鈴木保奈美、第二次ブームで思い出される「90年代自傷型ヒロイン」の呪い

芸能人は芸能人であることを、決してやめられない生き物だと私は思っています。

 

90年代、若手トップ女優だった鈴木保奈美(以下、ホナミ)が、ことあるごとに「女優がむいていない」「私はスーパーと家の往復で幸せになれるタイプ」と女性誌などで発言していた時、私は世の中のことを知らない子供でしたが、ホナミが専業主婦という地味な生活がおくれるはずがないことくらいはわかりました。

 

ホナミ・バブルを揶揄するオトコ、歓迎するオンナ

そのホナミがとんねるず・石橋貴明とできちゃった再婚をして、芸能界を引退します。あれだけのスターなのに引退会見も公演もなく、無理やりやめたという印象を私は持ちました。しかし、やはり子育てに一段落ついた2008年に仕事復帰し、2016年に「ノンママ白書」(フジテレビ系)で主演に返り咲いて以降、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」、「主婦カツ」(NHK BSプレミアム)、「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)などに出演、ホナミの出世作「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の再放送が高視聴率を記録しているということもあり、今は第二次ホナミブームと言っていいでしょう。

 

面白いのは、このホナミ・バブルについて、男女で視点が異なることです。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が打ち切られたことから、オジサン御用達・日刊ゲンダイは「暇な石橋貴明が超多忙な鈴木保奈美に突き付けた二つの条件」を報じています。石橋が暇をもてあまし、ホナミに「どんなに撮影が遅くなっても、家に帰ること」「夕方には家に一本電話を入れること」という条件をつけたり、「元カレ(フジテレビの元プロデューサー)と会っているのでは?」と疑心暗鬼になっていると報じています。

 

女性週刊誌はどうかというと、その反対です。「女性自身」(光文社)は「鈴木保奈美を変えた主婦経験 スタッフ仰天のリアル演技を見せる」という内容で、ホナミの主婦経験が演技に深みを与えていると書いています。「女性セブン」(小学館)では「鈴木保奈美、原田知世ら50代女優が、再び注目を集めるワケ」と人気の理由を好意的に説明しています。

 

妻がいきいきすると不倫しているかもと疑う男性と、これまでの経験を活かしていると好意的に解釈する女性。ホナミの心中はホナミにしかわかりませんが、私もホナミは今が一番楽しく女優をやっているのではないかと勝手に推察しています。

 

あのドラマの再放送で、私たちが思い出したこと。次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事