わざとらしい…! モテ言葉でも「40代女性が口にすると」男が白々しく感じるフレーズ3選

 

気になる男性や、距離を縮めたい異性には、積極的に“モテ言葉”と呼ばれるフレーズを口にする40代女性も少なくはありません。

しかし、世間で「モテ言葉」と呼ばれているものでも、年齢を重ねた女性が使うだけで、男性に「白々しいな」「わざとらしい」と感じさせてしまうことも……。

好感度を上げていくならば、モテ言葉の用法や用量には気をつける必要があります。

そこで、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちに聞いた「白々しさを感じた40代女性からの褒め言葉」をご紹介します。

 

モテを狙ったのに「白々しいオバサン」1:自分じゃなにもできない無能な女だと誤解されかねない…「頼りにしてます」

「仕事で知り合った46歳の女性なんですが、どうやら僕に好意があるようなそぶりをよくしてきます。

で、このところはLINEをよくやりとりしていて、何度か食事に行ったこともあるんですけど……。

その女性がやたら僕に対して『頼りにしてます』って言ってくるのが、引っかかっています。

管理職をしていると聞いているので、基本的には無能系じゃないと思うから、僕への好意で“女”を出したくて口にしているのかもしれないけれど……。

そもそも男に頼りまくるようなタイプには見えないし、なんだか白々しい感じがしちゃうんですよね。

僕は、頼られるのは嫌いじゃないけど、自分でできることは自分でできる自立した大人の女性が好きなので、なんでもそんな言い方をするその女性には、ちょっと違和感があります」(47歳男性/会社役員)

 

仕事では男勝りな性格でも、好きな人には、“女”だと思ってもらいたい……。

そんな気持ちが強くなりすぎると、つい「頼りにしている」と本人に伝えたくなるのも女心でしょうか。

ところが、キャラクターにそぐわずにこのフレーズを多用してしまうと、モテを狙っているのがバレバレでわざとらしい雰囲気を与えてしまうようですから、多用は禁物です。

 

モテを狙ったのに「白々しいオバサン」2:いい歳して無知を晒しかねない…“さしすせそ言葉”

「食事会という名の合コンに行ったときの話なんですが、ちょっとミーハーっぽいけど、まぁまぁキレイな42歳の女性は、いわゆる“さしすせそ言葉”を多用する人で、話しているだけでかなり疲れました。

僕がなにか言うと、間髪入れずに『すごぉい!』とか『さすがですねぇ〜』とかって言ってくるんですけど、それが適当っぽいのなんのって。

モテようと思ってわざと使っていたのもしれないけど、言葉は悪いが“無知なバカ女”って感じで、本気でイライラしました。

いい歳して、ああいう軽い相槌しか打てないのって、恥ずかしいと思いますけどね」(44歳男性/経営)

 

「さすが」「知らなかった」「すごい」「センスいい」「そうなんだ〜!」は、男性が喜ぶモテの“さしすせそ”言葉として一般的なものの、どのフレーズも使い古された感があるのも否めません。

さらには、それなりに経験値や知性があってしかるべき40代が口にすれば、安っぽいイメージからのわざとらしさや白々しさが強調されてしまっても、無理はないでしょう……。

 

それは痛いオバサンの部類かも…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事