「アレ」の欲はどう変わる? 彼氏との差に悩む、40代女性のリアル

年齢とともに衰える、と思われがちなのがベッドタイムへの欲望。

既婚未婚に関わらず、40代になると「性欲が落ち着いてきたな」と感じる女性も多いでしょう。

一方で、まだまだ欲が消えない、募るばかりというアラフォー女性もいるかもしれませんね。

彼氏とのお付き合いにも影響する性欲、皆さんはどうコントロールしていますか?

なかなかおおっぴらに語ることが難しい「アレ」への欲について、対象的なふたりのアラフォー女性のリアルをお伝えします。

 

「何となくイヤ」から「もうしたくない」に

 

 

— 現在お付き合いしているのは、同い年の会社の同僚です。

お互いに好意を持っていて、結ばれたのが1年前。会社には隠しての交際ですが、仕事に影響が出ないように距離感を保っています。

いま悩んでいるのは、彼との「アレ」の時間。

仕事が好きで毎日精力的にこなしている彼は、夜のベッドでも積極的で会えばほとんど求めてきます。

最初の頃は、私も抱き合うのが幸せでふたりでホテルにお泊まりすることも多かったけど、一緒にいる時間が長くなってくるとそこまでほしくなくなってきたのが私。

特に仕事が忙しくて疲れている夜は彼の相手をするのが何となくイヤで、謝りながら断ることもありました。

彼も始めは了解してくれていたけど、先日言われたのが「抱けないのが寂しい」という言葉。

「お前の体調に気を使ってきたけど、俺にも欲はある。もしかして、もう好きじゃなくなった?」

彼にとっては、アレに応えるのが愛情の証のひとつらしく、断る私を見て不安を覚えたそうです。

そう言われると申し訳なくなってきて、何とか相手はするのですが、いまひとつ体の反応は良くないしだんだん苦痛になってきて……。

先日、服を脱がし始めた彼に「もうイヤだ」と拒否感が湧いてしまい、腹痛を理由に終わらせてしまいました。

彼のことは好きだけど、どうやって彼の性欲に応えれば良いのか、わかりません」(42歳/サービス)

 

★ 性欲のバランスが恋人と違うと、ベッドでの時間が苦しくなりますね。

抱きたいと思ってもらえるのは嬉しいし幸せだけど、体がついていかない。反応しない自分を自覚するのは、女としてもつらいことです。

ですが、苦痛を抱えたままではいずれほかの時間も楽しくなくなります。

女性にできるのは、自分の状態を素直に彼に打ち明けることです。

そして、彼自身に自分の欲をうまく扱えるようにしてもらうこと。

ふたりの気持ちが揃っているときに抱き合うのが理想の時間。性欲の差をふたりでコントロールしていけるのが、今後のお付き合いにとっても大切なことだと思います。

上の女性は「枯れてるって思われたくない」と悩んでいましたが、それ以上に彼氏のほうは「アレがなくてもいいってことは、愛されていないのか」と見当違いなほうを向いていることが問題です。

自分の状態を理解してもらうのは、恋人のためでもあるのですね。

 

人知れず悩みがちなこの恐怖…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事