安室奈美恵、永遠の歌姫がいまあのチェックのスカートをはいたワケ

平成のディーヴァ、安室奈美恵が9月16日に引退しました。

 

女性芸能人が無名のまま終わるか、それともスターとして大成するかどうかは、才能はもちろんのこと、時代性や応援してくれる力の強さ(事務所など)があるでしょうが、もう一つのポイントは家族、もっと言うと母親との関係だと思うのです。

 

女性スターの背後にいる母親像とは・・・

家庭は少し貧しいくらいがいい。ステージママでなくてもいいけれど、母親が芸能活動に理解があること。一族からスターが生まれても、スターもその家族もお互いに批判的な意見を持たない家庭から、スターが生まれると私は思っています。

 

たとえば、松田聖子。「ミスセブンティーンコンテスト」で優勝を果たした聖子ですが、両親が反対することは目に見えていたので、オーディションを受けたことも話せなかったと「オーラの泉」(テレビ朝日系)で話していました。母親は最初こそ反対していたものの、しだいに応援してくれるようになり、父親も説得してくれます。

 

聖子の母親は現在、聖子の個人事務所の社長を務めていますが、「女性自身」(光文社)によると、介護が必要な母と同居するために聖子は家をリフォームしているそうで、家族仲が良いことをうかがわせます。

 

それに対し、「スター誕生」史上、最高得点を叩きだした中森明菜は、芸能界入りが叶わなかった母親の無念をはらすため、七回目の挑戦でやっと合格したそうです。

 

娘が悲願のスターになってめでたしめでたしかというとそうでもなく、親兄弟が明菜の財布をアテにして、勝手に事務所に借金をしてしまうなど、金銭トラブルに見舞われます。「女性自身」によると、明菜は中森家から戸籍を抜いてしまったそうで、家族への不信感は相当根深いと見ることができるでしょう。

 

売れれば取り巻きは格段に増えるでしょうが、その人たちが信頼できるかというと首を傾げざるを得ない。そう考えたとき、血縁を信頼したいと思うのが人情です。母親との関係がいい女性芸能人は、いざという時のふんばりがきくのではないでしょうか。

 

タブーと化した母親の事件とは・・・

そう考えた時、どうにも不思議なのが、アムロちゃんなのです。

友達のつきそいで行ったアクターズスクールで校長にスカウトされたことがアムロちゃんのデビューのきっかけとなっていますが、母親は月謝が払えないということで辞退しています。結局、特待生として授業料は免除してもらったそうですが、アムロちゃんは学校までの道のりを片道1時間以上かけて歩いて通ったそうです。

 

アムロちゃんのお母さんは「約束―わが娘・安室奈美恵へ」(扶桑社)を出版していますが、デビューが決まって東京に行こうとする娘を必死で止めたという描写からは、芸能界に入れたくないという気持ちが感じられます。売れるわけがないとお母さんは思っていたそうですが、社会現象と言われるまでにアムロちゃんはブレイクします。

 

いいことがあると、悪いことがあるのはスターの宿命。バツイチのお母さんは再婚をしていましたが、著書を出版して半年後に再婚相手の弟に車でひかれ、ナタで殴られ殺害されてしまうのです。犯人は服毒自殺したので、なぜこんな事件を起こしたのか、真相は藪の中です。アムロちゃんの精神的打撃は大きく、「AERA」(朝日新聞出版)によると、この時は本気で引退を考えたそうです。

 

母親を亡くしたアムロちゃんに、不運は重なります。離婚をしてシングルマザーとなり、恩人である小室哲哉プロデュースから離れ、セルフプロデュースを開始します。小室サウンドに慣れたファン層は、この変化が受け入れられず、セールスは一時的に低迷します。安室奈美恵は終わったと書き立てる週刊誌もありました。

 

しかし、ここで終わらないのがアムロちゃんのすごいところ。R&Bやhip hopよりの曲を発表することで新境地を開拓し、新にファンをつかんでいき、トップに返り咲きます。スターに引退はないと私たちは思いがちですが、昨年、アムロちゃんは引退を発表します。

 

NHKドキュメンタリー「安室奈美恵 告白」によると、10代のころから、いつかは引退すると考えていて、本当は20周年を迎えたころに引退をしたかったけれど、調整がつかなかったと、引退が思いつきではないことを明かしました。

 

こういう番組では苦悩を語ったほうが盛り上がるのでしょうが、アムロちゃんはそれをしません。引退後の新しい生活が楽しみとほほ笑む姿からは、芸能界にまるで未練がないように感じられました。

 

ほとんどテレビに出ないアムロちゃんですが、引退直前のインタビューが9月12日の「あさイチ」で放送されます。面白いことを言って目立とうという意味のサービス精神がないアムロちゃんですが、私が注目したのはアムロちゃんの衣装でした。白いブラウスとチェックのスカートです。

 

それはまさに「あの時代」だった。次ページ

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

LIFEに関する最新記事