岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても、過剰さだ。

横並びのアラフォー達

私も以前は、そう考えていた。しかし最近になって、むしろ過剰さより過少さのほうに私なりのイタさを感じるようになった。

つまりイタいといわれたくない、それが最大のファッションのテーマになってしまい、ひたすら無難でありつつ流行は取り入れました、ってな横並びアラフォー達ね。

冠婚葬祭それぞれに相応しい服装、特に結婚式や葬式では禁忌のいで立ちってのはあるわけで、そこで激しく逸脱した格好はイタいイタくない、おしゃれダサ、それ以前の問題だ。

幾つであっても、大人はやっちゃいけない。

 

好きな物を取り入れてこそ

だけど、普段着やちょっとしたよそ行き、デートやパーティーのための、縛りがそんなにない、自分のオシャレを思う存分に楽しめて選べるシーンで、とにかく流行だけは押さえる、みんなと同じような格好、何はさておき好感度と安心感で、ってのはイタいというよりもったいない気がするわ。

せっかく自分で稼いで自分で選べる、もしくは稼いでなくても買える立場になっているっていうのに。

だったら、私はこれが好きなの、という強烈に派手だったり個性的すぎるスタイルのアラフォーのほうが、自分に自信あってカッコイイし人生もファッションも楽しんでるなぁ~とうらやましくなるけどね。

 

イタいも極めてしまえば

もっとも、ヒョウ柄オバサンと呼ばれるほどヒョウ柄を着まくり、ヒョウの着ぐるみ姿でテレビに出て笑われているオバサンにファッションをとやかくいわれたくない、という人々がいるのもわかるし、それも受け入れる。

私の場合はイタいイタくないを飛び越えて、間違ってもオシャレとはいわれないけれど、岩井志麻子スタイルを確立しちゃったからなぁ。

ちゃんとした方々に、私スタイルを真似ろなんていえないにしても、イタいも極めれば確立された独自のファッション、完成されたスタイルになるっていうのはいっておく。

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

【岩井志麻子】「好きだけど別れる」の本音とは? 40代独身・カツ子の場合

仮に婚活のカツ子としておくが、カツ子は有名企業勤務でそこそこ美人だ。元々そんな堅実でも尻軽でもなく、ぼんやりと好きな男と恋愛結婚したいと願っていたら、四十路の独身に。遅まきながら婚活を本気でやり始めた…

【岩井志麻子】あなたはどっち? 40代「世話好き」と「身勝手」の境界線

四十を過ぎると、よっぽど頼りないと思われていない限り、若い子達から「世話好きオパサン」であることを期待される。そんなの嫌というなかれ。繰り返すが、そう期待されないってのは年相応の信頼や立場がない、と見…

【岩井志麻子】それは「ズルい女」なのか?

ズルいってのは、一般的な考えと解釈では、法的に罪に問われるほどではなくてもあまり正しくない手段で得をした、とか。正々堂々、正攻法、正面からは行かず、裏から手を回しただの横入りしただのいわれる方法で、何…

【岩井志麻子】40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?

仕事で、服役経験者や刑務所への取材をしたことが何度かある。そこで当事者達だけでなく、刑務官や弁護士といった関係者も口をそろえたのは、「やっぱり何がつらいって、人間関係なんですよね」ということだった。人…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事