悪い意味で刺激的…!「年上の40代女性」と交際した男のひそかなるドン引き3例

40代ともなると、年の差のある年下彼と交際する女性も、珍しくなくなります。

実際、私のまわりにも「6歳年下の彼と交際中」「9歳年下の彼氏と、結婚を前提にお付き合いしてる」などの年齢差カップルがチラホラ。

彼らが与えてくれるエネルギッシュな刺激は「一度、年下と付き合うとハマる!」と口にする女性も少なくないほど、魅力的なものでもあるようです。

ところで“年齢差”は、男女間において「いい刺激」になることもあれば「悪い刺激」になることもある、表裏一体のもの。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが「6歳以上年上の40代女性との交際経験がある男性」にターゲットを絞って聞いた、“年上40代と付き合ってドン引きしたこと”のうちからインパクトが強かったものを3選ご紹介します。

 

悪い意味での刺激になった出来事1・お金で「飼われている」気がした

 

 

「8歳年上の40代女性と、半年交際しました。

僕が、ずっと夢だった資格取得をして念願の仕事に“駆け出し”として転職したばかりだったこともあるのですが、その人との交際ではとにかく“お金の使い方”に対して引くことが多かったです。

例えば洋服を一緒に買いに行く場面で、僕が予算で迷っていると『仕方ないなぁ、じゃあ買ってあげるから!』って感じで、ねだってもないのにレジに持って行ってくれたり、レストランで高いメニューを頼むか迷っていると『私が払うから、食べなよ』と言ってきたりしてました。

最初のうちは『ラッキー』なんて思ったりもしたけど、だんだんと彼女に“飼われている”ような感覚になってきて、最終的にはそういうところが嫌で別れました」(33歳男性/専門職)

女性としては「良かれ」と思って出している出費でも、男性からすれば“負担”になってしまうとなれば、悪い意味で刺激的!

彼が望んでいるものを与えすぎてしまうと、かえって関係が悪化する要素になるわけです。

 

悪い意味での刺激になった出来事2・「私はなんでも知っている」に疲れた

 

 

 

「6歳年上の40代になったばかりの女性と1年近く付き合っていたんですが、関係が慣れてきた頃から、彼女の話し方が気に触るようになって…、結局、別れました。

僕が何かを話すと、すぐに『あー。あれね』とか『うんうん、あるよね』とかって、なんでも“知っている風”に話すんです。

もともと負けず嫌いな性格の女性だったこともあるのかもしれないけれど、年齢差があるだけに、小馬鹿にされているように感じちゃったんですよね。

そのうちに、彼女と話してもつまらないと思うようになってしまい、会うのも面倒に。

同世代や年下の女性がこういう話し方をするのも苦手だけれど、年上に言われた生で余計にプライドが傷つきました」(36歳男性/公務員)

同世代であれば気にならないちょっとした口グセも、年齢差のせいでやたら「上から」に聞こえてしまうのは、結構あるある!

女性が思う以上に、ちょっとした会話の癖で男性のプライドが傷つくこともありますよね。

 

悪い意味での刺激になった出来事3・「おかん」みたいに世話を焼かれすぎた

 

 

「7歳年上の女性と交際中ですが、仲間内のバーベキューとかグループで遊ぶときに、やたら僕の世話を焼きたがるので困っています。

友人カップルや友達夫婦は、爽やかな雰囲気で仲が良さそうにしているのに対し、僕の彼女は、やたら僕の体に触れていたがったり、料理をよそうときも僕のものだけを取り分けたりと、露骨にマーキングみたいなことをするんですよ。

年上らしい余裕を出そうとしているのか、僕のことを独占したいんだか意図は不明ですが、同席している人が白けているのをよく見るので、恥ずかしいです。

この前、友達に『お前の彼女って、おかんみたいだな』って言われて、ハッと目が覚めてしまいました。居心地の悪さを感じていたのは、そのせいだったかって。

今は、別れるかどうかちょっと迷い中です」(34歳男性/エンジニア)

彼女から甲斐甲斐しく世話を焼かれるのは嬉しくとも、年齢差があるせいで“母親”のように映ってしまうとなれば、恥ずかしい気分になる男性も。

彼のことを好きすぎる女性ほどしてしまいがちなNGとも言えそうです。

 

年齢差のある“姉さん女房”カップルも、ひと昔前と比べればちっとも珍しく感じない時代ではありますが、ちょっとした行動が“年代”のせいでドン引きのもとになってい場合もあります。

私が今回、年下男性たちの話を聞いて改めて思ったのは、結局のところ“ドン引き”を招く引き金は、彼らの“プライド”に大きく関係している点。年齢も手伝って、なにげない振る舞いが、彼らに強烈な違和感を与えてしまうこともあるわけです。

年下の彼がお好きなみなさま、なにげない振る舞いによって彼らのプライドを傷つけないよう、細心の注意を払っておくに越したことはありません!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事