不倫狙いの男が「負けを認めた」40代女性のスマートな断りかた3選

既婚者から“不倫相手”として狙われてしまうのは、40代女性としては少々、いえ、かなり面倒な展開のひとつ。

しかし仕事の関係者や飲み仲間などに既婚男性が少なくない世代でもあるだけに、若い頃よりも、そういった場面に遭遇しやすくなるのも確かです。

そんなシーンでは、大人にふさわしくスマートな断り方ができる40代女性ほど、知的な印象も強まります。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、なかなか遊び癖が抜けていない(!?)既婚男性たちに「この女性には、完全に負けた……!」と感じた知的な断り方をリサーチ。

そこから浮かび上がってきた、不倫狙いの男性たちが、すごすごと引き下がってくれるスマートな断り方を3選ご紹介します。

 

不倫狙いの男性が瞬殺で「負け」を認めるスマートな断りかた1:さりげなく妻を引き合いに出す

「うちはもう夫婦関係が冷え切っているので、好みの女性がいたらそういう関係になりたいなと思っちゃって、酒の席ではつい女性を口説いてしまうこともあるんですが……。

そういう話になったときに『この女性は、知的に断ってきたな』と感じる女性に共通するのは、さりげなく妻の話を出すことですね。

次回の食事や飲みに誘ったときに『次回はぜひ、奥様も』と言ってくるようなタイプは、断り慣れている感じがするので、それ以上、深追いはしません。

一度、狙っていた女性から『奥様にどうぞ』と高級菓子の詰め合わせをもらったこともあり、そのときには、完全なる“負け”を意識しましたね」(48歳男性/経営)

 

よからぬことを考えている既婚男性を撃退するにあたっては、“妻”ほど強いワードはないと言っても、過言ではないでしょう。

家庭がある身で他の女性を口説こうとしている男性の目を覚ますのには、これ以上強力なマジックワードはないうえに、口説かれている女性としても口にしやすい言葉ですから、スマートに撃退するにあたってはタイミングよく繰り出したいものです。

 

不倫狙いの男性が瞬殺で「負け」を認めるスマートな断りかた2:絶妙なタイミングで子供の話題を出す

「妻以外の女性とも定期的に関係をもってしまっている僕だけに、女性にはいろんな断られかたもしてきていますが、最近、スマートだと感じた断りかたは、僕の子供に会いたがった展開でしたね。

仕事の話の延長でバーに誘ってふたりで飲んでいたんですが、僕には下心があったので口説き始めたところで、相手の女性から『お子さん、おいくつになられたんでしたっけ?』『お子さんの写真、ないですか? 見たいです!』と、子供の話を積極的に出されました。

いいムードをつくるたびに絶妙なタイミングでこれをやられたんで、さすがに『ああ、僕とそういう関係にはなりたくないってことだな』って悟りましたよ。

恐ろしい形相をして『私はそんな軽い女じゃありません!』とか断ってくる女性と比べて、知性を感じる断りかたでした。

仕事の関係者だけに、後の人間関係にも影響がないようにスマートに断ってくれたと思うと、“デキる女”って感じがして、尊敬の念すら覚えました」(49歳男性/不動産)

 

悪巧みをしている既婚男性には、“妻”同様に、子供の話題も「効く」ワードに。

闇雲に出すのではなく、相手の男性が口説くムードを作ってきたところでさりげなく出すのが、知的な断りかたに繋がるようです。

 

やっぱり最後はマジレスが勝つのね…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事