お金目線で「結婚してはいけない男」40代だから知っておきたい5選

FPとしてお金の相談をしていると、「これから離婚を考えているけれどどう準備したらいい?」と切り出されたり、お金のやりくりが大変そうで、ああ苦労しているなと思うことがよくあります。

 

大好きな人と結婚したはずなのに「こんなはずじゃなかった」と思わないよう、これから結婚するかもしれない女性への警鐘として、お金の相談と並行して離婚相談や夫婦関係相談も行っている筆者が感じた「結婚してはいけない男」の5つのパターンを紹介します。

 

結婚してはいけない男①運転すると人が変わる

いつもは優しいのに、車を運転していて前の車がノロノロ運転だとあおったり、横断歩道をおばあさんがゆっくり渡っていていると「早くしろ!オラ」とブツブツ言ったりしていたら要注意。自分が思うようにならない時に人が変わる傾向があるようです。

 

結婚して専業主婦になってから、家事や料理に文句を言ってきたり、仕事でのイライラを家族にぶつけたりすることも。自分の感情をコントロールできない表れでもあります。

 

結婚してはいけない男②いつもおごってくれる

デートのたびに食事も映画も全部おごってくれる彼。なんだかお金があって頼りがいがあるように感じますがこのタイプも要注意。一生懸命彼女の気を引こうとカードローンがあるなど金銭感覚がしっかりしていないことがあります。

 

結婚してからもお金にルーズで欲しいものを我慢せず買ったりすることが多いので貯金がしにくい家計になりがちです。

 

逆にきっちりいつも「1円単位で割り勘男」も要注意。お金にうるさいケチ夫になるかもしれません。財布を奥さんに握らせず、家計費として6万円渡して食費と雑費をまかなってね、というご家庭もありました。

 

光熱費・家賃・通信費・幼稚園代等は夫の口座から引き落としで、夫の給料がいくらで、いくら貯金があるかもわからず、自分も貯金ができる余裕がないので困っていらっしゃいました。

 

結婚してはいけない男③かけ事が好き

デートの時以外しているのは競馬かパチンコ。これはおわかりのとおりギャンブルでお金を使ってしまうタイプです。節度をもって楽しむ位かどうかは結婚前に見極めておきましょう。

 

自分の食事や生活の質を下げてまでギャンブルをしている場合は、結婚してからも生活より自分のギャンブルを優先させたり、足りない場合は借金をしてしまうこともあります。

 

浮気はつける薬がない、治らない病気で、それを許したり、受け流す妻が「寛容だ」とか「できた女房」とかいまだに言われることは甚だ疑問です。

 

付き合っている時から浮気していた彼は結婚しても必ず浮気します。結婚したら辞めるだろうと思うのは甘いです。浮気された彼と結婚するならそれなりの覚悟をもちましょう。浮気癖と同様、ギャンブルも依存症という言葉がある位でなかなかすっぱり止められるものではありません。

 

結婚してはいけない男④家族仲が悪い

兄弟や親と仲が良くない理由は家庭の事情で様々ですので一概にいえないことではありますが、家族は社会の最小単位です。親どおしの中が悪い場合や父親がモラハラに近い亭主関白の場合、それを引き継いでしまっていることが多いようです。

 

もちろん、そのような環境で育っても反面教師と考え、妻に優しく家事分担もしている旦那さんもいらっしゃいます。しかし、やはり「育ち」は大事です。温かく嫁姑、親子、兄弟、姉妹なかのよい家庭で健やかに育ってきた男性も女性も同じような家庭になっている傾向があります。

 

親の悪口をよく言っていたり、兄弟仲が悪いことを彼から聞くと「私だけでもこの人のことをわかってあげたい」と思うかもしれませんが、結婚すると彼は「家族」になります。常に一緒にいることが当たり前になり気に入らないことがあると今度は妻を疎ましく思うようになりがちです。

 

結婚してはいけない男⑤誰にでも優しい

彼女だけでなくわけへだてなく誰にでも優しい人はとても魅力的です。しかし、お人よしと言われるほど誰にでも優しい場合は気をつけたいものです。情に流され、借金で困っている人をほおっておけずお金を貸して騙されたり保証人でひっかかり自分が自己破産するはめになる人もいます。

 

また、独り身で頑張っているシングルマザーなどの相談にのっているうちに情がうつり、浮気してしまったケースも。同情しすぎて、共働きで頑張っている妻は一人でもやっていけるだろうと出て行ってしまう情けない夫もいました。

 

優しいことはすばらしいことですが、自分の軸をしっかりもたず情に流されやすいタイプには気をつけたいものです。

 

まとめ

マネー相談は、富裕層の運用相談だけではなくなってきています。おひとりさま女子が妻子ある男性とひどい別れ方をした後将来設計をどうしたらよいか、数年後には離婚したいと思っているがどのような準備をしたらよいか、夫から家計費をあまりもらっていなくて困っているなどまさに人生相談になることも。

日々ドラマのようなお話をうかがう中で、共通する「結婚してはいけない男」のタイプを5つ紹介しました。40代になると結婚を勢いで!とはならないもの。じわっと幸せを感じられるようなご縁が見つかるといいですね。

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。
*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/
*公式ホームページ「FP For You」
http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko
「(株)クレストコンサルティング」
http://www.crest-cc.co.jp
*公式facebook「FP For You」
https://www.facebook.com/fpforyoucfp

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

FPだけが知っている「保険でお金を増やす」3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

年収300万の40代。毎月いくら貯金するのが「貯金の正解」ですか?

年収300万円と聞いて少ないと思いますか?民間給与実態統計調査(国税庁・平成28年度)によると、40代前半女性の平均年収は302万円。40代後半女性は299万円となっており、40代の平均は年収300万円ほどといえます。12…

【チェックリスト】10年ほったらかした貯金は没収される!2007年ごろの口座に要注意

平成19年って最近に感じるのが40代。私もその一人です。先日の新聞で「平成19年10月1日以後にお預けいただいた貯金で、最後のお取り扱い日または満期日から10年経過するとATM・ゆうちょダイレクトの利用ができなくな…

40代から「勝手に貯まっていく」仕組みづくりは、この一覧表だけ作ればOK!

お金を貯めようと思っても貯まらないのは、臨時支出があるたびに使ってしまうことが原因です。家計簿をきっちり書くのは忙しい40代には至難の業。貯める額を決めたらそれを取り崩さない仕組みを作ってしまえば「勝手…

「ほったらかし貯金」で意外と私はお金持ち!?カンタンチェック方法

「貯金が全然ないんです」とマネー相談に来られるお客様。収入や支出などを確認しながら少しでも貯金できるようにアドバイスしていくのですが、大事なチェックポイントは自分の「資産」。把握している貯金は少ししか…

今からでもまだ間に合う! 40代から始めたい「2つの貯金」

夏休みに帰省して実家に帰ると、少しずつ年齢を重ねていく家族との時間でいろいろと考えることがでてきたのではないでしょうか? 自分の将来を考えて今から必要な準備はお金の貯金だけではありません。お金だけあっ…

ほったらかし積立で500万円!手取り22万ずぼら女性が成功した理由

世の中NISAだiDeCoだ騒いでいるけれど、そもそも何?面倒だしよくわからないからまあいいやと思うなかれ。ほったらかし積み立てでかなり増やした「ずぼら女子」のサクセスストーリーを紹介します。同じずぼらでも貯…

40代の平均は? 普段使うスキンケアコスメの数を調べてみた

じりじりと暑い毎日。ちょっと外に出ただけでも汗がでてきて日焼け止めもすぐ落ちてしまいます。日焼けはしみの原因になるし…。きりがないスキンケアに40代女性たちはどれくらいかけているのでしょうか。87%の女性…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず頑張りすぎるとリバウンドしてしまいます。…

髪の悩みの救世主。株主優待でサロン製品をゲット!【特集オトナの髪悩み】

40代になると毛先の傷みや乾燥など髪の悩みはつきないものです。サロンでトリートメントやヘッドスパをしたいけれど結構費用もかかります。今月のOTONA SALONEの特集は「オトナの髪悩み」。今回は美容や生活の分野と…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事