メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

 

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。

味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。

そんな効果も密かに狙いつつ、腕によりをかけた料理で彼の胃袋を満たそうとしたのに、男性側からのウケが悪かったとしたら、とても残念!

わかりやすい「メシマズ」(!)ではなくとも、ちょっとした振る舞いによって、幻滅している男性もいるのです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男が「ウンザリ」と感じた40代女性の手料理にまつわるNGシーンをご紹介します。

 

男がウンザリする40代オバサンの手料理シーン1:食材や調味料にまつわるウンチクがうるさい

 

「ちょっと前までそういう関係にあった44歳の女性は、料理そのものの腕はよかったんですが、食べている最中にウンチクがうるさくて、一緒に食事をするとドッと疲れるタイプでした。

『美味しいね』って褒めようものなら、その子は嬉々として、やれ『どこ産のどんな野菜だ』とか『なかなか手に入らないナンチャラという塩を取り寄せている』だとか、ウンチクがうるさすぎて……。

食にこだわる女性は嫌いじゃないんですが、ウンチクを語られるとせっかくの美味しい食事なのに、まるで講義を受けているみたいで疲れましたね~。

ぶっちゃけ、そのコと結婚しなかったのは、そんな面も少し関係しています」(42歳男性/美容サロン経営)

年齢を重ねるほどに舌が肥え、家での料理にもこだわり出す女性は、少なくありません。

しかし、知識をひけらかすかのようにクドクドと説明してしまうと、それだけで疲れてしまう男性も!

食べている最中には、ほどほどにとどめたほうが無難な話題と言えそうです。

 

男がウンザリする40代オバサンの手料理シーン2:箸の持ち方などマナーをいちいち注意してくる

 

「去年まで付き合っていた40代前半女性は、根は悪い人じゃなかったんだけど、細かいことにうるさい人でした。

どちらかの家で彼女が作ってくれた料理を食べていると、必ずと言っていいほど箸の持ち方を注意して、まるで母親みたいな様子にウンザリ。

それなりに気を使っていたのか、外食しているときは黙っていてくれたんですが、家で食べると『早く直しなよ~』とか『まだそんな持ち方しているの? 恥ずかしい!』とかって、本当に口うるさかったですね。

僕のためを思ってのことなのはわかるんですが、50歳近いオジサンになってまで、今さら箸の持ち方なんて、そうそう簡単に変えられないし……(苦笑)。

ガミガミと小言を言われるのが面倒で、そのうち外食ばかりになってましたし、なんとなく別れちゃいました……」(48歳男性/製造業)

パートナーのマナーが気になると、良かれと思って直してあげたくなるのは、女性の“優しさ”。

しかし、家で食事をするときくらいはくつろぎたいと思っている男性ほど、こう言った小言(?)を言われるのにウンザリしてしまう傾向は強いのかも。

しつこく言いすぎないことも、心地よい食事の時間を楽しむには、大切な心がけと言えそうです。

 

男がウンザリする40代オバサンの手料理シーン3:過去の女性と自分の料理を比較させる

 

「最近、46歳の女性と真剣交際を始めたんですが、彼女はずっと独身で、僕は3年前に離婚したバツイチなんです。

もともと嫉妬深い性格なのは薄々気づいていましたが、元妻が管理栄養士だったこともあって、なぜか彼女は元妻と料理で張り合おうとしている様子があり、食事をするたびに疲れます。

例えば、わかりやすいところで言うと、“焼くだけ”で終わるステーキでも『うまい』って言っているのに『前の奥さんと私と、どっちの焼き加減が好き?』って具合です。

最初のうちは、ヤキモチを焼いていて可愛いと思ったんですが、毎回こんな調子なので、そろそろ疲れてきました……。

ぶっちゃけ僕は、どっちの料理もそれぞれに良さがあると思っているんですけどね……。

そんなこと、口が裂けても彼女には言えません」(44歳男性/IT)

好きになった男性の過去に嫉妬してしまうのは、それだけ相手のことを想うからこそ。

しかし、あからさまに張り合っているような態度で手料理を振る舞われても、せっかくの美味しさが激減……となるのも、男性の本音でしょうか。

 

「メシマズな女性は男性を幻滅させる」と聞きますが、どんなに腕が良くとも、手料理を振る舞っている場面で男の幻滅を招く振る舞いをしてしまえば、一発でゲンナリさせる要素にもなりうるわけです。

お心当たりがあった女性は、ぜひご注意を。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事