色気に欠けるようです。

「食事会で知り合った42歳の女性と温泉に行ったんですけど、チェック柄の綿パジャマを持参してきて驚きました。部屋食の間もそれを着ていたんですが、なんともオバサンぽかったです」(41歳女性)、「結婚して生活をともにしているならともかく、デートの延長なのに綿パジャマはちょっとガッカリ。なんか“お母さん”みたいな雰囲気になる」(40歳男性)などと、かなり否定的な意見も。

女性としては「じゃあ、なにを着ればいいの!」と言いたくなる実情でもありますが、綿パジャマがすべてダメなのではなく、“生活感”が強すぎる柄やシルエットを避けるのがポイントかもしれません。

 

いくつになっても“初めてのお泊まり”は、それなりに緊張するシチュエーションでもあります。

関係がこなれて何度も夜をともにした仲ならなんとも思わなくとも、“初お泊まり”というシチュエーションだけに幻想を抱いて臨む男性も少なくない背景が、こんな“幻滅”にも繋がっていそうな気がします。

場数を踏んできた女性ほど、自分なりの“勝負ナイトウェア”が決まっている傾向もありがちですが、男性の性格によっては、そんな姿を見てギョッとしている可能性も“なきにしもあらず”です。

次回のお泊まりデートの準備に向けて、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

手をかけていても残念賞…!? 男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だけどこのニオイは…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女って

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事