僕は遠慮します…男が引く40代女性の「私ってこんな人」アピール3パターン

 

40代ともなると、いわゆる“雑魚モテ”と呼ばれる不特定多数からのモテよりも、狙った相手からの“本命モテ”を求めたい女性も増えてきます。

真剣交際できる相手を探していたり、婚活を成就させたいと考えている場合には、自分なりに「この人なら」と思える男性との縁を紡ぎたいもの。

しかし、そんな気合い(!)が強すぎてしまうと、ときとして誤った方向への自己アピールに走ってしまう40代女性も……。

自分を知ってもらうためのアピールは大事ではあるけれど、かえって男性が引いてしまう要因になっていたら、残念なお話です。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、女性はやりがちだけれど、男性が「ちょっとご遠慮したい」と感じる40代女性の過剰な自己アピールに迫ります。

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール1:「サバサバしている」を自分で言う

 

「40代になると、“自分ってこんな人なの”という自己主張が激しい女が増える気がします。

その中でも僕が苦手なのは、“私ってサバサバしているから”を自分で言っちゃう女性。

このセリフを言う人で、実際に付き合ってみて本当にサバサバ系だった人とは出会ったことがありません。

なので、最近ではコレを言う人には警戒しています」(41歳男性)

「『私ってサバサバ系だから』って言う人は、サバサバっていうかガサツな女性が多い気がしているんです。

なので、コレを言われたら“あ、女らしくないけど、よろしくってこと?”って思っちゃう。

正直、女を捨てている自分の免罪符にしたがっているように聞こえるから、苦手です」(44歳男性)

サバサバした性格の女性はモテると言われますが、周囲からの評価ではなく自ら宣言してしまうアピールは、逆効果に働くケースも珍しくありません。

意中の人から“サバサバした女性”だと思われたい場合でも、言葉ではなく態度で示したほうが、警戒されずに済むかも!

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール2:「家事が大好き」をやたら強調する

 

「まだ知り合って間もないのに、家事が大好きアピールをされまくると、正直、引く。

40代にもなれば、それなりに家事ができて当たり前だと思っているので、わざわざ口にするあたりに関係を急いでいるようにも聞こえます。

こっちから追いかける気がなくなるっていうか、なんか萎えるんですよね」(43歳男性)

「“家事が好き”って言葉でこっちの様子を探ってくる40代女性、すごく苦手。

家庭的アピールをしたいのかもしれないけれど、俺の家に来たいって言っているようにも感じるし、実は積極的な子ほど言う気がするんです」(47歳男性)

家庭的な自分をアピールすることは、婚活を意識しているときほどやりがちでもあるけれど、40代が口にすると男性たちの感想は好意的ではないケースも多々。

独り身が長ければ「家事ができて当然」という前提が働きやすいことから、やけに強調しているように聞こえると「わざとらしい」と感じたり、グイグイ押しているように思われたりして、ネガティヴに作用するリスクもあるというわけです。

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール3:「ずっと恋人がいません」

 

「“ずっと恋人がいなくて”をわざわざ口にする40代女性、ちょっと痛いです。

自分はモテませんでしたって言っているようで、なんでわざわざコレを言うのか、わからない。

ぶっちゃけ、40代で長い間“恋人ナシ”をアピールされると『私は難ありです』って言われている気がしちゃう」(42歳男性)

「長年、恋人も作らずに40代を迎えたっていうのは決して悪いことではないんだけど、わざわざ自己申告されるとちょっと警戒します。

恋愛に慣れていないって公言しているようなものだから、付き合うと面倒なことになりそう。

こっちが尋ねたわけでもないのに、自分から“ずっと恋人がいなかったんですが、そろそろ本気で彼氏を作ろうと思って”とか言われちゃうと、僕ではない相手とどうぞ!って思ってしまいます」(47歳男性)

「恋人不在の時期が長かった」のアピールからは、「恋愛下手」や「性格に難あり」を想像してしまう男性も。

聞かれてもいない場合には、自らアピールする必要はない事実と言えそうです。

 

40代になると「恋の駆け引きは面倒。さっさと私を知ってもらって、その上でスピーディに関係を進めたい」などの心理が働く女性も決して少なくない実情もあります。

しかしアピールの方向性を誤ってしまえば、本命モテを狙えず女性の意図とは異なる方向に男性が解釈することも。

お心当たりがあった方は、少し方向性を変えてみると、今までよりも狙った相手に好印象を抱いてもらえる可能性が広がるかもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

気づけばゴールインも…! 40代で大恋愛を掴んだ女性たちが「意識的に変えていたこと」3つ

ここ最近、アラフォーから40代女性までのご縁を立て続けにつなぐ機会に恵まれた私が思うのは「男女はなんだかんだ言って、収まるべきところにちゃんと収まるのだな」という点です。20代や30代前半までは“いい恋愛”と…

ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

外で会うデートを経て、“お泊まりデート”にまで進展する関係になれば、意中の彼との間柄も「順調に進んでいる」と思えるもの。こんなシチュエーションに臨むとき、20代の頃よりはドキドキしなくなっている40代女性だ…

安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!自分では華やかなメ…

「キミのことはもう女として見られない…」40代女性がやらかす3大NG美容とは!

デイリーの美容で愛用しているグッズを見て、恋人や夫が「それ、今ここでやる必要あるの?」なんて内心で毒づいている……そんなシチュエーションって、実は結構「あるある」です。美容術は、どんなテクであれ「やらな…

気づけば男が引いていた!? 「育ちが悪い40代女」と思われるダメファッション3例

40代になったとしても、男性たちからは「育ちが悪そう」と思われるよりも「育ちが良さそうな女性だ」と思われたほうが嬉しいのが、私たち女性の本音。他方で、巷の男性たちが第一印象で抱く感想って意外と辛辣でもあ…

紹介話がザクザク舞い込む!? 「ほったらかしでモテる」40代女性のSNS写真ってこんな感じ

先日、紹介話を断られやすい40代女性の“顔”にまつわる印象を書きましたが、一方で、写真のイメージがいいというだけで「この女性を、紹介して!」と男性が群がる女性もいるのが真実。言ってみれば「ほったらかしでも…

気づけば一生シングル…!? 「紹介話を断られる」40代独女の写真とは?

40代ともなると「これまでの生き様が、顔に出る」なんて言われることもあります。異性との出会いのシーンでは、パッと見の“表情の印象”が、想像以上に重要と言っても過言ではありません。最近では、SNSでの写真投稿…

真夏にありがち…! 男性が青ざめる「40代独女のドン引き部屋」3つの例

夏場は部屋の中を片付けるのも、億劫に感じがち。意中の彼を自宅に招くシーンでは、普段より自らのチェックが甘い部屋に通すハメに陥りやすい季節でもあります。ところで、そんな“たまたま片付いていなかった部屋”に…

だいぶ損してる…! 「お育ちが悪い40代女」レッテルを貼られる3大NGな話題

真剣にお付き合いできる恋人を探している40代女性ほど、出会いの場でもつい気合いが入りがちです。いい雰囲気の出会いがあれば、目の前の相手に「私を知って!」とばかりに、聞かれてもいないことまで次から次へと披…

気づけば一発アウト…男が「育ちが悪そう」とジャッジする40代女性の自宅って

外で見せる姿と、深い仲になってからの実態があまりにも異なると、男性はギョッとしてしまうケースも少なくありません。その中には、メイクやファッションでは完璧に自己ブランディングできていたのに、自宅に招いた…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事