ちょっと生活感ありすぎじゃ…? 男が引いた40代女性の「婚活自己アピール」3選

 

狙っている男性に「私ってこんな人!」を印象付けたくて、あえて好感度が上がりそうなアピールを繰り出す40代女性も、決して少なくはない実情にあります。

しかし女性側が「いい具合にアピールできた」と満足していても、話を聞かされた男性が「あのアピールは滑稽だったな!」と感じてしまえば、本末転倒。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちに聞いた「悪い意味での生活感しか感じなかった、40代女性の滑稽な自己アピール」を3選ご紹介します。

 

狙いとはウラハラに「生活感ありありオバサン」1:プチプラファションをことさらに強調

「婚活系の飲み会で知り合ったセンスのいい43歳の女性がいて、何度かデートに誘いました。

その人はいつもオシャレな服を着ているので、僕は褒めているつもりで『素敵な服ですね』『今日もよくお似合いですね』って伝えていたんですが……。

すると、その女性は何を勘違いしたのか、そういう話題になるたびに『安物のファストファッションしか、着ないことにしています』とか『この服は、高そうに見えて2,980円なんですよ』とかって、“服にお金をかけない自分”を随分と強調してきました。

僕は、自分で稼いでいるお金でどんな服を買おうが自由だと思うし、40代ともなれば上質な服を着ていてしかるべきだと思っているだけに、そんな話ばかりするその女性のピント外れな返事に、なんて言ったらいいのかわからなかったです。

堅実な生活をアピールしたかったのかもしれないけれど、あまりに言うので、かなり引いてしまったのが本音です」(47歳男性/情報通信)

 

“洋服にお金をかける女性=浪費家”という誤解を受けた経験がある女性ほど、やらかしがちなアピールといったところでしょうか。

堅実な生活が男性に好まれるのは間違いではないものの、“安物買い”をことさらに強調しても、狙い通りの効果が得られるとは限らないのも実情です。

 

狙いとはウラハラに「生活感ありありオバサン」2:「ぬか漬け」のウンチクをひたすら語られても…

「仲間が開いてくれた、そこそこ規模の大きい婚活パーティに参加したときの話です。

ぱっと見は華やかで洗練された雰囲気の45歳の女性がいて、結構僕のタイプだったんですよ。

で、僕から積極的に話しかけて、フリータイムでは長い時間話をできたまではよかったんですが……。

料理の話になった途端に『私って、料理をしないように見られがちですが、かなりこだわりがあるんです』から始まり、最終的には“ぬか漬け”のウンチクをひたすら語られるハメに至りました。

家でぬか漬けをつけているタイプには見えなかったので、いい意味でギャップも感じたのも確かですが、それ以上に、必死でウンチクを語っている姿に変な生活感がありすぎて、そっちにドン引きしました。

結局、そのパーティ以来、その女性には連絡をしていません」(48歳男性/物流)

 

これぞ、正真正銘の“ぬかみそくさい女”!?

……という冗談はさておき、“ぬか漬け”にはわかりやすく家庭的なイメージもあることから、この女性はあえてぬか漬けを選んでご自身の料理の知識を語ったのかもしれませんが、男性にしてみればポカーンとしてしまう話題になってしまったことでしょう。

「料理できます」アピールも、ほどほどにしておかなければ、逆効果になることがあるデンジャラスな話題です。

そもそもその言い訳ってアリなの…?次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事