僕は遠慮します…男が引く40代女性の「私ってこんな人」アピール3パターン

 

40代ともなると、いわゆる“雑魚モテ”と呼ばれる不特定多数からのモテよりも、狙った相手からの“本命モテ”を求めたい女性も増えてきます。

真剣交際できる相手を探していたり、婚活を成就させたいと考えている場合には、自分なりに「この人なら」と思える男性との縁を紡ぎたいもの。

しかし、そんな気合い(!)が強すぎてしまうと、ときとして誤った方向への自己アピールに走ってしまう40代女性も……。

自分を知ってもらうためのアピールは大事ではあるけれど、かえって男性が引いてしまう要因になっていたら、残念なお話です。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、女性はやりがちだけれど、男性が「ちょっとご遠慮したい」と感じる40代女性の過剰な自己アピールに迫ります。

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール1:「サバサバしている」を自分で言う

 

「40代になると、“自分ってこんな人なの”という自己主張が激しい女が増える気がします。

その中でも僕が苦手なのは、“私ってサバサバしているから”を自分で言っちゃう女性。

このセリフを言う人で、実際に付き合ってみて本当にサバサバ系だった人とは出会ったことがありません。

なので、最近ではコレを言う人には警戒しています」(41歳男性)

「『私ってサバサバ系だから』って言う人は、サバサバっていうかガサツな女性が多い気がしているんです。

なので、コレを言われたら“あ、女らしくないけど、よろしくってこと?”って思っちゃう。

正直、女を捨てている自分の免罪符にしたがっているように聞こえるから、苦手です」(44歳男性)

サバサバした性格の女性はモテると言われますが、周囲からの評価ではなく自ら宣言してしまうアピールは、逆効果に働くケースも珍しくありません。

意中の人から“サバサバした女性”だと思われたい場合でも、言葉ではなく態度で示したほうが、警戒されずに済むかも!

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール2:「家事が大好き」をやたら強調する

 

「まだ知り合って間もないのに、家事が大好きアピールをされまくると、正直、引く。

40代にもなれば、それなりに家事ができて当たり前だと思っているので、わざわざ口にするあたりに関係を急いでいるようにも聞こえます。

こっちから追いかける気がなくなるっていうか、なんか萎えるんですよね」(43歳男性)

「“家事が好き”って言葉でこっちの様子を探ってくる40代女性、すごく苦手。

家庭的アピールをしたいのかもしれないけれど、俺の家に来たいって言っているようにも感じるし、実は積極的な子ほど言う気がするんです」(47歳男性)

家庭的な自分をアピールすることは、婚活を意識しているときほどやりがちでもあるけれど、40代が口にすると男性たちの感想は好意的ではないケースも多々。

独り身が長ければ「家事ができて当然」という前提が働きやすいことから、やけに強調しているように聞こえると「わざとらしい」と感じたり、グイグイ押しているように思われたりして、ネガティヴに作用するリスクもあるというわけです。

 

逆効果になりがちな40代女性のアピール3:「ずっと恋人がいません」

 

「“ずっと恋人がいなくて”をわざわざ口にする40代女性、ちょっと痛いです。

自分はモテませんでしたって言っているようで、なんでわざわざコレを言うのか、わからない。

ぶっちゃけ、40代で長い間“恋人ナシ”をアピールされると『私は難ありです』って言われている気がしちゃう」(42歳男性)

「長年、恋人も作らずに40代を迎えたっていうのは決して悪いことではないんだけど、わざわざ自己申告されるとちょっと警戒します。

恋愛に慣れていないって公言しているようなものだから、付き合うと面倒なことになりそう。

こっちが尋ねたわけでもないのに、自分から“ずっと恋人がいなかったんですが、そろそろ本気で彼氏を作ろうと思って”とか言われちゃうと、僕ではない相手とどうぞ!って思ってしまいます」(47歳男性)

「恋人不在の時期が長かった」のアピールからは、「恋愛下手」や「性格に難あり」を想像してしまう男性も。

聞かれてもいない場合には、自らアピールする必要はない事実と言えそうです。

 

40代になると「恋の駆け引きは面倒。さっさと私を知ってもらって、その上でスピーディに関係を進めたい」などの心理が働く女性も決して少なくない実情もあります。

しかしアピールの方向性を誤ってしまえば、本命モテを狙えず女性の意図とは異なる方向に男性が解釈することも。

お心当たりがあった方は、少し方向性を変えてみると、今までよりも狙った相手に好印象を抱いてもらえる可能性が広がるかもしれません。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

夏は、ダウンスタイルよりもアレンジした髪型のほうが、スッキリとした印象に。40代が気になりがちな白髪や薄毛も、アレンジによって、目立ちにくくなるメリットもありますよね。デイリーのヘアアレンジで上手にイメ…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しに…

なんで使わないの?夏にオバ見えする40代ほど使っていない3つのコスメ

夏場は、気温や湿度のせいで、どうしてもメイクも崩れがちなうえに、お肌の状態も不安定になりがちですよね。「毎年、夏老けを痛感中……」な40代女性ほど、ひょっとすると、大人世代がこの時期に使うべきコスメを省い…

【男性心理】 身体の関係をもったあとに「なんか違う」と思われる40代独女の特徴

親しくなった男性と、本気でお付き合いをするにあたり「いつ、そういう関係になるのがベスト?」「早すぎると、軽いと思われそう……」と頭をかすめるのは、40代でもありがちなお話。しかし私が、同世代男性10名に「出…

夏にやりがち!実は男が嫌がっている【40代のNGヘア】3選

気温や湿度が上がってくると、涼しげなヘアスタイルを心がけている40代女性も少なくないはず。ダウンスタイルよりも、さっぱりとしたスタイリングのほうが、男ウケを狙いやすいのも確かです。ところが「涼しげ」なつ…

【男性心理】「君、不倫中でしょ」と男性から勘違いされやすい40代独女の3傾向

ちょっとした行動が強烈な印象となり「この女性は、もしかして……?」とネガティブな推測が働く男性も。40代女性がなにげなく口にしたひと言や、深い意味がなくした行動のせいで「ひょっとして、この人、不倫してる?…

男性が幻滅!「バッグに入れていないなんて、オバサンだね…」初デートの必需品3選

意中の男性とのデートでは、ちょっとしたシーンの仕草や行動ひとつで好感度が上がることもあれば、幻滅を誘う場合もあるから、気が抜けません。そしてちょっとしたシチュエーションで「あれ? この人は、基本的なも…

これは痛い! 「男ウケ狙いの40代女性」がやらかしたダメすぎるメイク

好きな人や恋人ができると、40代であっても気分は乙女!それは決して悪いことではないけれど、あまりにも「彼ウケ」を狙いすぎたあまりに、周囲の冷笑を買ってしまった40代もチラホラです。彼ウケを狙ったのに男性ウ…

ギトギト・ドロドロ、もうひとつは?「下品なオバさん」認定される40代の初夏メイク3つ

メイクは、その仕上がりによって、上品にも下品にもなりえます。40代は、ミーハー的だったり肉感的だったりしすぎると、途端に「あの人、なんか下品!」なんて思われる引き金にもなりがち。特に、ぱっと見のその質感…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事