かっさ、顔ヨガ、ストレッチ…40代の私が「すき間時間にできている」顔とボディの4つのたるみケア

40歳を過ぎると、顔や身体、あちこちたるんでくるのが現実。私も電車が地下に入った瞬間に、窓に映った自分のほうれい線にびっくりしたり、朝起きてまぶたが重くて目が開きづらい……と、日々の生活の中で実感しています。

少しでも加齢に抵抗したい気持ちと、諦めの気持ちが混ざり合う複雑な心境の中、私が実践している、簡単で続けやすくて効果的なたるみ防止策をご紹介したいと思います。

 

たるみ防止ケア〜フェイス編〜

1・イタ気持ちいい「カタツムリカッサ」はツノの部分でこのツボ押し

顔のたるみに一番効果が実感できたのが、このちょっと不思議な形のカタツムリカッサ。

最初に目にした時は「なにこれ、どうやって使うの?!」と思ったのですが、絶妙に手のひらにフィットするフォルムで持ちやすく、これ一本で頭皮から目元、フェイスライン、首筋までマッサージできる優れもの。

試してみると、生え際から頭頂部に向けてグリグリと動かすだけで、なんとも言えない激痛が!

PC仕事で目を使っているからか、頭皮もガチガチになっていたのですが、我慢しつつしばらくゴリゴリすると、目の周りがすっきりしてきたような……。

さらに、マッサージオイルをつけてカタツムリの目の部分で眉毛を挟むように動かしたり、ツボ押ししたり、フェイスラインに沿ってリンパを流すようにすると、顔がすっきりするだけじゃなく、目の疲れや肩こりも軽減され爽快な気分になります。

まさに自宅で片手間にできる痛気持ちいいケアなので、DVDを観ながら、原稿の合間にとちょっとした時間に続けられます。

痛いのが苦手な人は、少々お値段は高くなりますが、MTGの「リファエスカラット」が使用感も心地よく、フェイスラインがすっきりするのでおすすめです。

 

2・一人でいる時にこっそり……顔ヨガは「舌を突き出す」

美容師の専門学校に通っている時に、特別授業で顔ヨガを勉強する時間がありました。

20年前の話ですから、当時はまだそこまでメジャーではなく、いきなり変顔をし始める先生に生徒たちはとまどいつつ、周りの目を気にしつつ練習したのが顔ヨガに出会ったきっかけです。

その中でも、フェイスラインや二重顎に効くのが、顔を上に向けた状態で舌を天井へと突き出すポーズ。今これを読んだ方はぜひやっていただきたいのですが、顎の裏側がものすごく引っ張られて首のあたりがすっきりすると思います。

他にも、こめかみに反対の手のひらをあて、顔に当てた腕の方に顔を倒しながら舌を足の方へと伸ばすポーズもたるみに効果的なので、ぜひお風呂やトイレなど、人の目に触れない場所で思いっきり実践してみてください。

 

たるみ防止ケア〜ボディ編〜

3・布団で10分の「寝ながらストレッチ」は脚を重点的に!

ボディラインを整えるのとダイエット目的で、1年ほどホットヨガに通っていたのですが、猛暑で行く気にならず、さらに子供の夏休み中はなかなか時間を作ることができず、この夏やめてしまいました。

汗をかくのも身体を伸ばすことも気持ち良かったのですが、定期的にうまく時間が取れず行けないこともストレスになるので、一度リセットしてまた余裕ができたら通い始めたいと思います。

それまでは、自宅でのストレッチを続けようと思っていたのですが、日中は仕事に家事に育児にバタバタしているため、子供が寝た後にベッドの上でできる寝ながらストレッチを毎日の日課に。

足を伸ばしたり、股関節をほぐしたり、5〜7つほどのストレッチを10分〜15分くらいで済ませるだけで、寝つきも良くなり内側からたるみ防止になっているような気がします。もう少し筋トレしたり体幹も鍛えたいので、うまく日常生活の中で取り入れられる方法を検討中です。

 

4・肌質はコスメでキープ。気分も上がる!クラランスのボディケア

いくらストレッチしても肌質まではケアできないので、やっぱり効果の高い化粧品は欠かせません。

お風呂上りに使っているのが、すっきり引き締めハリのある美しい肌へ導く全身ボディ用マッサージクリーム「クレーム マスヴェルト」と、肌はなめらかに引き締めて、うるおいが持続する「ボディ フィット」の2アイテム。

どちらもクラランスのヒット商品で、順番はクレーム マスヴェルトをお腹周りや太もも、お尻、二の腕などたるみや肉づきの気になる部分につけてマッサージした後、ボディ フィットをお腹から足まで下半身中心に塗ります。

ボディ フィットはリニューアル前のトータル リフトマン スール EX時代から愛用しているのですが、スーッとした付け心地なので足の疲れやむくみが気になるときにもおすすめ。フルーティ フローラル ウッディの香りがさわやかで癒し効果も抜群です。

引き締め効果の高いクレーム マスヴェルトは、旅行中に免税店で購入したのがきっかけで、セルライトの気になる部分に使い続けています。この二つを使い続けて、冬場でも肌が乾燥することもなくなり、肌のハリがアップしたような気がします。

一度、息子が購入したばかりの新品クリームを触っていて絨毯の上でひっくり返し、中身がほとんどこぼれたのを必死になって隠そうとして、全身ベタベタになっていたという事件も、いい思い出(?)です。

 

以上、いかがだったでしょうか。年を取ればあちこち重力に逆らえなくなるのは当然ですが、少しでもたるみを遅らせたいのが女心。私が実践しているのは、そこまでお金も時間もかけないささやかな抵抗ですが、実際にやってみて効いたかも! と思ったことばかりですので、これからケアを考えている方の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

 セールでも絶対購入NG!【トップス】【ワンピ】40代女性が「大後悔」した6アイテム

前回、セールでも絶対購入NG!40代女性が「大後悔」した6つの【スカート】【パンツ】でもご紹介した記事ですが、今回は、40代女性たちに聞いた“買って後悔した”プチプラブランドのワンピース&トップス編をお送りし…

「オバサンひとつ結び」から脱出できた!時間のない私の髪まとめ方法は…

何もしなくても美しい髪をキープできていた若い頃と違って、40代前後になってから、急速に髪質の衰えを感じ始めたという人も多いのではないでしょうか。かく言う私も、35歳くらいから「うねり」によるまとまりのなさ…

[PR]

セールでも絶対購入NG!40代女性が「大後悔」した6つの【スカート】【パンツ】

一部夏セールも始まり、お得に服が買える今の時期。ちょっと時間が空いた時にお気に入りのブランドをのぞいたり、通勤時間や寝る前の時間を利用したネットショッピングがちょっとした楽しみになっている人も多いので…

【着太り】40代の白ボトムスは○○で「若作りオバサン」防止!

まだ5月だというのに、早くも夏日が続いている今年。そんな今の時期に活躍するのが、着こなしに清潔感と女性らしい爽やかさを与えてくれる白ボトム。ベーシックカラーなので40代にも取り入れやすく、トップスの色を…

着やせのコツはパーツで違った!【二の腕・下腹・お尻・太もも】気になる部分別やせテク

気温も上がり、そろそろ薄着になりごまかしが効かなくなる季節。どうせなら少しでも着痩せして見えたい、スタイル良く見えたいと思うのは40代女性たちの本音です。今回は、部位別に着痩せする着こなしのポイントをま…

40代が【飛びついちゃダメ!】この春の流行大反省会

10日間のゴールデンウィークも終わり。年号も令和に変わって早1週間、春のお買い物もひと段落したという人も多いのではないでしょうか。お仕事シーンと違って、長い連休中は着こなしのバリエーションに困った、旅行…

断捨離は何から始めて、どこまで捨てる?後悔しないコツと手順、成功例は

寒暖差が大きかった今年の春。ようやく本格的に暖かくなってきたので、このゴールデンウィークにクローゼットの衣替えをしようと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、クローゼットを占める割合の多いア…

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって?

気温もグッと上がり、春本番を迎える4月。そろそろ着こなしも本格的に春っぽくしたいけど、なぜかいつも似たような格好になってしまって、イマイチ気分も上がらない……。なんて人も多いはず。今回は、40代の“着映え”…

新パーソナルカラー診断別、40代女性たちの春のマストバイアイテム

先日は季節外れの雪も降りましたが、春もいよいよ本番のこの時期。気温の上昇とともに、冬から春への着こなしのスイッチングを意識する季節がやってきました。今回は、「パーソナルカラー診断」を元におすすめの春ア…

黒紺グレーばっかり持ってない?「地味コンサバおばさん」を脱出する5つの方法

華やかな色の服が流行る春になっても、結局買い物に行くと無難な色を選んでしまう、というアラフォーの人も多いはず。確かに着回しやすさや、大人でも浮かないという利点はありますが、保守的すぎる着こなしで密かに…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事