40代からのオシャレ「永遠の定番」。ロイヤルセレブに学ぶ、品格を上げる2つのモノ【植松晃士】

皆さん、こんにちは。植松晃士です。

今回のファッション編は「大人の女性に必要な永遠の定番もの」をお送りします。

 

真の美しさ、品の良さ

先日のエリザベス女王の国葬を見て、ロイヤルセレブたちが披露する「真の美しさ、品の良さ」を堪能したのではないかしら。そして自分と比べて「ハッ」としたのではない?

 

この連載で何度も申し上げているように、大人の女性たるもの、清潔感、格、エレガントさ、女性らしさを身につけていないといけません。そのために必要なファッションアイテムをご紹介します。永久保存版としてピン留めしてくださいね!

 

そもそも「洋服なんて自分の自由でいいじゃない」という方が多いかもしれません。もちろん楽しむという要素もありますが、ファッションは「他人からどういう自分で見られたいか」という自分の印象操作ができるものなんです。40年以上生きていると、いろいろな経験や体験が悪魔化して、心が角質化しているでしょ(苦笑)。それを見せない、逆に上手に美しく着飾ることができる。できない人は大人としての智慧が足りないと思うんです。

 

自分だって心地いいものを選んでそばに置いておきたいと思うでしょ。他人も同じ。「この人と一緒の空間、同じステージ上にいたい」と思うのは、中身もそうですけど第一印象は外見ですからね。肌、お洋服、たたずまい、すべてを演出しないと。

 

第一印象がよくても、2回3回と会ううちに印象も変わるでしょう。だから、スタンダードを底上げしておかないと。高い位置から少しずつ降りてくる分には、あまりダメージがないから(笑)。

むしろ好感度!?

 

品ある輝きを与えてくれるものとは?

そして、清潔感、格、エレガントさ、女性らしさを高めるには、やはりパールのイヤリング(ピアスでもいいの)! なぜかというと、パールはギラギラしていないでしょ。清潔感、やわらかさ、清楚な印象が与えられますね。

上質なものはほんのりピンクがかって白くてつややかだから、顔のそばに持ってくることで、くすんでツヤがなくシワが刻まれた肌をパッと明るくします。

ネックレスだと冠婚葬祭の感じが出ちゃう。最近はカジュアルスタイルにパールのネックレスを使う人が増えているけれど、カジュアルに使う時は、実はすごく計算が必要。上手に使わないといけないから難しいと思います。だったら、イヤリングかピアスがおすすめ。

 

大きさは、20代のころより一回り、二回りは大きいものを。天然ものはお手入れも大事。ミキモトなどで上質なものを見て目を肥やして!

 

足元を美しく魅せてくれるのは?

もうひとつ、ヒールの靴も大人の女性の必需品。ロイヤルな方々はみなさんヒールの靴を履いていたでしょう。ペタンコ靴はどんなにおしゃれな靴でも老けて見えます。おばあちゃんになったら履けるから、まだヒールでがんばりましょ。

スニーカーやフラットな靴は持っていてもいいけれど、T.P.O.で使い分けて。例えば通勤時はフラットでも、オフィスではヒール、とかね。少しでもヒールがあるとシャンと背も伸びるし、足の筋肉も鍛えられるわよ~(笑)。

 

あと、末端ケアも手抜きしないで。生活感が出るのが末端ですからね。例えば、爪は磨いてツヤツヤにしておくこと。ネイルカラーが塗れるならぜひ塗って。また、髪は美しく伸ばせるのが理想だけど、ショートにしちゃったらイヤリングやピアスは大きめのもので華やかにしましょう。

 

あれこれまだダメ出ししたいけど(笑)、大人の女性らしく、オバさんにならないための最低限のポイントはお伝えできたかな、と思います。

 

次回はビューティ編で、またお会いしましょ☆

 

▶▶前回はコチラ:大人の「スニーカー」と「コーデ」。センスがいい選び方って?【植松晃士】

▶▶【植松晃士】「美人のたしなみ」記事一覧

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク