デキる40代…! 遠出のお泊まりデートで男が「気がきく」と感激した意外なアイテム3選

週末を活用したプチ遠出のお泊まり旅行や、長期休暇を満喫する旅行など、 最愛の彼とのお出かけ&お泊まりデートでは「気がきく」と思われたほうが、恋の行方も安定するもの。

ハタチそこそこの頃の自分では気づかなかった、“ちょっとした部分”に目を向けることができれば「さすが大人の女性!」と、彼からの評価がぐんと上がる可能性だって見込めます。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちに「40代女性との旅行で、彼女が持ってきて“気がきく”と感動したもの」をリサーチ。

そのなかから、意外性がありつつも「なるほど!」だったアイテムを3選ご紹介します。

 

「さすが大人の女性!」と彼が唸った気がきくアイテム1:現地で予定が変わっても快適に過ごせる“スニーカー”

「歴代の彼女と旅行に行くと、現地でちょっと立ち寄りたいスポットがあっても『疲れたから、歩きたくない』とか『歩けない靴で来ちゃったから、無理』と断られることもあって、女性はそんなもんなんだなって思っていたけど、今の彼女(42歳)はちょっと違って、感動してます。

この前、初めて一緒に温泉旅行に行ったんですが、旅館で見た周辺観光マップに行きたいところがあって、ダメ元で『あしたは、ここを歩いてみない?』って聞いてみたら『いいね〜!』と即答で返ってきました。

でも(この子、ヒールの靴できていたけど、大丈夫かな?)なんてちょっと心配していたら、彼女は、自分のボストンバッグからスニーカーを取り出し『そんなこともあろうかと思って、持ってきた!』と。

旅慣れている感じがして好感がもてたし、だてに歳をとってないな〜って、いい意味で嬉しかったですね」(47歳男性/製造)

 

男性との旅行では、現地についてから“歩く”プランを提案されるシーンも珍しくありません。

そんなときに、“靴”を理由に断る女性も少なくないものの、だからこそ事前に準備しているあたりに“デキる女”の雰囲気を感じたのでしょう。

コンパクトなスニーカーなら、そこまでかさばることもないですし、行き先によってはバッグに忍ばせておきたいアイテムです。

 

「さすが大人の女性!」と彼が唸った気がきくアイテム2:耳が痒くなったときにあると超絶重宝する“耳かき”

「今の彼女(41歳)は、細かいところに気がまわるタイプで、いつも頼りにしちゃっていますが、特に印象に残っているのは、旅行中に耳が痒くなったときに、さっと竹製の耳かきを差し出してくれたことですね。

旅館やホテルには、綿棒はあっても、耳かきって常備されていないところも多いと思うんですけど、耳は強烈に痒くなると、そればかり気になっちゃうじゃないですか(笑)。

そんなときに『耳かき持ってるよ、使って!』と彼女から言われたときには、まるで女神かと思いましたよ(笑)。

ああいう“あると便利なもの”を旅行に持ってきているのは、よく気がきく女性らしくて好感がもてます」(44歳男性/機械)

 

旅先で耳かきを使いたくなる場面って、なさそうでも意外とあるシーン!?

まさにこれは「痒いところに手が届く」優秀アイテムのエピソードです。

実は私も、旅行用ポーチに竹製の耳かきを忍ばせているひとり。過去の出張で「耳かきがあれば」と感じた場面が多かったことから、常備しています。

意外と使用頻度が高く、同行者に差し出すと驚かれつつも喜ばれるアイテムの代表格でもあり、かさばらず軽いものをポーチに忍ばせておくと、便利ですよ。

 

「さすが大人の女性!」と彼が唸った気がきくアイテム3:マッサージができる“美容機器”

「彼女(44歳)とゴルフ旅行に出かけた際には、いつもなら部屋にマッサージを頼むんですが、あるとき、繁忙期だったせいか、予約がいっぱいで参ったな……と思っていたんです。

翌日にもゴルフを入れていたので、その日の疲れはその日のうちにとりたかったから、妙にイライラもしちゃってました。

そうしたら彼女が『こんなことも、あろうかと思って……』と、バッグからコンパクトなマッサージ器を出してくれたのには、感動しましたね!

小さかったけど、足や腰の疲れをとるには十分で、あまりに気がきく彼女に、思わずご機嫌になっちゃいました(笑)。

あれがなかったら、きっとイライラしながら寝るハメになって、翌日のゴルフもボロボロだったんだろうなぁ」(46歳男性/保険)

 

旅先でマッサージを受けたくとも、予約がいっぱい……という展開は、意外と「あるある」。

そんなときに疲れを取れるアイテムを持っておくと、疲れている彼もご機嫌になってくれそうです。

マッサージもでき、持ち運びにも適しているコンパクトな美顔器はちまたにたくさんあるので、ひとつバッグに忍ばせておくと、モテを狙える“デキる女”アイテムにも。

 

若い頃には気がまわらなかった“痒いところに手が届く”アイテムをサッと差し出すことができると、彼から「さすが、気がきくね」と好印象を得られるきっかけに。

40代らしい、スマートな荷造りを心がけつつも彼が喜びそうな「あると便利」も忍ばせておくと、“デキる女”のイメージが高まりそうです。

 

【LOVEカテゴリーでは、この記事が読まれています!】

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

40代女性のまつ毛が「プチプラ」で品格の目元に!この2品の組み合わせで

40代にもなると、若いころと比べて、まつ毛の量そのものが減ったり毛が細くなったりする“老化”に、頭を抱える女性も少なくありません。かく言う私もそのひとりで、40歳を迎えたころから、まつ毛のボリュームダウンを…

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事