あ、これ面倒くさいやつ。男性がドン引きした40代独女の「オフィスでの無茶な駆け引き」

男性にとって、仕事は自分の関心を大きく占める大切なもの。

当然、ミスはしたくないし良い結果を出したいと日々頑張っています。

そんな中で、堂々と恋愛をオフィスに持ち込んで振り回してくるような40代独女は、何より「幼稚な人間性」が敬遠される原因に。

実際にどんな駆け引きを体験したのか、エピソードをご紹介します。

 

仕事中はこっちに集中してほしい

「自分のことじゃないんだけど、会社で見てドン引きしたこと。

いつも『彼氏がほしい』って騒ぐアラフォーの同僚、異動でうちの部署に来た男性に片っ端から声をかけるんだよね。

それはいいけど、周りに『この人を狙ってます』アピールがすごい。

自分より若い女性社員が話しかけたら睨みつけたり、お昼休み一緒に食べようって真っ先に近づいていったり、自分のことしか考えてない感じで。

もちろん相手の男も困ってるし、俺も『あの人いつもああなの?』って訊かれて『そうだね』って答えたことがあるけど、アラフォーにもなってあれは正直恥ずかしいと思う。

ムリだなと思ったのは、仕事に集中していないから当然ミスするし、それを上司に責められたらふてくされるところ。

お願いだから仕事中は自分の業務に集中してほしい。迷惑です」(39歳/教育)

 

★ 職場に好きな人がいれば、多少のアピールはどうしても考えますよね。

ですが、自分の仕事にまで影響するような偏った関心は、相手にとって迷惑だし周りにも歓迎されないこと。

ミスを指摘されたらふてくされる姿って、男性から見れば「自分のことしか考えていない、幼稚な性格」と映ります。

自分の仕事をしっかりこなしてこそ、恋愛もスムーズに進むもの、と考えたいですね。

 

「ホウレンソウ」は社会人の常識です

「同じ部署のアラフォー女性に言い寄られていたとき。

見た目は若いし明るいし、好きになられる前は一緒にお昼を食べたり楽しく過ごせていたんだけど、好意を向けられるようになってからはがらっと変わって……。

外回りのスケジュールを俺に合わせてきたり帰社の前にお茶に誘ってきたり、こっちは予定が狂うし相手にするのが大変でした。

一番しんどかったのが、上司への報告とかを後回しにするから一緒にいた俺まで怒られること。

同僚にお客さまから連絡があることを伝え忘れていて、現場が混乱なんてこともありました。

でも、本人はケロっとしてるんですよね。それが信じられない。

仕事がデキる人だと思っていただけにショックが大きくて、それからは距離を置いていました。

落ち込んでいる様子を見るのはつらかったけど、社会人ならまず「ホウレンソウ」をちゃんとしようよ」(36歳/製薬)

 

★ こちらも公私混同が招いた悲劇。

好かれたら嬉しいけど、仕事の不手際に自分まで巻き込まれるのは誰だってごめんですよね。

ある程度自由のきく外回りの業務であっても、大切な仕事であることには変わりません。

無責任さが見えると、女性の前に社会人としての常識を疑われます。

せっかく良い雰囲気だったのに、仕事を通じて恋心が萎えるなんて、もったいないことです。

 

それは確かに…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事