その髪が5歳オバ見え!40代女性が今すぐやめるべきトリートメントの3大NG習慣

言うまでもなく「美髪は1日にしてならず」だけに、みずみずしい髪は、デイリーのお手入れによって保てます。

しかしそのお手入れが、かえって老け髪を招く要素になっていたとしたら、かなりショックでしかありません。

「最近、髪が一気に劣化した気がします……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

髪は「顔のフレーム」とも言えるもの。ですので、髪の毛の状態によってオバ見えを招くこともあれば、若々しい印象を与える術にもなります。

そんなわけで今回は、オバ見えする40代女性ほどやりがちなトリートメントにまつわるNG習慣のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

今すぐやめて!オバ髪を招くトリートメントNG習慣1:「しっとり」を優先しすぎてボリュームダウンさせている

 

ボリュームのない髪が即座にオバ見えを招く要因になるのは、言わずと知れた傾向のひとつです。

そして、市販のトリートメントは、大きく分けると「しっとりタイプ」と「さらさらタイプ」に分類できますが、年齢のせいですでに毛量が減りつつあるところに“しっとりタイプ”を使ってしまうと、余計に髪の毛のボリュームが少なくなったように見える落とし穴があり、デンジャラスです。

40代の髪は、複数のお悩みが複雑に絡みがち。

しかし例えば、“パサつき”と“薄毛”の両方にお悩みがあると、つい「しっとり」を手に取りたくなるものではありますが、その“しっとり具合”次第では、髪にツヤが出たとしても頭頂部がベタッとした印象になり、即座にオバ見えを招きます。

髪のお悩みが複数ある場合、その悩みに応じて、毛先など落ち着かせたい箇所には「しっとり」、ボリュームを残したい箇所には「さらさら」を使うなどの“使い分け”も、40代の髪には試しておきたいオバ見え回避術に。

 

今すぐやめて!オバ髪を招くトリートメントNG習慣2:水気を切る前にトリートメントを塗りたくっている

 

シャンプーのあとにトリートメントを使って、うるうる・ツヤツヤの美髪をキープしようと意識している40代女性は少なくないはずです。

しかし、トリートメントをシャンプー後に水気を切らずに使ってしまうと、成分が薄まり、その効果が減ってしまうと言われています。

「高価なトリートメントに変えたのに、あまり代わり映えしないわ」などとため息をついていらっしゃる40代女性に、普段のトリートメントの使用法をうかがってみると「シャンプー後に、そのまま塗りたくっていた!」というケースも少なくありません。

これでは、せっかくの優秀なトリートメントも、そのチカラを発揮できずにもったいないお話に。

お心当たりがあった場合、必ず、軽く水気を切ってからトリートメントを使うよう、ルーティンをアップデートしてみて。

 

次ページ、あるあるすぎて絶句…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事