実録!40代独女が体験した「ひと夏の恋」は意外な場所と人だった?

 

8月になると、夏休みをとって旅行に行ったり、お盆に地元に帰省したりするアラフォー女性もいると思います。

開放的な夏の雰囲気は、つい気を大きくさせるもの。意外な場所で意外な男性と「ひと夏の恋」を楽しんだなんてこともあるかもしれませんね。

恋のチャンスはどこに潜んでいるかわかりません!

今回は、実際にそんな体験をしたアラフォー女性のお話をご紹介します。

 

帰省した地元で再会した元カレと・・・

 

「バツイチの私。元夫のDVが原因だった離婚は思うように進まず、精神的にかなり消耗していました。

やっと離婚届を提出したのは、お盆休みの直前。元夫のいるところから少しでも離れたくて、県外の実家に帰省しました。

両親は離婚に賛成してくれていたので、無事に終わったことを喜ぶ顔を見てやっと肩の力が抜けた感じでした。

懐かしい地元の街を歩いていると、なんと大学生の頃に付き合っていた元カレとばったり再会。

就職して県外に行く私に、『遠距離恋愛は無理だから』と別れを告げた人でした。

離婚が成立した開放感から、ひとりでいた彼につい『久しぶり』と声をかけてしまったけど、彼のほうも『元気そうだね』と笑顔で返してくれて、昔の行きつけだったカフェでお互いの近況を報告することに。

聞けば、なんと彼もバツイチ。奥さんの浮気が原因で離婚したとかで、私も元夫のDVについて打ち明けてしまい、気がつけば2時間も話し込んでいました。

話していると、相変わらず首を傾けながら熱心に話を聞いてくれるところや、目を見開いて大げさに相槌を打つところなどは変わっていなくて、『懐かしいね』とふたりで笑うのが楽しくて……。

『お互い年はとったけど、君はやっぱりロングが似合うね』と髪に手を伸ばされたとき、昔のベッドを思い出して思わずドキッとしました。

そのまま食事に行くことになり、実家には連絡を入れて、向かった居酒屋ではふたりともお酒が進み。

お互いの離婚話から付き合っていた頃の話になり、『本当に好きだったんだから』と思わず肩を叩いたら『もう無効?』と手を掴まれ、その場で唇を合わせてしまいました。

それからひとり暮らしの彼のアパートへ移動して、シャワーも浴びずにベッドへ。久しぶりに欲が燃えるのを感じたのは、彼が「以前付き合っていた人」という安心感があったからかもしれません。

夜中に別れて家に帰ったけど、彼とはそれきりです。

後悔もないし、独身同士の気楽さを味わえた貴重な夜だったと思っています」(38歳/営業)

 

★ 話してくれたとき、この女性は「元カレのおかげで気分が晴れた」と笑顔を見せてくれました。

離婚はどうしたって精神的に落ち込みます。そんなときに、地元で再会したのが元カレであったのが、幸運だったのかもしれません。

何も考えずに心もカラダも解放できる相手は、そういないですよね。

この女性は今も独身でバリバリ仕事をこなしていますが、きっとまた良いご縁に恵まれることを願っています。

 

ラフティングで出会った異国のカレ

「夏になると、月に数回ラフティングのために県外まで出かけています。

毎年、私以外の多くの県外客と知り合うのも楽しくて、たいてい1泊して夜はバーベキューなんかで親睦を深めていました。

数年前に出会ったのは、カナダの男性。

色白だけど大柄でよく笑う彼の声が好みで、私から声をかけて仲良くなりました。

普段は別の県で英会話の先生をしているとかで、日本語もしっかり通じるおかげでコミュニケーションには困りませんでした。

会社では配送を担当している私とは特に共通点もないのに、国のことや日本食について話し込む時間は本当に新鮮で、また筋肉の乗った体も魅力的。

お酒の入ったバーベキューのあと、コテージの私の部屋に移動してふたりで飲み直すことになり、正直『そういうこと』を期待していました。

ジムに通って鍛えているという彼に、『頼れそうな肩だね~』とつい背中にもたれかかってしまい、ハッとしたけど彼は笑顔で『そういう君の体は柔らかそうだね』と返してくれました。

返事ができずに黙り込んだ私の頬に彼が指を伸ばして触れてきて、あ、これはマズいと思ったものの避けることができず……。

このままベッドかな、と思ったけど、その指で私の頭をぽんぽんと叩きながら、彼は『あんまり薄着でいると、夏でも風邪をひくよ』と優しい声で言い、そのまま『おやすみ』と部屋を出ていきました。

恥ずかしさと期待はずれの落胆と、何ともいえない気持ちだったけど、簡単に手を出さなかった彼への信頼と恋心だけはいっそう強くなりました。

次の日の朝、顔を合わせるのが恥ずかしくて朝食の時間をずらしているうちに彼のグループは出発してしまい、結局彼とは話せずじまい。

連絡先を聞かなかったことをかなり後悔したけど、いつかまたここで出会えるかも、とひそかに期待しながらそれからも同じ時期に来ています。

まだ彼との再会は果たせていませんが、ラフティング以外の楽しみも加わって、毎年夏になるとワクワクしますね」(36歳/配送)

 

★ 旅先でのアバンチュール、と聞くと情熱的な夜を想像しますが、上記の彼女の場合はよりせつなさの残るひとときとなったようです。

後腐れなく関係を楽しめる絶好のチャンスなのに、そうしなかった異国のカレ。

それは、女性をないがしろに扱わない本当の男らしさの証。おかげで彼女のほうはいっそう彼に恋心を募らせることになりました。

いつか、幸せな再会ができるといいですね。

 

 

 

 

旅行であれ帰省であれ、非日常の時間は思わぬ出会いに恵まれることもあります。

気をつけたいのは、こちらは「まあいいか」でも相手が違ったとき。勢いだけで関係を結んでしまって、後がこじれるなんてトラブルは避けたいですよね。

開放的だからこそ、慎みも忘れたくないのがアラフォー女性です。

「ひと夏の恋」は、女性としての喜びを改めて感じるようなものでありたい、と思います。

 

【ひろたかおりさんの人気記事3選】

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

ずっと大切にされる秘訣。夫が 「手放したくない」と思う妻の特徴5つ

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

それマナー違反?男性が見たくなかった40代独女の「アウトなスマホの使い方」

いまや生活の必需品ともいえるスマートフォン。持っていないという人のほうが少なくなりました。出番が増える一方で、その使い方が問題視されることもしばしば。SNSなどでは”マナー違反”が目立つ投稿を目にすること…

うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。特に依存体質であるこ…

これはしんどい。男性が目撃した「職場でチョコを配る」40代独女のNGな姿

バレンタインには職場でチョコを配るという40代独女も多いのではないでしょうか。義理であれ本命であれ、職場でのやり取りは誰に見られているかわからず、慎重になりますよね。男性が嫌がるのは、女性の都合だけでチ…

ちょっとムリ!「この人と社内恋愛したらヤバい」と思われる40代独女の特徴3つ

社内恋愛は、プライベートだけでなく仕事にも影響するので慎重になるという男性は大勢います。男性にとって、仕事は一生を左右する大切なもの。マイナスになるお付き合いは避けたいと思うので、社内の女性を見る目も…

男性が「お付き合いはムリ!」と思った40代独女の”ワケあり恋愛”の様子

いいなと思う同僚や先輩がいるんだけど、気になるのはオトコ関係。好意を持っていても、ふとしたときに「ちょっとワケあり」な恋愛をしていたと知ってしまうと、恋心はひるんでしまいます。「幸せなお付き合いはでき…

年下男子が「もっと話したくなる40代独女」とそうでない女性の違い3つ

年下男子にとって、年上の女性は緊張するけど憧れも抱いてしまう存在。「もっと知りたい!」と思う40代独女もいれば、「これ以上は仲良くなりたくない」と敬遠してしまう女性、その差は「同じ目線で話せるかどうか」…

これはフォーリンラブ不可避!男性に聞いた「恋のきっかけになったバレンタインの思い出」3つ

愛する男性にチョコレートを贈るバレンタイン。男性にとっては、「誰か贈ってくれるかも」「あの人から欲しいな」など、緊張する一日でもあります。それまでは意識していなかったのに、この日がきっかけで好きになっ…

うわ、見たくない。男性が引いてしまう40代独女の「通勤バッグ」3選

仕事に行くとき、自分のお気に入りのバッグを使っている女性も多いでしょう。逆に、通勤用だから何でもいいや、と適当に選んだものを手にする女性もいるかもしれませんね。普段持ち歩いているとあまり意識しなくなり…

「この人、プライベートでもモテるんだろうな」と男が思い込む40代独女の特徴

オフィスで”良いオーラ”を放ちながら仕事をしている40代独女は、男性にとっては憧れの人。雰囲気だけでなく、人との接し方にも現れる人間性の良さは、「プライベートでもモテるんだろうな」とデートのお誘いをつい考…

これは引く…オフィスで男性が固まった40代独女の「ランチのしきたり」3つ

社内でのお昼時間、どう過ごしていますか?同僚と集まってお弁当を広げたり、デスクでそのまま食べちゃったり、という女性もいるかもしれませんが、男性はしっかりチェックしています。中には、「何それ……」と思わず…

注目の記事

LOVEに関する最新記事