「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」。

 

今回はライター本人が、コンビニで買える材料で、最低限の調理だけすればいい料理に挑戦しました。暑さでだるい、毎日が忙しくてキッチンに立つのが面倒、それ以前に買い物にも行きたくない……そんなあなたにおすすめの簡単さです。

 

ちょっとおつまみが欲しいとき、献立に一品加えたいとき、少しだけ食べたいとき、そんなときに作ってみませんか?

 

すぐに作れちゃう簡単ヘルシーおつまみ

おつまみを食べながら、のんびりビールは真夏の醍醐味です。でも火を使うのは面倒ですよね。それにヘルシーであってほしいもの。

その重要ポイントを押さえ、40代の女性に嬉しいイソフラボン豊富な豆腐をアレンジしたおつまみのレシピをご紹介します。

 

■刻んでのせるだけでできあがり!【ザーサイ豆腐】

★材料

ザーサイ

豆腐(木綿でも絹でも好みでOK)

海苔

★作り方

①ザーサイを千切りにする。

②水きりを簡単にして、食べやすく切っておいた豆腐に①を乗せ、軽く揉んで崩した海苔を散らす。

※海苔は焼きのりでも、韓国のりでもお好みのものをどうぞ。白髪ねぎや白ごまを添えてもおいしい。

ザーサイではなく、キムチで作ってもおいしい。キムチで作るときはごま油を落とすのもおすすめ。

 

■3分で作れる?これこそ最速の限界おつまみ【胡麻和え豆腐】

★材料

木綿豆腐

すりごま

醤油

柚子こしょう

★作り方

①水を切った木綿豆腐を手で食べやすい一口大に割る。割って出てきた水分も切っておく。

②少し深めの器に①を入れ、すりごまを多めにかけ、全体に回るようにざっくりと混ぜて醤油をたらす。

③食べるときに柚子こしょうを加える。

※柚子こしょうではなく、わさびにしてもおいしい。ヴァージョンアップしたいなら刻みネギや七味をプラスする。

 

もう1品欲しいときの最速おかず

献立ができあがっているけれど、なんとなく物足りない。そんなときに簡単にできてしまうおかずを添えてみませんか。

和洋中のどの料理とも相性が良く、しかも野菜もしっかり摂れるように、おかず感覚のサラダを選んでみました。

アレンジ次第でもっとヘルシーになりますし、主食感覚のサラダにもチェンジできます。このレシピにお好みのものをプラスするだけでもアレンジは完了です。

 

■さっぱり簡単おかず【和風チキンサラダ】

★材料

サラダチキン(プレーン)

塩昆布

キャベツの千切りパック

オリーブオイル

醤油

★作り方

①キャベツの千切りパックに塩昆布を加えて軽く混ぜておく。

②サラダチキンを食べやすい大きさに裂き、①にさっくりと混ぜ合わせる。

③食べる寸前になったら、①にオリーブオイルを加えて軽く混ぜ、味を見ながら醤油を適量落とす。

※サラダチキンだけではなくツナ缶で作るのもおいしい。

 

■メニューにチョイ足ししたい簡単おかず【酢味噌和え風サラダ】

★材料

かまぼこ

キュウリの浅漬け

味噌

オリーブオイル

★作り方

①かまぼこを食べやすい大きさに切っておく。

②キュウリの浅漬けの水分を切ってから、かまぼこと和える。

③味噌とオリーブオイルを練っておき、②を和える。

※③にプレーンヨーグルトを少し加えると、さっぱり感が増す。ちくわやハムで作ってもおいしい。

 

ちょこっとだけ食べたいときの簡単最速ごはん

夜食や飲んだ後のシメは軽く何かを食べたいものです。少しの量でも満足感があって、できればヘルシーに、が理想ではないでしょうか。

フルーツより食べ応えがあって、菓子パンよりもヘルシーに、と考えてある限界ごはんレシピなら、罪悪感ナシで食べられるはず。

そこで簡単に作れて、さらっと食べられる限界最速ごはんのレシピもご用意しました。使う主食の目安の量はごはんならおにぎり1つ分、パンなら食パン1枚です。

 

■飲んだときのシメにも【贅沢お茶漬け】

★材料

梅のおにぎり

焼鮭のパックか鮭フレーク

白ごま

わさび

緑茶

★作り方

①梅のおにぎりをごはん部分と海苔で分けて、ごはん部分を器に入れておく。

②焼鮭を簡単にほぐし、①に乗せて、さらに白ごまをかけておく。

③できあがった①の器に熱い緑茶をかけ、残しておいた海苔を加え、わさびを添える。

※もう少し凝ってみたいなら、①の後にオーブントースターで焼きおにぎりにしても良い。

ちょっとした夜食にもなる香ばしい味わいのお茶漬けになる。このみで白髪ネギを添えてもいい。

 

■刻んで混ぜてのせるだけでほっとするおいしさ【バラエティ納豆】

★材料

納豆

たくあん、野沢菜、高菜など残りものも漬物

紅ショウガ

刻みネギ

白ごま

海苔

ごはん

★作り方

①残りものの漬物類と紅ショウガを細かく刻む

②納豆を軽くほぐし、①と刻みネギ、白ごまを加えてよく混ぜる。

③ごはんに②をのせて、海苔を散らす。

※納豆に加える漬物類は水分が少ないものがおすすめ。水分が多めのものは絞っておくと、おいしく仕上がる。

■準備ができたらオーブントースターにおまかせ【カレーのパンドリア】

★材料

食パン

バター

ハーブ入りソルト

キャベツの千切りパック

レトルトカレー

とろけるタイプのチーズ

粉チーズ

★作り方

①バターにハーブ入りソルトを混ぜ込んで柔らかくする。

②食パンに①を塗り、食べやすい大きさに切る。

③耐熱皿に②入れて、上からキャベツのせておく。

④レトルトカレーを③を覆うくらい加えてとろけるタイプのチーズをのせ、さらに粉チーズを振って、オーブントースターで焦げめが付くまで焼く。

※食パンではなく、バケットでもOK。ごはんで作る場合はあらかじめハーブ入りソルトのバターを絡めておく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク