その髪が5歳オバ見え!40代女性が今すぐやめるべきトリートメントの3大NG習慣

言うまでもなく「美髪は1日にしてならず」だけに、みずみずしい髪は、デイリーのお手入れによって保てます。

しかしそのお手入れが、かえって老け髪を招く要素になっていたとしたら、かなりショックでしかありません。

「最近、髪が一気に劣化した気がします……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

髪は「顔のフレーム」とも言えるもの。ですので、髪の毛の状態によってオバ見えを招くこともあれば、若々しい印象を与える術にもなります。

そんなわけで今回は、オバ見えする40代女性ほどやりがちなトリートメントにまつわるNG習慣のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

今すぐやめて!オバ髪を招くトリートメントNG習慣1:「しっとり」を優先しすぎてボリュームダウンさせている

 

ボリュームのない髪が即座にオバ見えを招く要因になるのは、言わずと知れた傾向のひとつです。

そして、市販のトリートメントは、大きく分けると「しっとりタイプ」と「さらさらタイプ」に分類できますが、年齢のせいですでに毛量が減りつつあるところに“しっとりタイプ”を使ってしまうと、余計に髪の毛のボリュームが少なくなったように見える落とし穴があり、デンジャラスです。

40代の髪は、複数のお悩みが複雑に絡みがち。

しかし例えば、“パサつき”と“薄毛”の両方にお悩みがあると、つい「しっとり」を手に取りたくなるものではありますが、その“しっとり具合”次第では、髪にツヤが出たとしても頭頂部がベタッとした印象になり、即座にオバ見えを招きます。

髪のお悩みが複数ある場合、その悩みに応じて、毛先など落ち着かせたい箇所には「しっとり」、ボリュームを残したい箇所には「さらさら」を使うなどの“使い分け”も、40代の髪には試しておきたいオバ見え回避術に。

 

今すぐやめて!オバ髪を招くトリートメントNG習慣2:水気を切る前にトリートメントを塗りたくっている

 

シャンプーのあとにトリートメントを使って、うるうる・ツヤツヤの美髪をキープしようと意識している40代女性は少なくないはずです。

しかし、トリートメントをシャンプー後に水気を切らずに使ってしまうと、成分が薄まり、その効果が減ってしまうと言われています。

「高価なトリートメントに変えたのに、あまり代わり映えしないわ」などとため息をついていらっしゃる40代女性に、普段のトリートメントの使用法をうかがってみると「シャンプー後に、そのまま塗りたくっていた!」というケースも少なくありません。

これでは、せっかくの優秀なトリートメントも、そのチカラを発揮できずにもったいないお話に。

お心当たりがあった場合、必ず、軽く水気を切ってからトリートメントを使うよう、ルーティンをアップデートしてみて。

 

次ページ、あるあるすぎて絶句…

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事