植松晃士 大人のエチケットです! 40代から始めたい「アレの終活」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。
肌を大胆露出する時期は過ぎてしまいましたが、ちょっと気になったことがあったので、「脱毛」のお話をしたいと思います。

というのも、知り合いのライターの方が「友だちが終活に向けて、VIO脱毛をしようかと悩んでいるんです」と話してたから。

VIOが今のムダ毛処理の常識!

昭和の時代には、脱毛=ムダ毛。せいぜいワキとか腕・足くらいじゃなかった? 40代以上の女性には、それが脱毛のイメージじゃない? ハイレグ水着の世代にせいぜいビキニラインの処理をするくらいだったのが、いまやVIO!

 

そもそも、VIOって何?って話じゃない(笑)? 定義からお話しておくと、
① Vラインは、いわゆるビキニライン。太もものつけ根、アンダーヘアが生えている部分のこと。
② Iラインは、女性器の両側。
③ Oラインは、ヒップ奥。

 

つまり、VラインにIとOが加わったのが、今のムダ毛処理の常識に! これまた欧米化というか、セレブたちの流行が日本にも渡来したってことですよね~。しかも若い世代の女子はもちろんだけど、男子だって当たり前になっているらしいの。これはうちらの世代にとってはビックリ~(苦笑)。温泉とか行くと、顔をみなくても、ムダ毛の処理で世代がわかるって笑い話もあるくらい!!

 

「終活」エチケットの1つがVIO?

とはいえ昨今は、ライターさんも言ってたように「終活」エチケットとして、VIO脱毛いわゆる介護脱毛をしようと考えている方々も増えているんだそう。

 

古来、感染症を防ぐため(毛によって感染する病があるそう)にもVIOをキレイにしておくという流れはあったみたいなんだけど、現代社会においては見た目重視。不要なものは取り除くという風潮になったんですね。

 

それが、めぐりめぐって「介護」される側にとっては、やはり感染症のリスクだの介護の世話においてきれいに処理されているほうがいい、ということでじわじわ流行っているようなんです。

 

そんなVIOのメリットは?

VIO脱毛のメリットとして、清潔に保てること、自己処理のリスクを減らせること、多様なファッションを楽しめることなどがあるけど、、介護面でご迷惑をかけないことやいざ救急搬送された時→入院といったSOSにも都合がいいかもよね~。

 

下着もそうだけど、何が起こるかわからない世代だから、突然の病院で恥ずかしい思いをしないよう、常日頃から見えない部分のケアって大切だと思うんです。体のたるみもそうだけど、心のたるみも要注意よ!

 

さらに言えば、レーザー脱毛は、基本的に黒にしか反応しないもの。つまり、白い毛になったら脱毛できない! で、慌てて40代あたりから脱毛しようということみたい。いきなりVIOをきっちり処理しなくてもいいけど、若い頃にやり残して伸び放題になっているVラインくらいは、取り急ぎやったほうがいいかもね。

 

ついでに申し上げておくと、脱毛は医療行為だからちゃんとしたクリニックでやりましょう。そのほうが安心だし、結果がスピーディ。

介護意外のいざというシーンのためにも

介護の前に、婚活している女性もいるかもしれないから、いざというシーンのためにも、ある程度はきちんとしておいたほうがいいんじゃないかしら? 若い男性とおつきあいしている方は、もしかしたらその男性のほうがキレイだったりして(笑)! せめてVの幅というか、おなかがたるんでのび広がっているだろうVの角度を整えるくらいはね~。

 

わりとデリケートなお話だから、やる・やらないは個人の判断ですけれど、風潮としてはいまやVIO脱毛は男女とも常識になっていて、介護を考えた終活においてはそろそろ始め時ってことのようですね~。

 

では、また次回お会いしましょ★

スポンサーリンク

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

植松晃士 それじゃオバさん感が丸出し! 40代の「おブス」なメイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日暑い~! とはいえ、まだまだこの暑さは続くそうなのでご自愛くださいませ。すっぴんで出かけるなんてお気の毒!さて。今回はビ…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右す…

壇蜜を目指しちゃダメ!「愛人顔なオバサン」に見える40代NGメイク

女性の顔は、メイクのテイストによって、周りからの印象がガラッと変わります。それは、若い頃だけでなく40代になっても同じことが言えますが、年齢とともにそれなりの“貫…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパンツが流行中街でよく見かけるのが、ずるずる…

植松晃士が選ぶ!「ベストコスメ2019上半期」を発表します☆

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回、初対面による「好印象ファッション」をお届けしておりますが、今回はその美容編ともいえる「ベストコスメ2019上半期」です。ファッションでいい感じに仕上げることができ…

植松晃士 脱・おブス服! 誰でも「好印象」になれる2大ファッションキーワード

みなさん、こんにちは。植松晃士です。世の中が令和になって1カ月が過ぎ、生活も落ち着いてきた頃ではないでしょうか。新元号を迎えて新たな気持ちでスタートを切った方も多いかと思いますが、今回は初対面から「好…

植松晃士 マンネリおブスにご用心! 40代が「見直すべき」美の習慣

みなさん、こんにちは。植松晃士です。令和時代になって1カ月近く過ぎましたが、もう慣れましたか?「美しさ」で一番大切なのは!今回は美容のお話です。10連休の間に、せっせと美容に時間もお金もかけたという方も…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

植松晃士 もう挫折しない!新元号から始めたい「ダイエットの新ルール」とは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あと1週間ほどで令和元年がスタートしますね。ということは、ゴールデンウィークが始まるってこと!みなさんは、ご予定はもう決まっているのでしょうか。僕は、美容ウィークに…

植松晃士 もうやめて!40代は「脱・ベーシック」するべき4つの理由

みなさん、こんにちは。植松晃士です。4月になり、新元号「令和」の発表があったり、なんだか新鮮な年度スタートですね~。意外にもベーシックは、年輪が浮き彫りに⁉そこで、ご提案。気持ちも新たになったところで…

植松晃士 大人の春メイク「トレンドより大事なこと」って? 40代が必要な春コスメ3選

みなさん、こんにちは。植松晃士です。三寒四温で春が近づいてますね。今回のビューティー編では、「大人の春メイク」をテーマにお届けしたいと思います。「大人の春メイク」に必要なのはとはいっても、若い人々と違…

植松晃士 オトナ女性こそ「ピンク」を取り入れるべき3つのワケ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。日中はかなり暖かい日が多くなってきたから、気分もウキウキしてきましたね~! そろそろ春らしいファッションに身を包みたい頃ではないかしら?なんて言いながらも、毎年同じ…

[PR]

植松晃士 脱・無難おばさん! この春40代が取り入れるべき「3つの流行キーワード」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月ともなると春ファッションの特集を組んでいたりしますが、実際問題としてはまだ寒いですよね?春物は「靴とバッグ」から取り入れていち早く春ファッションを取り入れて風邪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事